2020年07月14日

14日(再始動。)

winmail.dat
 このブログの場を借りて、劇団員のみなさんにある提案をするのだと予告しなが
ら、まだ、していない。するかもしれない、するだろうと思いながら、昨日、激変
(大げさやな)するようなことがあって、再考を促されている。

 4カ月遅れで〈熊取ゆうゆう大学演劇講座〉が開催されることが決定したようだ。
詳細は明日話し合うことになっているが、11月から始めて、発表公演は来年1月にな
りそうである。また、シラバスを大きく改めなければならない。コロナ禍中の稽古お
よび公演になるのだから。「声」と「身体の距離感」についての基礎稽古がキモだ
な。ソーシャル・ディスタンスという意味では、昨年度の『猫の話と犬の評判』が先
例として、良いお手本となってくれるだろう。テキストは『空のトリカゴ』を使おう
と考えている。

 それにしても新宿の劇場で起こったことには腹が立ってしょうがない。ニュース記
事を読んでみれば、初日があける前から体調不良の出演者がいることを認知しながら
上演を強行したそうじゃないか。しかも千秋楽まで。記事によるとだけど、出演者と
観客が接するような演出だったという話じゃないか。モリエールという偉大な名を冠
しながらナニをやってるんじゃ。中止か、延期か、代役をたてるか、急場をしのぐ新
たな演出を導入するとか、いろいろなやり方があったはずなのに。そもそもバカと無
能しかいなかったのか。あるいはゼニの回収しかアタマになかったのか。アトリエ
S-paceのせっきんが、急にカッコよく思えてきたぞ。

 しかしオソロシイ。そうとうに覚悟がいる。私は今のまま順調に行けば、といって
何が順調なのかわからないが、年が明ければ1月、2月、3月と公演が連続することに
なってしまう。うれしい悲鳴をあげるべきなのか、それとも断末魔の叫びをあげなけ
ればならないのか。
posted by yu-gekitai at 09:04| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

13日(久しぶり。)

 昨日、久しぶりの友人と会った。学生時代の友人だ。たった1時間と40分だけど、
喫茶店でおしゃべりをした。そのために京都へ行ったんだ。うれしかった。けど、も
うわれわれは老人なんだと気付かされた。懐かしく、そしてなんだか切なく。

 京都芸術センターへひとりで行ってみた。寂しいなあと感じたのは気のせいではな
いだろう。

 事務所へ歩いて戻る途中で、にぎり寿司とお刺身と発泡酒のロング缶を2本買って
帰った。アルコール量が足りなくて、これまた別のだが、学生時代の友人からこの前
の公演時にいただいていた焼酎を開けて、飲んだ。
posted by yu-gekitai at 19:19| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12日(怒。)

 小劇場でコロナのクラスターが発生したらもうアカンと考えていたけれど、発生し
てるやんけ。新宿の劇場、エライことをしてくれた。恥を知れ。モリエール先生に謝
れ。エンゲキやってるニンゲンは社会に対して敏感にアンテナを張っているはずなの
に、オマエらとんだシトウトかインチキ野郎だろ。
posted by yu-gekitai at 19:05| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

11日(あーあ。)

winmail.dat
 飛来はゆく氏の託宣どおり、この先10年、コロナ予防ワクチンが普及するまで、私
の人生においてはもう、今まで通りの上演は無理だと考えるべきだろう。そのうち元
に戻るだろうと悠長なことはいってられない。舞台へ向かい合うための姿勢を根本的
に変えてゆかなければならないということだ。

 しかし飛来はゆくことT氏、フランス、プエルトリコ、そして今はハワイですか。
『時々蝶のようにとまれたら』は、私ごときですが、傑作と断定いたします。



 明日か明後日には、遊劇体のみんなに、このブログの場を借りて、あることを提案
をしようかな。
posted by yu-gekitai at 07:49| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

10日(毎日。)

 しょうもない毎日ですわ。本来なら、っていうのはコロナ禍がなければという空し
い仮定にたってですが、現在ふたつの現場で稽古をしているはずなんですよ。いずれ
も私が書き下ろした台本で。もちろんコロナ禍のおかげで、書いてないですよ。
posted by yu-gekitai at 11:24| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

9日(決意。)

winmail.dat
 隙間を埋める作業。週刊少年マガジンの1970年発行全号と、1971年の1月から3月ま
での号と、別冊少年マガジン1970年発行の全12号を、完璧にそろえてやろうと決意し
ました。全部で77冊くらいかな、と思う。そのうち十数冊はすでに持っている。とい
うことはだいたい残すところ60冊くらいか。こりゃあ、やりがいを感じる。楽しみだ
な。2023年までにコンプリートするぞ。3年半の計画だ。ああ、楽しみだな。さあ、
街へ出て、古書店を漁るぞ。

 ちなみに「ガロ」の(1975年までの)コンプリートまで、あと1冊。

 矢代まさこ先生の「ようこシリーズ」コンプリートまで、あと1冊。

 「ニューミュージックマガジン」は、(1975年までの)コンプリートまで、増刊号
を含めて16冊。そのうちの何冊かは、論文を書くための資料として必要だからと頼ま
れて貸してやって、そのまま返ってこないやつだから悔しい。



 1970年の少年マガジンはすごくオモシロいです。貪欲な姿勢で新しいことに挑戦し
ている。矢代まさこさんの登場もそうだし。同時期のガロやCOMに、引けを取らな
いんじゃないかと思います。連載も『巨人の星』、『あしたのジョー』、『光る
風』、『キッカイくん』、『アシュラ』、『ヤスジのメッタメタ ガキ道講座』、
『リュウの道』など、ハイレヴェルなものが絶好調だし、ゲストの読み切り執筆陣
が、辰巳ヨシヒロ、上村一夫、真崎・守、川本コオなど、掲載分はほぼすべて、私は
単行本で持っていると思うけど、やはり、その当時の気持ちになって、雑誌のページ
をめくるのが格別だ。〈なめくじ酒場〉での必須アイテムである。

 また別冊少年マガジンではガロでデビューした実力派の新進漫画家が中心勢力と
なっていることに驚いた。まだ1冊も入手していないけれど、広告が少年マガジンに
出ているので知ることとなった。池上遼一、矢口高雄、田中憲(田丸ようすけ)、池
内誠一など。
posted by yu-gekitai at 09:19| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

8日(新発見。)

 昨日の夢のブログですが、夢のなかでのことに対して、「覚えとけよ」て、アホ
ちゃいますか。「彼ら彼女ら」には、実際には、なにもイヤな目にあわされたことあ
りませんよ。ステキな方々です。ほんとバカですね。そのちょっと前の文章では、助
詞を書き間違えているし。

 で、新発見というのは〈なめくじ酒場〉での新メニューです。缶チューハイのレモ
ンにね、カンパリを少し加えるだけでカンパリ・ソーダになります。なんか?
posted by yu-gekitai at 08:33| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

7日(うーむ。)

winmail.dat
 すごく気分の悪い夢を見ました。

 エンゲキ関係者ばかり200人ほどで合宿生活です。ここ最近の天気と同じで、雨風
が激しいです。山奥の温泉宿のような、古い大きな建物の中で、目的も何もわからな
いままに、合宿生活をしています。もしかしたら避難所かもしれません。電燈もなく
暗いし、ジメジメしているし、食事も満足に無いような場所です。でもなんでかエン
ゲキ関係者だけです。そして外は大嵐です。

遊劇体からは私だけの参加です。知り合いも大勢いるんですが、彼ら彼女らは、ある
特定の絆、のようなもので結びついていて、集団行動をします。私はもともとひとり
ぼっちが好きですから、特に何とも思わず、たまに、また別のグループとして参加し
ている南田さん(劇団大阪新撰組)と顔を合わせるのを心の支えに、ひとりでぼんや
りしています。特にやるべきこともなく、配給される粗末な食事とか、入浴とか、掃
除とか、そんな程度で時間を持て余しています。まあ、ヒマでヒマで仕方がない。

で、ここからが気分悪いのです。そして、自分自身に対しても情けないのです。

私は、自分の荷物を置いてある場所に戻ることができず、建物の中をウロウロしてい
るうちに、シャンデリアがぶら下がっているような豪華な部屋に迷い込みます。そこ
では、あるグループの人たちだけが、それは、ある特定の絆、で結びついている人た
ちですが、彼ら彼女らだけが、見たこともないような豪勢な料理や洋酒で呑み会
(パーティ)をやっているのです。知り合いではあるし、今まで何度も同じ席で飲ん
だことのある人たちなので、仲間に入れてくれると信じて疑わなかったのですが、私
は軽くあしらわれ、外に出されます。南田さんにそのことを伝えると、私たちが今い
る場所は、彼ら彼女らのパトロンも持ち物で、われわれはお情けで寄宿させてもらっ
ている、と。立場が違うのだと教えてくれます。すごく悔しいです。覚えとけよ彼ら
彼女ら(怒)。

この夢は一見、豪雨に被災された方々へのシンパシーのふりをしながら、私個人の嫉
妬としてしか表現できていない。情けないです。
posted by yu-gekitai at 10:10| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6日(ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ・・・。)

 ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、・・・。

食事もお酒も美味しい。

 エンゲキ以外の仕事がやたら忙しいです。どうなっとるんだ。

 幸福な日々、です。
posted by yu-gekitai at 09:23| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

5日(ああ、ああ、ああ、ああ、ああ・・・。)

winmail.dat
 ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、・・・。チーズのかたまりでキリン・ラガー缶、
そして濃いめのハイボールを2杯。以上を明るいうちから〈なめくじ酒場〉で。

そして、それから、晩ご飯ですが、・・・ええアテでしたが、強い意志の力で、お酒
は飲みませんでした。酒なしに骨せんべいをバリバリやる空しさよ、ああ。美味しい
けど。
posted by yu-gekitai at 08:03| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする