2020年11月28日

28日(昨日と今日で4枚書いた。)

 まあ、それなりに苦しい作業だが、机に向かって長時間に渡って手が止まる、とい
うことはない。昨日今日で4枚書いて、全部で16枚と半分くらいになった。400字詰め
原稿用紙に換算すると41枚だ。全体の30パーセントか。やっとこれから、佳境ならぬ
魔境に突入だな。重いぞ。
posted by yu-gekitai at 17:15| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

うーむ。

 パソコンで書いていて、なにが怖いかというと、まあいろいろとあるわけですが、
自分の知らんうちに勝手に文字変換されていることですよね。

 お芝居のタイトルは、その公演の顔ですから、少々こまかいことですが、訂正して
おきます。

 遊劇体の次回公演のタイトルは、『われわれは遠くから来た(そしてまた遠くへ行
くのだ)』、です。われわれは、漢字の、我々、ではありません。サブ・タイトル
の、The Gunman And Other Stories、も、もう無いです。



 ホントに公演が打てるのでしょうか。心配です。こやまあい、が、久しぶりに本公
演に出演です。ウイングフィールドさんでの公演です。客演に、条あけみさんと、木
嶋茂雄氏です。まだ台本は書き終わってないですけど、絶対オモシロいです。





 それからご報告が遅れていますが、そのまた次の『深沙大王』の出演者も、早々に
決定しております。もう、公表さしていただいても何のモンダイもないのですが、ま
た、そのうちに。
posted by yu-gekitai at 22:00| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

27日(うーむ、今、書いている途中。)

winmail.dat
 今、『我々は遠くから来た(そしてまた遠くへ行くのだ)』を書き綴っている最中
で、14枚目に入っているけど、うーむ、やなあ。なにが、うーむ、かというと、この
ままやったらなんか、台本が長くなりすぎて、50枚で収まれへんような気がしてきて
しまって。

コロナ禍中の上演やし、できるだけ短く、というお達しもあるなかで、それでもおい
それと短くしたくないちゅうのもあったけど、全体の30パーセントくらいを書いた時
点の今、こりゃまだまだ延びてゆくぞという気配。

いや、なんとなくわかっていたんだ。今ここでこういうことを書いているのは、実は
想定内だったんだ。

 で、エピソードをひとつカットして、もうひとつを薄めるわ。これで50枚以内に収
まるはずや。そうすると、サブ・タイトルにしていたThe Gunman And Other Stories
ちゅうのは、もういらん。不要や。ということで。
posted by yu-gekitai at 15:49| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

26日(2枚書いた。)

 次回公演の台本『われわれは遠くから来た(そしてまた遠くへ行くのだ)』を2枚
書いて全部で12枚と半分くらいになった。400字詰め原稿用紙に換算すると31枚か。
自分で決めた締め切りまであと1か月と少しか。ギリギリのゴールになりそうやな。
posted by yu-gekitai at 09:51| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

25日(うーむ。)

 書いた11枚を読み返したけど(従来は書き終えるまでは、ほとんど読み返さな
い)、あかんなあ。書き直したいところだらけや。粗っぽいね。今回は〈仕掛け〉の
多い台本だからな。まあ、今の最大ミッションは、とりあえず最後まで書き終えるこ
と。
posted by yu-gekitai at 09:04| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

24日(不調でおます。)

winmail.dat
 なんかわからんけど調子が良くない。なんの調子かといいますと、まあ、台本書き
かな。書こうとして書けないのではなく、書くための集中力がないのであります。机
に向かえば書けるんです。でもなんか、書くことから逃げているような。日本シリー
ズの読売ジャイアンツとは違いますから、机に向かえば書けるんですから。ホントで
すよ。でも、どうしても机に向かうということができなくて、時間があるのに雑用
や、こまごました小仕事ばかりやってしまいます。
posted by yu-gekitai at 12:05| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

23日(一昨日のゆうゆう大学第4回目。)

 お寺の修行が濃いかったので、ゆうゆう大学のことを書き忘れました。演出の変更
と、キャスティングのほぼ最終決定。そして読み合わせを10ページほど。昨年から引
き続いての参加者の方がたの姿が心強い。
posted by yu-gekitai at 12:04| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

22日(5枚書いた。)

winmail.dat
 うわあ、びっくりした。のんびり構えていたら台本を書くのは、まる1か月ぶり
じゃないか。このブログを書くにあたって調べてみたら、この前に台本に向かったの
は10月22日らしい。1か月間もほったらかしていたわけだ。というか、時の流れるの
が速い。今年中に書き上げるという目標を、ナメてたんかというハナシであります。

 今日やっとまとまった時間が取れたので、5枚書いた。全部で10枚と半分くらいに
なった。400字詰め原稿用紙に換算すると26枚になる。

 まだ全体の5分の1かあ。でも、ええように考えれば、3日間の執筆作業で5分の1も
書いたよ、ということもできるのだ。
posted by yu-gekitai at 17:20| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21日(お寺の修行。)

 果てしない修行のわが身。
posted by yu-gekitai at 08:57| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

20日(うーむ。)

 ファンク。ストレンジなファンクとでもいいましょうか。私はもともと、スライ&
ザ・ファミリー・ストーンだとか、初期のパーラメントとか、初期のファンカデリッ
クとか、初期のタワー・オブ・パワーだとか、ブリティッシュ・ロックのアヴェレイ
ジ・ホワイト・バンドとか、ココモだとかも好きなので、バンド名を今掲げたそれら
だけでも二十数枚のLPを持っていまして、わかるような気がするのです、バビロン大
王の音楽が。「エロガッパ」「コピー・キャット」「セヴンティーン」などもう、ク
セになるほど染みついてしまって、目が覚めた時から、エロー、ガッパーって、「エ
ロガッパ」なんですけれど、エロガッパはアレですよね、ジェイムズ・ブラウンの
「セックス・マシーン」に対する、博多めぐみちゃんのリスペクトが根幹にあるわけ
で、ジェイムズ・ブラウン氏はゴッツくて、汗臭くて、パワフルで、それこそセック
ス・マシーンなわけですけど、線の細いオンナノコのめぐみちゃんは、エロガッパと
自称したのかどうかはわかりませんが、がんばりすぎで、そこがまた愛おしい。
posted by yu-gekitai at 09:46| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする