2018年06月15日

15日(・・・。)

 お薬が効いてるのかな。痛み50%減。体重は50%増。歩けば痛い。じっと立ってて
も痛い。立ってるのがイヤだから電車2本スルーしたぜ。
posted by yu-gekitai at 22:24| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14日(「ほたる」稽古6回目。)

 左京西部いきいき市民活動センターにて。昨日も稽古でしたが、私はゆえあってウ
チで爆睡させていただいていたので、ピーアンドエーとしては7回目の稽古ですね。

 やっぱり、思った通りでした。台詞を入れるのに必死でおました。おふたりとも。
しかし私への恨み言は一切口にしません。さすがです。ああ、すみませんすみません
ゴメンナサイ。シーン4と5を覚え直してはりました。昨日はシーン1から3を覚え直し
てくれてはったのでしょう。すみません。薬の副作用でさらに太くなるかもしれない
身体を小さくして、稽古場ではおとなしくしておりました。
posted by yu-gekitai at 21:53| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13日(思い立って、結果、爆睡。)

 こなさなければならない仕事をひとつずつ潰してゆくわけですが、次々に押し寄せ
てきますな。タイヘンな日々です。

そんなこととは関係なしに、急に思い立って、って昨夜の夕食も済んで、お風呂も
入って、あとはもう、さあ寝ようかなという時間に、です、そんな時間に思い立っ
て、居てもたってもいられずに、パソコンに向かい始めました。何事かと申します
と、「ほたる」の改稿を思い立ったのでした。全面的な、です。PさんやAさんが必至
で台詞を入れてくれて、そろそろ台詞が入ったかなというこの期に及んで、です。悪
いな悪いなと思いならも、書き直さなくてはいけないような切羽詰まった気持ちに
なってしまいました。今、この時間、この気持ちが高揚している時間を逃せば、もう
書き直すタイミングは無い。一気にやってしまいました。朝の7時過ぎまで、なんと
まあ一度のトイレすら行かず、ひと息の休みも無しに。時間の経つのが早かった。も
うクタクタです。ピーアンドエーごめん。もう一回台詞、覚え直してもらわないか
ん。で、今日の「ほたる」の稽古は午前中からなので、急遽、お休みさせていただき
まして、お休みさせていただきました。爆睡。
posted by yu-gekitai at 19:10| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12日(耐えかねて。)

winmail.dat
 病院へ行きました。神経痛なんですよ。薬を処方していただきました。あらたに4
種類の薬を飲みつづけることになりました。そのうちのひとつの薬の副作用に〈めま
い〉、〈眠気〉、〈意識消失〉ってすごいななあ、それに〈体重が増える〉というの
があります。太る、肥える、肥満の副作用です。ヤッター。

 体調不良もあるけれど、仕事がたまってしょうがない。こなす時間が無くて追い込
まれていて、「楽屋」の稽古は、休ませてもらう。なんたって初日は8月の末なんだ
もの。
posted by yu-gekitai at 18:48| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

11日(「ほたる」稽古5回目、そして「楽屋」稽古6回目。)

 左京西部いきいき市民活動センターにて、ピーアンドエー「ほたる」の稽古。シー
ン4とシーン5の、粗い立ち稽古。「ほたる」は5つのシーンからなる1幕ものでおま
す。台詞のやりとりが複雑、難解な気がしてきて、その場で台本を改訂してもらう。
ごめんなさい。せっかく覚えてきてくれているのに。すみません。

 痛い足腰を、何ともないようなふりをしながら、三人娘「楽屋」の稽古場へ。身体
の中は苦痛に歪んでいる。天王時の一心寺シアターにて。初日は8月末なのに、すで
に通し稽古。台本を手放している人、台本を手放せない人。戯曲の良さもあって、稽
古を見ていてもオモシロイ芝居だなあと実感できる。、なかなかの出来栄えになりそ
うな予感。まあ、そんなときこそ油断禁物でもあるのだけれど。本日は私、飲酒せ
ず。痛いから、早くオウチに帰りたいの。
posted by yu-gekitai at 18:16| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10日(ひいっ!)

 本日は、身体に不安を感じながらハードな仕事ですじゃ。身体の不安とは、腰から
足にかけての激痛です。仕事自体は、まずまず上出来に満足のゆくものができました
が、帰り(京都の事務所へ、ですが)、新幹線の座席を立った時から、一歩足を前に
出すのも辛い激痛で。もう、歩くのに痛みをこらえ、脂汗をにじませながら青息吐
息。きつい、つらい、いたい。やるき、げんき、いわき。よわき、いんき、びょー
き。しかも梅雨入りしたので傘をさしています。途中、瓶ビール1本と日本酒1合を飲
んだけれど、痛みはどこへも去ってくれません。神様が私に与えたもうた試練でしょ
うか。あるいは私のなにか罪悪に対しての罰がくだった、ということなのでしょう
か。私は今、このブログを書き込みながらクリスマスの音楽を聴いています。そうい
うことがいけないのでしょうか。



本日のターンテーブル。

ビーチ・ボーイズ「クリスマス・アルバム」64年、米のポップ・ロック。
posted by yu-gekitai at 18:00| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9日(・・・。)

 現在同時進行形で、ふたつの公演に関わらせていただいているという、演出者とし
ては幸福な状況。思えば「ほたる」も「楽屋」も、出演は女優さんばかりではない
か。それが幸福なことかどうかはさておいて、どちらも良い稽古現場だな。良い芝居
になったらいいな。しかし「ほたる」初日まで、2週間切ってる。こりゃタイヘンだ
ね。



ピーアンドエーvol.1



『ほたる』



作+演出:キタモトマサヤ



日時:2018年6月22日(金)〜6月24日(日)



6月22日(金) 15:00

23日(土) 13:00 16:00

24日(日) 14:00

※ 受付開始は開演の40分前、開場は30分前です。





会場: 京都市東山青少年活動センター 創造
活動室

京都市東山区清水5-130-6 東山区総合庁舎2F





料金:一般 2,500円

   U-30 2,000円 学生 1,000円 中・高校生以下 500円

   (当日受付にて証明できるものをご提示ください。)

*全て前売・当日同料金です。

* 日時指定自由席

* 座席には限りがございますので、ご予約をおすすめいたします。

なお、ご予約で満席の場合は当日券が発行されないことがございます。





出演: 大熊ねこ 
こやまあい




スタッフ:村尾オサム 坂本正巳 松本信一 久保田智美





チケット取り扱い・お問い合わせ:



チケット予約フォーム



TEL:090-1907-6804(ピーアンドエー制作直通)

E-mail: p.and.a.yugekitai☆
gmail.com(☆→@)

お名前、ご連絡先、ご観劇日時、枚数をお知らせください。
posted by yu-gekitai at 17:39| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

8日(「ほたる」稽古4回目。)

 京都市内某所にて。足が痛くて歩くのが辛い。シーン3とシーン4の粗い立ち稽古。
ほんま、ガンガン進みます。

 ほんで、すみません、「楽屋」の稽古は休ませていただきました。だって公演は8
月末だもの。

 PアンドAと私Kとで〈祭や〉へ。ああ、やっぱしええなあ。つい飲み過ぎてしまい
ます。「楽屋」さんゴメン。帰り、「楽屋」の稽古がある天王寺でまたしてもトラッ
プに引っかかる。飲み過ぎ。最寄りの駅から徒歩でトホホと帰るが、足の激痛に耐え
かねて青息吐息。
posted by yu-gekitai at 14:53| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7日(「ほたる」稽古3回目。)

 今日も伏見いきいき市民活動センターにて。朝のはよから、今日のお昼は新福菜館
で、って決めていたのに、定休日。ぎゃふん。

 稽古初日に続きサカモッちゃん参加。サカモッちゃんにはスタッフとして大事な役
割をお願いする。稽古は昨日のシーン1のおさらいと、シーン2をガンガン作ってゆく
という粗い立ち稽古。ええ感じでおます。心配いらんかったな。さすが20年も一緒に
やってるっていう。難易度高いけどなんとかなるわ。感謝感謝。
posted by yu-gekitai at 14:37| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6日(「ほたる」稽古2回目。)

 伏見いきいき市民活動センターにて。初めての場所。なんとか迷わずに到着。しっ
かし足が痛い。目の前が新福菜館でした。ああ、京橋で唐揚げ定食食ってくるんじゃ
なかった。

というわけで「ほたる」の稽古はすべて午後の時間です。公演本番も夜は一日もない
のですよ。

 シーン1の粗い立ち稽古。日数が無いのでどんどん作ってゆく。まあ、なんとか、
光が射してきた、という感じ。
posted by yu-gekitai at 14:29| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする