2017年12月11日

10日(ゆうゆう大学のおつかれさま会。)

 遅まきながら、ゆうゆう大学のおつかれさま会。約12時間前までヘベレケという状
態で、半二日酔いで、食欲もなく、お酒も欲しない状態でございました。でも、食事
が美味しそうなので冷酒一瓶オーダー。飲みきれんかった。また来年もやれるといい
な。斬新なカタチで、という目論見あり。
posted by yu-gekitai at 11:47| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9日(町内会の忘年会。)

winmail.dat
 正月の総会資料を冊子のカタチにコピー&製本し、区議員組長会議の後、忘年会で
す。コチラでは秘密にしていた私のある事実が、ひょんなところから発覚していたこ
とが判明しました。飲み過ぎ、大騒ぎをしたようで反省です。明日また、昼から飲み
会です。
posted by yu-gekitai at 08:25| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

8日(遊劇体「のたり、のたり、」公演が十三夜会賞推賞を受賞いたしました。)

 タイトルの通りでございます。演出的には危険な橋の綱渡り、とビクビクものでし
たが、このような評価をいただいたことに、感激であります。十三夜会賞は、おもに
歌舞伎や文楽や商業演劇に与えられている賞ですが、私たちのような実験的な現代演
劇に与えていただいたということにも驚きを禁じ得ません。何よりもうれしいのは今
回の「のたり、のたり、」の座組がもう一度集まって、お祝いを兼ねた飲み会ができ
ることです。ああ、楽しい飲み会になりそうです。
posted by yu-gekitai at 20:45| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7日(いろいろと。)

 いろいろと小刻みに、いろいろとやってます。今日もいろいろと飲みました。エビ
スビール、赤ワイン、日本酒、熊取ビール、箕面ビール、どこか忘れてしまいました
がどこかの県のなんとかいう原酒。忙しかったです。美味しかったです。
posted by yu-gekitai at 15:07| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

6日(しない、できない。)

 年末から新年以降にかけての予定がはっきりしないので、なんか居心地が悪いとい
うか、落ち着かないというか。スケジュール管理ができない。
posted by yu-gekitai at 09:17| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

5日(ザ・レジデンツ。)

winmail.dat
 急に、ザ・レジデンツのことが気にかかって。

ひと月ほど前、京都に行く途中で寄った某中古盤店で、初期のLPが1枚1000円で10枚
ほども売りに出ているのを見たのに、購入を見送ったことが後悔として残っている
(ほぼ持っているレコだけれども)。それがキッカケとなって、初回盤と再発盤など
の見分け方というか差異を調べているうちに、今年35年ぶりに、2度目の来日公演を
行ったことを、今日、知った。

私は、35年前の初来日の、京都での公演を見ている。今でも、記憶に残る、珍妙でシ
アトリカルなパフォーマンスだった。ロック・バンドのライヴなんだけれども、シア
トリカルなパフォーマンスで、バンド演奏付きの演劇公演であったといってもマチガ
イにはならないだろう。私はまさに演劇として強く刺激を受けたことは確かで、今で
もどこかしらに、私の演出に影響を与えてくれていると思う。

その35年前のMole Show Tourのテレヴィ放映がヨーロッパのどこかの国であったらし
く、その残された映像をyoutubeで見た。それはテレヴィ放映用のスタジオ・ライヴ
の録画のようで、テレヴィの司会者によって案内され、転換途中(舞台転換が観客の
前で堂々と行われる)には司会者の女性が、観客にインタヴューして内容について
トークしたりするのがはさまれている。ステージの内容は、私が見た京都公演の第一
部に当たる部分で、とても懐かしく、細部をも記憶していた(自分にビックリ)。

京都公演では、The Mole Showがどうやら終了したようで、客席に明かりが点いたの
でライヴが終わったと勘違いして、さあ帰ろうとした。そしたらアナウンスで途中休
憩ということが知らされ、第2部のたしかThe Big Bubble というタイトルだったかと
記憶するが、全く異なるコンセプトのショーが始まった。ザ・レジデンツが架空の
ロック・バンド、ザ・ビッグ・バブルに変身してライヴを行うのだ。まあ、やってる
音楽はレジデンツそのものだけれど。あ、そうそう、ゲストの、スネイクフィンガー
こと、チリ・ウィリ&ザ・レッド・ホット・ペッパーズのフィリップ・リスマンのギ
ターがこれまた珍妙だったなあ。

それと、同じくyoutubeで見つけたアメリカのメジャーな音楽番組に出演した時の映
像が、もうホントに最高で、何度も繰り返し見てしまった。2曲演奏しているんだけ
どそれも、パフォーマンスとして、私的には、完璧、と称賛したい。ラストに出演者
全員揃っての演奏にも付き合っていて、その着ぐるみ(?)が可愛くて。角張った目
玉親父3体と真っ黒羊羹みたいなのが1体。番組ホストのデヴィッド・サンボーン氏も
困っちゃったろうな。

 あ、ザ・レジデンツのこと、よくワカラナイ、何なんだろうと、気になった方は
ネットで調べてもてください。アナタも好きになってしまうかも。
posted by yu-gekitai at 09:13| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

4日(・・・。)

 何か忸怩たる思いを引きずりつつ(それはこの前の公演のことではない)、次へと
向かわなければならないのだけれど、映像の仕事、3月の公演、6月にあるのかないの
か不明な書き下ろしと演出だとか、それらに集中してゆきたいのに、集中させてくれ
ない、雑事モロモロが多すぎ。
posted by yu-gekitai at 09:02| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

3日(・・・。)

 ナニカに急かされているという感覚。それから逃れられない。
posted by yu-gekitai at 08:42| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

2日(遊劇体ミーティング&忘年会。)

winmail.dat
 伏見桃山と中書島のあいだの〈鳥せい本店〉にて。いつも愛好している〈ニュータ
コ〉や〈祭や〉は、私たちにとってA級の素晴らしい居酒屋だとすると、〈鳥せい本
店〉は特A級あるいはS級の特別な居酒屋ですな。劇団員だけで、っちゅうのもええも
んだす。アイちゃんとたっくんは不参加ですけどね。ちょっと寂しいよ、仕方がない
けど。

で、〈鳥せい本店〉の美味さにはもう、感動してしまいますよ。酒も鳥料理も。1年
に1回の感動ですが、また来年もみんなで行きましょうよ。

そのあと、終電まで駅前の立ち飲みでグズグズしてましたが、その立ち飲み屋さんで
の支払金額はジャスト1000円、6人でですよ。アテは何にも注文していなかったので
すね。割り勘200円出して釣はいらねえ!
posted by yu-gekitai at 17:26| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日(大阪劇団フェスティバル参加公演を2劇団観たのだった。)

winmail.dat
 11月10日、劇団しし座「ゆびさきは ゆらめきの中へ」作・竹内介、演出・北川隆
一、HEP HALLにて。ライト・ノヴェル風ファンタジー。

 12月1日、劇団未来「静かな海へ―MINAMATA―」作・ふたくちつよし、演出・森本
景文、劇団未来ワークスタジオ。ドキュメンタリー・タッチの人間ドラマ。

 全くタイプの異なる2作ですが、いずれも演出者の手つきや思いが手に取るように
クッキリとした、良質な舞台でした。とりわけ劇団未来の「静かな海へ」は、俳優、
スタッフワークともに繊細に良く練られていて好感度高し。
posted by yu-gekitai at 17:13| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする