2015年11月30日

29日(・・・。)

 気分は人生の敗残者、といった体です。鬱鬱しております。今年中に書き上げたい台本のことも考えてます。が、こころの体調が不良で、なかなか書き始められません。



 本日のターンテーブル。

 @シェーンベルク「モーゼとアロン」ピエール・ブーレーズ指揮、BBC交響楽団ほか。

 ABCRAWLER「Crawler」77年、「Snake, Rattle And Roll」78年、英のブルース系ハード・ロック。セカンドの「スネイク、ラトランロール(毒蛇の旋律)」の方はかなり産業ロックっぽくなっている。

 CWayne ROGERS「Infraction」97年、ノイジー・ギター・サイケ。

 DMAJOR STARS「Distant Effects」02年、米のハード・サイケ。

 ESky Sunlight SAXON & The STARS NEW SEEDS BAND「Starry Ride」84年、米のアシッド・ガレージ・サイケ。

 FSky Sunlight SAXON & PURPLE ELECTRICITY「Private Party Live At Cavern Club」86年、米のアシッド・ガレージ・パンク。

 GFERRIS WHEEL「Supernatural Girl」74年、英のロウ・ファイ・アシッド・フォーク。

 HMAGIC HOUR「Will Theý Turn You On Or Will Theý Turn On You」95年、米のハード・サイケ。

 ISHOTGUN「Dallasian Rock」74年から76年、米のサザーン・ハード・ロック。

 JDEEP PURPLE「Fireball」71年、英のハード・ロック。

 Kストラヴィンスキー「きつね」、「マヴラ」エルネスト・アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団ほか。

 Lショーソン「交響曲変ロ長調」、「祭りの夕べ」ミシェル・ブラッソン指揮、トゥールーズ市立管弦楽団。

 Mデュカス「交響曲ハ長調」、「ラ・ペリ」アルミン・ジョルダン指揮、スイス・ロマンド管弦楽団。
posted by yu-gekitai at 08:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

28日(・・・。)

 身体にメスを入れたりするとアレですね、気持ちが弱くなるような気がします。敗
北感とでもいいましょうか、身体の器官を人工物に取り替えなきゃならないなんても
う、人生の負け犬、ですね。



 昨日のターンテーブル(つづき)。

 FMAJOR STARS「Rock Sounds Of People」97年、米のハード・サイケ。

 Gアルウィン「コンチェルト・グロッソ第2番」、「オータム・レジェンド」、
「リラ・アンジェリカ」ウィリアム・アルウィン指揮、ロンドン・フィルハーモニー
管弦楽団。



 本日のターンテーブル。

 @石川晶とカウント・バッファローズ「Electrum」70年、ジャズ・ロック。

 A猪俣猛とサウンド・リミテッド「Innocent Cannon」71年、ジャズ・ロック。
加納典明がつぶやく、唸る、吠える。

 BFrank ZAPPA「The Muffin Man Goes To College Volume 1」75年、ライヴ。
やっとVol.1を探し出して、つじつまを合わせましたよ。

 CLA MASCHERA DI CERA、02年、イタリアのシンフォ・プログレ。

 DSANTANA、71年、米のラテン・ロック。サード・アルバム。

 EBACK DOOR「8TH Street Nites」73年、超カッコいい英のブルース・ジャズ・
ロック・トリオ。

 FMAJIC HOUR「No Excess Absurd」94年、米のハード・サイケ。

 GMarti SHANNON「You Were On My Mind」66年、米のカントリー系ポップ・ロッ
ク。
posted by yu-gekitai at 09:18| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

27日(・・・。)

 動きました。動きまくりました。順調に回復してます。が、しかし、ホント、なにもする気にならないですね。身体の回復をじっと待っているだけ、みたいな。動いてるけど。

 本日のターンテーブル。
 @Bill FAY「Who Is The Sender ?」15年、英のSSW。
 AHUMBLE PIE「On To Victory」80年、英のR&B系ハード・ロック。
 BKING CRIMSON「Live At The Fillmore」69年のライヴ。
 CLA NUOVA RACCOMANDATA CON RICEVUTA DI RITORNO「Live In Elba」13年、イタリアのヘヴィー・プログレ。ファースト・アルバムでは、ラコマンダータ・リチェヴータ・リトルノで、それでも長ったらしいバンド名で、RRRなんて省略されていたけれど、いまやさらに長くなって。
 DSylvie VARTAN「シルヴィ・バルタン星人・トロワジエーム」まあタイトルどおり、サード・アルバムということなのでしょうが、あくまで日本での、という意味の、寄せ集め編集盤。60年代のフレンチ・ポップ・アイドル、のち新宿酔いどれ系(の容貌)に変身。でも、60年代のシルヴィー・ヴァルタン星人はとってもキュート。
 Eビクター・モダン・ジャズ・セクステット「マトリックス」69年、日本のモダン・ジャズ。1曲ハープシコードを使ったヘンな曲があって、その作曲者はナベサダさん。正式なコンボ名は、菊池雅章セクステットとするべきだと思う。
posted by yu-gekitai at 09:24| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

26日(安静にしてた。)

 今日も診察以外、じっとしていました。しかし、気分は少し前向きです。



 本日のターンテーブル。

 @Rufus WAINRIGHT「All Days Are Nights: Songs For Lulu」10年、米のやたら
暗いポップ/SSW。

 ABSANTANA「Santana」69年、「Abraxas」70年、米のラテン・ロック。

 CEYES「The Arrival Of The Eyes」65年から66年の録音、英のモッズ・ビー
ト。

 DWOODEN WAND & The VANISHING VOICE「Buck Dharma」05年、米のサイケ・フ
リー・フォーク。

 Eストラヴィンスキー「プルチネッラ」、「うぐいすの歌」エルネスト・アンセル
メ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団。

 Fラヴェル「マ・メール・ロア」、「高貴で感傷的な円舞曲」アンドレ・クリュイ
タンス指揮、パリ音楽院管弦楽団。

 GFRAYS「90 Wardour Street」60年代中期、英のR&B/ビート。
posted by yu-gekitai at 09:53| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

25日(安静にしてた。)

winmail.dat
 何もする気にならないですね。横になってじっとしてるだけ。何度も何度も薬。そ
して、レコの操作のみ。



 本日のターンテーブル。

 @ADARK「Round The Edges」72年、「Artefacts From The Black Museum」70
年から72年の録音、英のヘヴィー・プログレ。

 Bストラヴィンスキー「春の祭典」アンタル・ドラティ指揮、デトロイト交響楽
団。

 Cルーセル「アエーネアス」ジャン・マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽
団と合唱団。

 Dバルトーク「中国の不思議な役人」、「かかし王子」ロルフ・ラインハルト指
揮、バーデン・バーデン南西ドイツ放送交響楽団。

 EVISITATIONS、10年、米のロウ・ファイ・アヴァンギャルド・フォーク。

 Fミヨー「フルート、オーボエ、クラリネットとピアノのためのソナタ」、「フ
ルートとピアノのためのソナチネ」、「クラリネットとピアノのためのソナチネ」、
「オーボエとピアノのためのソナチネ」オーレル・ニコレ(フルート)、ハインツ・
ホリガー(オーボエ)ほか。

 Gホルスト「惑星」ゲオルグ・ショルティ指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦
楽団と合唱団。

 Hアルウィン「交響曲第1番」ウィリアム・アルウィン指揮、ロンドン・フィル
ハーモニー管弦楽団。
posted by yu-gekitai at 13:02| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24日(手術。)

 本日、手術しました。自分の身体の器官で、もうどうしようもないポンコツなもの
があって、それを切除して、人工的なものに入れ替えてもらいました。両方でセット
になっている器官なので、2週間後に、もう片側の方も手術してもらいます。術後は
安静にしておりました。



 本日のターンテーブル。

 @SUN KIL MOON「April」08年、米のフォーク・ロック。

 Aストラヴィンスキー「火の鳥」、「3楽章の交響曲」ルドルフ・アルベルト指
揮、セント・ソリ管弦楽団。

 Bラヴェル「クープランの墓」、「古風なメヌエット」、「道化師の朝の歌」、
「海原の小舟」、「逝ける王女のためのパヴァーヌ」アンドレ・クリュイタンス指
揮、パリ音楽院管弦楽団。
posted by yu-gekitai at 11:43| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23日(明日手術です。)

 手術について考えれば考えるほど、ドキドキする、が、しょうがないよね。手術な
んて、だれでもやってること(ってわけでもないか)。気弱になりますよ。



 本日のターンテーブル。

 @SILVER APPLES「The Garden」68年と69年に録音しいたものに、98年に追
加録音したもの、かな。米のエレクトリック・サイケ。

 AINFINITY「Collected Works 1969-70」英のサイケ・ポップ。

 BMichael YONKERS BAND「Microminiature Love」68年、米の凶暴ガレージ・パ
ンク。

 CSHACK、68年、米のガレージ・サイケ。ファズ・ギターの洪水って感じ。

 DINGOES「Before We Were Blossom Toes」64年かr66年の録音、英のサイ
ケ・ビート。

 EWIDOWSPEAK「Almanac」11年、米のシューゲイザー系ネオ・サイケ・ポップ。

 FSONICS「Introducing The Sonics」67年、米の凶暴ガレージ・パンク。

 GDARK STAR、81年、英のハード・ロック。



 今日読み終えた本。

 ほんまりう「与太」(青林堂)。

 
posted by yu-gekitai at 10:50| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

飛来はゆくさま。

 おお、T氏、お久しぶり。たいした手術じゃないです。日帰りですよ。南仏、プエ
ルトリコ、行動範囲が昔以上に広いですね。私は、どんどん狭くなってます。ウチが
いちばんよろしい。執筆のための断酒ですか? それともずっと? 機会があればま
た、どこかでお会いしたいものですね。
posted by yu-gekitai at 11:27| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22日(・・・。)

 連休明けに手術。たいした手術ではないが、考えると、やっぱり、気分がすぐれな
くなる。

 

 本日のターンテーブル。

 @WEIRD DREAMS「Choreography」12年、英のネオ・サイケ。

AEVIL USSES、15年、英のレコメンあるいはカンタベリー系サウンドのジャズ・
ロック。

BSONICS「Here Are The Sonics!!!」65年、米のガレージ・パンク。

CMeic STEVENS「Outlander」70年、英のSSW。

DSECOND FAMILY BAND「Family Album」09年と10年の録音、米のフリー・フォー
ク・ロック。

ESIX FEET UNDER「Inspiration In My Head」69年と70年の録音、米のサイケ。

FJARDINE「Look In The Window」67年から69年の録音、英のサイケ。

GTAKEN BY TREES「East Of Eden」09年、スウェーデンのアシッド・フォーク。東
洋音楽混じりで結構ポップである。これはセカンド・アルバムだけれど、サードはレ
ゲエだそうで。

HSKEPTICS「Apple Candy」65年から60年代末までの録音、米のガレージ。

IISOLATION、73年、英のプログレ・フォーク・ロック

JSTONE BREATH / Mike SEED With The LANGUAGE OF LIGHT「The Aetheric Lamp」片
面ずつ収録のスプリット・アルバム。11年、いずれも、たぶん、英国のアシッド・
フリー・フォーク。
posted by yu-gekitai at 11:10| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

21日(・・・。)

 近所に大きな公園が今日、開園。山歩きに行こうとしても、軒並み通行止め、駐車
スペースなし、家族連れワンサカ、状態。いったいどうなっちまったんだあ。通行止
めだから山の登り口に辿り着けないのだけれど、あ、そうか、反対側まで回り込んで
しまえばよかったんだ、でも、車を駐車できないか。通行止めを引き返したりして
も、公園へ来たように思い込まれていて、角々に立っている道案内人に、どんどん
と、仮駐車場へと案内されてゆくのだ。この状態は、いつまで続くのだろうか。難儀
なことになりました。



 本日のターンテーブル。

 @LOCUST「Playgue」76年、米のポップなハード・ロック。

 ASLEDGEHAMMER「Blood On Their Hands」83年、英のハード・ロック。

 BSOLID ROCK BAND「Footprints On The Water」79年、英の宗教ロック/パ
ワー・ポップ/モダン・ポップ。宗教系でこの音楽性は珍しい。

 CSLOWBONE「Tales Of A Crooked Man」72年から74年の録音、英のサイケ・プ
ログレ。

 DSOFT SHOE「For Those Alone」78年、英のフォーク・デュオ。

 ELOGOS「Firesides And Guitars」74年、米のフォーク。

 FWOODS FAMILY CREEPS、08年、米のアシッド・フォーク。

 GMeic STEVENS「Gwymon」72年、英のアシッド・フォーク。
posted by yu-gekitai at 10:03| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

20日(・・・。)

 手術前検診2回目。明日から手術に備える。ドキドキ。



 アッと驚く、残念な知らせ。うう。



 最近ちっとも良いことないよう。



 本日のターンテーブル。

 @LIGHT YEAR「Reveal The Fantastic」74年、米のフュージョン/ジャズ・ロッ
ク。

 ASOFT MACHINE、正式ファースト・アルバム以前の67年録音、英のサイケ。

 BLESLIE’S MOTEL「Dirty Sheets」72年、米のサイケ・ハード・ロック。

 CClick HORNING「Click」69年、米のサイケ・フォーク・ロック/SSW。

 DJ.J. LIGHT「Heya」69年、米のネイティヴ・アメリカ人による、インディア
ン・リズムのロック。

 EAaron LIGHTMAN、69年、米のサイケ・フォーク。

 FSILVER BIRCH、74年、英のトラッド系フォーク。

 GLOCKSLEY HALL、69年と70年の録音、米のウェストコースト風サイケ。
posted by yu-gekitai at 07:53| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

19日(・・・。)

 毎日、いろいろと不安ですね。良いことはちっともないです。ウチにいるのが幸
せ。



 本日のターンテーブル。

 @Mama Bea TEKIELSKI「La Folle」77年、フランスのシャンソン。ファースト・
アルバムではアイドル系のルックスで白いミニのワンピースかなんかでジャケに写っ
てて、内容もそんな特異なものではなかったけれど、このセカンドでは豹変、外見か
らして砂かけ婆、LP2枚組は砂かけ婆の叫び声唸り声ばかり。ちなみにこのセカンド
から、〈ママ・ベア〉の呼称になった。

 ARab NOAKES、72年、英のフォーク・ロック。

 BSOFT HEAP、79年、英のジャズ・ロック。

 CBarry MANN「Survivor」75年、米のSSW。

 D「The Last Rebel」73年、アメリカ映画「最後の反乱者」のサントラ。音楽は
ジョン・ロード(ディープ・パープル)とトニー・アシュトン。演奏は、英のファン
キー・ロック・バンド、ASHTON. GARDNER & DYKE。

 EGeorgie FAME「Georgie Does His Thing With Strings」69年、ストリング・
オーケストラをバックに歌いあげる、英のイージー・リスニング・ヴォーカル・アル
バム。

 FCOUNTRY WHATHER、69年から71年の録音、米のウェストコースト・サイケ。

 GLIBERTY BELL「Thoughts & Visions 1967-69」米のガレージ・サイケ。

 HLENNON SISTERS「Today!!」68年、米の4人姉妹ポップ・コーラス。



 今日読み終えた本。

 澁澤龍彦「ドラコニア綺譚集」(河出文庫)。

 みなもと太郎「お楽しみはこれもなのじゃ 漫画の名セリフ」(角川書店)。実は
雑誌連載時にすべてを読んでしまっているわけですけれど、あらためて読んでも、と
てもオモシロかったです。
posted by yu-gekitai at 08:50| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

18日(?)

 また、だれだかわからない方から本をもらった(ということになるのだろう)。2冊。ありがとうございます。たぶん、あの人か、あの人か、あの人。この3人で、可能性の95%だろう。メッセージとかは一切無くて、事務所の郵便受けに入っていた。以前の3回は、袋に入ってドア・ノブにぶら下がっていた。ありがたいけれど、少々薄気味悪いことも否定できない。

 本日のターンテーブル。
 @AL DOUM & THE FARYDS、11年、イタリアの呪術的サイケ。
 AANEKDOTEN「Until All The Ghosts Are Gone」15年、スウェーデンノプログレ。

 BJoe And Bing、76年、米のポップ・フォーク・ロック。
 CTracy NELSON/MOTHER EARTH「Poor Man's Paradise」73年、カントリー/ブルース・ロック。
 DWilliam TRUCKAWAY「Breakaway」71年、米のフォーク/カントリー・ロック。
 EBarry GOLDBERG「Two Jews Blues」69年、米のブルース・ロック。
 FGBrian AUGER & The TRINITY「Definity What !」68年、「Befour」70年、英のジャズ・ロック。
 HNick GRAVENITES「My Labors」69年、米のブルース・ロック。
 IPUFF、68年、英のサイケ・ポップ。

 今日もらった本。
 みなもと太郎「お楽しみはこれもなのじゃ 漫画の名セリフ」(角川書店)。
 居村真二「ラグナ・ロック」(BBFC/いむらしんじ作品集1)。
posted by yu-gekitai at 10:12| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

17日(・・・。)

 この一週間、毎日、将棋をやっている。相手は、ジャンかコウだ。まだ負けない。
が、圧倒される時期が近づいていることを感じさせられる。



 本日のターンテーブル。

 @Terry SYLVESTER、74年、英のソフト・ロック/ポップス。

 ASTORYTELLER、70年、英のポップ・フォーク・ロック。

 BSYN「Original Syn」67年から69年の録音、英のサイケ・ポップ。

 CSUICIDAL FLOWERS「The Final Arrangements」92年、英のサイケ・ポップ。

 DCOMPANION「Reap The Loft Dreamers」75年、米のプログレ。元レヴァイアサ
ン。

 ECORPORATE BODY「Prospectus ‘69」69年、英のブルーアイド・ソウル/サイ
ケ。

 FCONTENTS ARE「Through You」67年、米のサイケ・ポップ。

 GCOMFORTABLE CHAIR、69年、米のサイケ・フォーク・ロック。ドアーズのメン
バーふたり(デンズモアとクリーガー)によるプロデュースゆえでだろうか、キイ
ボードの扱いなんか、ドアーズっぽい。

 HSPECTRUM「The Light Is Dark Enough」70年、英のサイケ・ポップ・ロック。

 ISTACK WADDY「The Lost Dandelion Jams」71年か72年の録音だろうか、英の
サイケ・ブルース・ロック。



 今日読み終えた本。

 「鉄腕アトム 冬休み臨時増刊号〈宇宙飛行の科学〉」(光文社/カッパ・コミク
ス)。66年1月の発行。まだ人類は月には行ってない。宇宙への夢にあふれてい
る。

 花輪和一「呪詛」(KADOKAWA/幽コミックス)。花輪さん、もはや天才の域に到達
しております。
posted by yu-gekitai at 08:34| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

16日(走った。)

 山歩きが疲れる疲れると書き続けてきたが、今日は久しぶりに走った。ほんの少し
だけ。1.2キロにすぎない。あとは歩きで。しんどいだけでなく、痛い、というこ
とを実感。節々が、筋が、痛い。力が入らないのだ。



 本日のターンテーブル。

 @Steve LACY「Clinkers」77年、ソプラノ・サックスによるフリー・インプロ。

 AEvan PARKER「Six Of One」80年、同じくソプラノ・サックスによるフリー・
インプロ。

 BLinda LEWIS「Heart Strings」74年にリリースされた編集盤。英のソウル/
SSW。

 CDMick STEVENS「Lady Sunrise」72年から73年の録音、「This Morning」7
1年から73年の録音、英のフォーク。

 ESTILL LIFE、71年、英のプログレ。

 FSWEGAS「Child Of Light」71年、英のジャズ・プログレ。
posted by yu-gekitai at 08:48| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

15日(・・・。)

 一日一日、演劇について、考える日々、果てしなく。これでいいんだろうな。あらためてそう思うのは、音楽を聴いていても、本を読んでいても、山を歩いていても、演劇と重ね合わせている私。



 本日のターンテーブル。

 @APLEASE「Seeing Stars」69年の録音、「1968/1969」68年と69年の録音、英のサイケ。

 BCAlan PRICE「The Price To Play」66年、「This Price Is Right」68年、英のR&B系ポップ・ロック。

 DRAW MATERIAL、70年、英のサイケ・プログレ。オリジナル盤には未収録の2曲が収録されている、ジャケ違いドイツ盤のリイシュー。

 ERED DIRT「Diamonds In The Dirt」71年録音の、英のヘヴィー・ブルース・ロック、なのだけれど、エレクトリック・トラッドも3曲。

 FMATFIELD AND THE POND「Not Quite It」89年、英のロウ・ファイ・アヴァンギャルド・プログレ。

 GLEGEND、69年、英のパブ・ロック。

 HLEGEND、81年、英のハード・ロック/ヘヴィー・メタル。当然、パブ・ロック・バンドとは別のバンド。

 ILEVEE CAMP MOAN「De Levee Are Going On」69年、英のヘヴィー・ブルース・ロック。女性ヴォーカルも低音で、骨太な演奏。

 JLinda LEWIS「Not A Little Girl Anymore」75年、英のソウル/ファンキー・ロック。



 今日読み終えた本。

 ひろさちや+辰巳ヨシヒロ「歓喜天 愛欲の神」(鈴木出版)。

 「虹㊹」(金園社)。楳図さんの「山びこ姉妹 狐つき少女」は読み切りじゃなくて残念。矢代まさこさんの「ナナの月」はオモシロい趣向。初めて読む矢代さんの義理姉、新城さちこさんの「犬猫病院只今満員」は、好感のもてる絵とストーリーの人情もの。
posted by yu-gekitai at 10:27| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

14日(・・・。)

 何をしたわけでもないのに、立ち上がるのさえ身体が痛いです。これは老化現象でしょう。あと何年生きられるのか?

 思い切って、地元の演劇講座でも、新作戯曲を書こう、という心意気です。リーディングですが。



 本日のターンテーブル。

 @IF、70年、英のジャズ・ロック。

 ABCHIGH TIDE「Precious Cargo」70年のスタジオ・ライヴ、「Open Season」70年から00年の録音、「Ice Age」69年から70年の録音、英のヘヴィー・サイケ。

 DMORNING AFTER「Blue Blood」71年、英のブルース・ロック。

 EMELLOW CANDLE「The Virgin Prophet」69年から71年の録音、英のフォーク・ロック。

 FMIDWINTER「The Waters Of Sweet Sorrow」73年録音、英のフォーク。



 今日読み終えた本。

 ひろさちや+辰巳ヨシヒロ「修験道のはなし」(鈴木出版)。



 今日買った本。

 「虹㊹」(金園社)。貸本マンガ誌。楳図かずおさん、矢代まさこさん、新城さちこさんの三作品を収録。
posted by yu-gekitai at 07:59| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

13日(演劇講座のことを少し。)

winmail.dat
 地元で開講する演劇講座のことですが、

あくまで仮にですが、現在のところ



◎『泉州のコトバで〈えんげき〉をやって舞台に立とう』講座、



と命名しております。



あくまでまだすべて仮決めですが(主催者さん側からのリリースがまだ先なので、
大っぴらには記せません。すでにもうかなりのフライングをしておりますが。それに
まだ計画の詰めの作業が残っていますし)、



◎来年度の7月から11月第一週までの10回。

◎講座はすべて、土曜日の14時から二時間程度、



講座イコール発表のための稽古、とみなしてもよいだろうと私は思います。



10回の講座はすべて、

◎会館のホールを使用させていただきます。



そのあと、

◎11月第2週の土曜日に、重要文化財に指定されている古民家である上演会場にて
リハーサルをして、日曜日にお客さんい来ていただいて上演、

 

ということは、オール土曜日プラス日曜日一回、という予定になっております。



 募集は今、これも仮にですが、

◎18歳以上(年齢に上限なし)となっております。イメージとしてはシニア世代中
心です。とりあえず先着10名です。5名くらいの応募があればやれるのではないで
しょうか。子供さんも、とも考えたのですが、たった10回を同じメニューでの稽古
はどう考えても不可能なので、苦渋の選択です。



 ですから、ひさかっちゃんさま、是非ともご参加ください。参加していただけると
私も心強い気持ちになれますし、稽古後も楽しい時間が待ってくれていそうですし。



 そして、うまくゆけば、さらにグレードアップされて、再来年度につながります。
なんとなく自分の晩年は、地元でボランティアみたいになってゆくのだろうなと考え
ておりましたが、今はまさに、本当にそうなりそうな気配です。

 まあ、まだまだどうなることやら、不分明ではありますが。



 本日のターンテーブル。

 @CHICKEN SHACK「O.K. Ken」69年、英のブルース・ロック。

 ABROTZMANN/ VAN HOVE/ BENNINK+Albert MANGELSDORFF「Couscouss De La
Mauresque」71年、ドイツのフリー・ジャズ。Free Music Productionレーベル。

 BBROTZMANN/ BENNINK「Schwarzwaldfahrt」77年、ドイツのフリー・ジャズ。同
じくFMPレーベル。

 CHOLY MACKEREL「Closer To Heaven」73年録音、英のハード・ロック。



 今日読み終えた本。

 江戸川乱歩+石川球太+真崎守+池上遼一「江戸川乱歩妖美劇画館A」(少年画報
社)。
posted by yu-gekitai at 10:31| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

12日(ひい。)

 疲れがひどいのですよ。今日も山歩きをしたのですが、息が上がります。足が丸太
のように重く感じます。汗びっしょりで、脱いだ服がずっしり重いです。もうくたく
たです。今日は久しぶりにスミくんと登ったのですが、置いてかれそうになりまし
た。以前はまったく逆の立場だったのに。スミくんは今年に入ってからは、テニス教
室に通ってるは、バトミントンのチームをつくるは、山歩きの友達とたびたび山に登
るはで、確か今日も、なんと、3日連続じゃないかな、もう、追いつかれ、追い越さ
れ、差をつけられてます、ですわ。



 本日のターンテーブル。

 @CANNED HEAT「Historical Figures And Ancient Heads」72年、米のブルー
ス・ロック。

 ABRONCO「Smoking Mixture」73年、英のカントリー・ロック。

 BCAPTAIN MARRYAT、74年、英のプログレ。

 CCHICKEN SHACK「Forty Blue Fingers, Freshly Packed And Ready To Serve」6
8年、英のブルース・ロック。



 今日読み終えた本。

 花輪和一「みずほ草紙A」(小学館)。
posted by yu-gekitai at 09:04| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

11日(演劇講座開講。)

 新しい仕事というか、まあ、ボランティアですわ。地元の主催で、来年度から演劇
講座を始めることになりました。もう今日、発表公演(!)の、日取りも場所も決
まった。手際よすぎ。が、現代演劇にふれる機会のないこんな田舎で、私と一緒に演
劇をしてみたいとチャレンジしてくれる人がいるかどうか。応募人数が少なかった
ら、なし、になります。ご破算。私の住む町内で、二度とやれる可能性も消えてしま
います。まだきっちりした応募規定は決められておりませんが、町内でなくても、ど
こにお住まいの方でも参加できます。受講料は、たぶん、無料です。素敵な空間での
発表公演もします。怖くありません。台本を持った状態の、リーディング上演という
やり方です。たった10回の講座を経て、舞台に立っていただきます。興味のある方
は、是非、ご参加ください、といっても、まだ、どこにどうやって申し込んだらよい
のかもわかりませんよね。本格的にこの演劇講座のことがリリースされ、募集がかか
るまでは、まずは私のこのブログ内にて、随時、記してゆきます。



 本日のターンテーブル。

 @GRUMPFF「Wetterau」78年、ドイツのフリー・ジャズ。

 AVan MORRISON「T. B. Sheets」67年のBang Records録音の日本編集盤。アイル
ランド出身のソウル/R&B/スワンプ・ロック。カッチョイイ。

 BKeith TIPPETT + Julie TIPPETT + Trevor WATTS + Colin McKENZIE「Warm
Spirits/Cool Spirits」76年、英のフリー・ジャズ。

 CRoy WOOD「Mustard」75年、英のモダン・ポップ。

 DJohn BALDRY「It Ain’t Easy」71年、英のブルース・ロック。

 EBLOSSOM TOES「Love Bomb」英のサイケ・プログレ。67年から69年のライ
ヴ。



 今日読み終えた本。

 毛利甚八「白土三平伝 カムイ伝の真実」(小学館)。
posted by yu-gekitai at 07:37| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする