2018年02月22日

21日(「築地にひびく銅鑼」稽古28回目。)

 今日も8時間稽古ですじゃ。豊中市立労働会館にて。舞台と同じ広さの空間での稽
古です。今まで稽古に使わせていただいていたスタジオ315や、関西芸術座さんや劇
団五期会の稽古場では、舞台の実際のサイズよりかなり狭いのです。ですから今日を
含めて5回ほど、庄内の豊中市立労働会館での稽古となります。やはり、実寸での稽
古は見えてくるものが多い。良い稽古になりました。本番初日が見えてきたかな。う
ん。

 久しぶりの庄内だったので(8年ぶりか9年ぶりくらいか)、庄内が仕事場だったこ
ろに時どき行っていた居酒屋〈ことぶき屋〉にてビール。亀井さんや清原さんや千絵
さん、伊能くん、サカモッちゃんと。今回の稽古終わりの飲みとしては、めったにな
い少人数ですよ。ほかのグループは例のアノ店に行ったのかな?
posted by yu-gekitai at 13:18| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20日(「築地にひびく銅鑼」稽古27回目。)

 劇団五期会にて昼稽古。そして夜はスタジオ315にて。移動時間や休憩時間を含め
てだけど8時間の稽古はキツイなあ。集中力が2時間で切れてしまうもの。今日は、飲
みに行かず。2日続けてですよ。でもその2日ともねえ、帰ってから缶ビール(発泡酒
ロング缶)を2本と日本酒1合くらい飲んでます。そのままじゃ眠れないのです。
posted by yu-gekitai at 13:02| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

19日(「築地にひびく銅鑼」稽古26回目。)

 スタジオ315にて。流せるピースをどんどんつなげてゆく。各ピースのつながりが明確になってゆく。「築地にひびく銅鑼」は2幕ものではあるけれど、演出の仕掛けで、シーンとか場面とかいってられない芝居のつくりになっている。

どうぞよろしく。

 

「築地にひびく銅鑼」

原作/藤本恵子『築地にひびく銅鑼−小説丸山定男』
脚本/宮地 仙 演出/キタモトマサヤ

 

築地にひびく銅鑼チラシ表チラシ裏

日時

全席自由席

20183月8日(木)〜11日(日)

会場

ABC HALL

料金

前売:3500円 当日:4000円 学生:2000

ご予約・お問合せ

TELLFAX 06-6468-6934(劇団五期会)

主催

大阪劇団協議会

スタッフ

原作/藤本恵子
脚本/宮地 仙
演出/キタモトマサヤ

舞台美術/竹内志朗

照明/福井邦雄

音響/須川由樹
音楽/仙波宏文
振付/高木宏

演出助手/濱 奈美
舞台監督/沢渡健太郎
宣伝美術/山口良太

イラスト/ヤマムラショウコ
制作/尾崎麿基・門田 裕・森畑結美子・宮崎美智代

     井之上淳・靭マユミ

企画/堀江ひろゆき

 

-->
posted by yu-gekitai at 12:55| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする