2018年06月28日

28日(うーん、また変更かなあ?)

winmail.dat
 熊取ゆうゆう大学の第3期生の発表公演とのコラボのアレですが、書けないです、

ギヴアップまで待てない、とかこのブログに書き込みましたが、うーん、今日、お寺
の仕事をしながら一日中考えてたら、書けそうな気がしてきました。

 それには実は、トリックめいたものがありまして、私は勝手に、台本の締め切り
を、開講日の7月7日にと考えていたのですが、別のいいのですわ。その日は、総人数
や、男女比や、年齢などを確認させていただいて(今すぐにでも、問い合わせばわか
るんだけれどもね)、基礎的なことをやったりしながら、7月21日で充分じゃない
か、なんてね、思い直したわけですよ。

それに、全く書けそうになかったものも、一日中考え続けたら、なんとなく書けそう
な気がしてきました。もうすでに、アタマのなかでは台詞のやり取りをしてますわ。
予定していたものと違ってSF戯曲です。近未来か、他惑星、あるいはパラレル・ワー
ルドの〈ツダ〉でおます。コレで行っちゃおうかな。3週間以上あるし、そのうち3日
に1日の割り合いで書ける日が作れたら、書けるかもしれない。「ほたる」、たしか7
日間で書いたし(コレばっかり。自慢です)。

タイトルも内容も、今日丸1日考え続けられたので、全然違うものになってしまっ
て、タイトルは「女の国・イッポン(仮題)」ですじゃ。ゆうゆう大学の参加者の方
は、ほぼ女性ばかりなんでね。なんかねえ、沼正三の小説「家畜人ヤプー」に(原作
とか、そんなわけちゃいますが)似た世界観のものになりそうな。私の書く台本とし
ては、全くの新機軸です。エンタメですわ。えへへ。
posted by yu-gekitai at 21:04| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする