2018年11月29日

28日(ワクワクです。)

 CDについての返信メールがきた。そのCDのアーティストの方から(直接、問い合わ
せたのです)。以前にこのブログにも書いたことのあるCaravanのキイボード奏者
だった方だ。日本語なので、まさかご本人が書かれたのではなかろうが、Dave
Sinclair さんの名前でメールが届いたことには、さすがにドキッとする。なんだか
うれしい。明日、発送してくれるそうです。
posted by yu-gekitai at 07:44| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

27日(CDを注文してしまった。)

 私はCDはあまり好きではない。レコード盤やそのジャケットが好きだ。しかし、CD
でしか聴くことのできない音楽もある。しかしそれも、CDであるということを理由に
購入せず、ガマンする。しかし、今日、とうとうガマンできずにCDを注文してしまっ
た。
posted by yu-gekitai at 09:35| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

26日(18匹。)

 正確には数えてはいないけれど、水槽のカワムツはもうだいたい、8年から9年も生
きていることになるのではないだろうか。川魚がこんな長生きをするものだろうか、
不思議。採集した川にはもうカワムツの姿はないと聞く。現在生存中18匹。今年の梅
雨から夏にかけて25匹くらいお亡くなりになった。現在生存中の18匹は年を越すだろ
う。来年の夏を、何匹生き残れるだろうか?
posted by yu-gekitai at 08:44| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

25日(一昨昨日観た劇団五期会。)

winmail.dat
 福島に着いたら、もう一度行きたかった蕎麦屋で夕食。なんで行きたかったかとい
うと〈焼酎の蕎麦湯割り〉を飲みたかったから。以前に夕食を食った時は、気になっ
ていたのだけれど、稽古前なので飲まなかったのじゃ。大瓶ビール1本と麦焼酎の蕎
麦湯割りを1杯を飲んで、定食を食って1000円台前半の価格。安いなあ。ちょうどよ
い時間になってABCホールへ向かう。

 「Why are you Romeo? 〜あざなえる戀〜」原作・W.シェイクスピア、作・森脇京
子、演出・井之上淳。『ロミオとジュリエット』が原作。昭和8年の大阪で、陸軍と
警察の間で起こった事件をからめて権力の腐敗を描いた(ように思えた)。劇団のチ
カラを十分に感じさせる舞台だった。
posted by yu-gekitai at 09:24| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

24日(今日もレコ屋、あれっ、古本屋? そしてクギイン。)

winmail.dat
 7冊一括で500円という値段をいったんつけてon sale にしようと決めていた本のう
ち(7冊まとめて写真に撮っている)、気になるものが1冊あったので、もし仮に古書
として価値のある本で、実際に販売されているのなら、いくらで売られているかなあ
と、ネット販売もしている古書店で調べてみたら、最初に登場した古書店での価格が
6,000円、うわっ! そして別のもう一店舗では12,000円也。ひゃー、び、びっくりし
た。昭和34年刊の初版本ですが、気になった、という私の感覚が正しかったのだ。そ
れなりの風格があったわけだ。7冊のうち、それと同じシリーズにあたる別の2冊も、
そこそこ高かった。2,000円前後。ということは最高値をつけるのだったら(ほかの4
冊を0円としても)16,000円になってしまう。まあ、私の弱気の感覚では、7冊一括で
8,000円という感じかな(え? 弱気じゃないですか)。でも、だったらバラにして単
品で売ろう。5,000円、1,500円、1,500円。ほかの4冊はオマケとして買ってくれた方
にプレゼントしよう。貫禄の3冊は、ついさっきまでのゴミ扱い(投げたり、落とし
たりも、していた)から破格の出世。古書は怖いなあ。レコでもそうだけど、こんな
驚きや発見が楽しい(松本清張さんの本が高価なんて全く想像もしなかった)。

 クギイン会議に出席。最後の総会に向けての準備が進行中。もうひと月とちょっと
で、フツーの町民になれる、はず。
posted by yu-gekitai at 09:59| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

23日(さすがにイヤになりますわ。)

 今日は本の(少しの)整理と、写真撮影。レコ屋は古書も売るのだ。手に負えない
ぐらい有りすぎてもうイヤになります。掌がホコリでカサカサになって、何度手洗い
をしたことか。

 ところで、二日続けてのイヤな夢。芝居の夢。苦しくなるくらい腹立たしい夢。
posted by yu-gekitai at 10:52| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

22日(病人をしてから、南船北馬を観て、劇団五期会を観た。)

winmail.dat
 朝イチで、痛風と腰痛と高血圧(たいしたことはない)の定期診断で病院に行っ
て、それから南船北馬を観るためにウイングフィールドへ。

 「これっぽっちのうち。」作+演出・棚瀬美幸。キッツイ、見ていて辛くなってく
る芝居。観客席でいる私まで追い詰められてしまう。しかし、それがとてもオモシロ
いと言わざるを得ない。マゾヒズム的刺激、というわけではなかろうけれども。現代
演劇の最前線を感じる。登場人物みんなが、イヤな人たちだ。いや、ニンゲンの暗部
を際立たせる人物造形であるがゆえ。私はこういう芝居は大好きだけれど、万人にお
勧めはできないんだろうな、と思う。ま、自戒を込めて。

 この後、劇団五期会を観るために福島へ。五期会についてはまた後日。
posted by yu-gekitai at 09:35| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

21日(今日はクギインで、病人で、そしてまたレコ屋。)

 順序でゆうと、朝イチからクギインとして総会向けの書類の第一案をつくり、眼科
の定期検診に行き(メッチャクチャ時間がかかる)、区長宅に出向き書類の確認をし
ていただき、帰ってからレコ屋としてまた写真撮影。芝居のことは全くしていませ
ん。
posted by yu-gekitai at 08:42| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

20日(今日もまたレコ屋。)

 今日は未整理の7インチ盤(シングル盤)の整理。そして写真。あっという間に一
日が過ぎてしまう。芝居のことは何もせず。
posted by yu-gekitai at 16:24| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

19日(毎日レコ屋。)

 レコ屋だけに専念できるのは、楽しい、とは一概には言えない。というのは、やは
り芝居のことや、政治のこと(!)が、アタマから離れることがないわけで。仕方が
ない。今日も、整理や、チェックや、写真撮影など。ウチの中にあるレコードのおお
よその枚数を数えてみた。1万8000枚くらいかな。売却したとしての総金額は、
ちょっと恐ろしい額になる。50年ちょいの時間をかけて、買ったり、売ったりした末
が、今のこの状況。11歳の時に、生まれて初めて買ったレコは、今そこにあるよ!
posted by yu-gekitai at 09:31| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

18日(今日もレコ屋。)

 レコードを一枚一枚チェックをし、延々と写真を写す作業。けっこう体力を使うと
いうことが分かった。
posted by yu-gekitai at 08:33| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

17日(今日もレコ屋、もしくはクギイン。)

 今日もレコードの写真を写し続け、そしてクギインとしての重要な仕事をした。芝
居のことはやっていない。考えもしない。夢のなかでみるだけ。
posted by yu-gekitai at 08:52| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

16日(今日もレコ屋。)

 一日中、レコードを整理して、写真を写す作業。当初の200タイトルくらいの予定
が、いろいろ触っているうちに400点以上の準備ができた。それを全部いろいろな角
度などで写真撮影をするため、時間がかかってしょうがない。明日もまだつづく。
posted by yu-gekitai at 10:46| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

15日(レコ屋。)

winmail.dat
 今日は、ほぼまるまる中古レコード屋の作業。現在、150タイトルぐらいの商品数
しかon sale中になっていない。いつもレコ屋の仕事は後回しにしてしまっているの
で。それでも毎日のように売れているのだ。どんどん販売中の商品が減ってゆく。理
想では500点以上の商品を常にon sale中にしたいのだが、なかなか追いつかない。

一度、on sale 500タイトル越えをしたことがあったけれど、そうなるとレコ屋以外
の仕事をする時間がまったくとれないほど忙しくなる。それでも芝居など、ほかのこ
ともやらなければならないので後回しになって、新商品をアップできないまま落ち着
いてゆく。それが現在の状態。

今日はネット上にあげる新しい商品の写真を撮り続ける作業。一気に200タイトル以
上をアップするつもりなんだが、結局のところ、3カ月ぐらいかかるのではないだろ
うか。撮影する作業は明日も続く。
posted by yu-gekitai at 09:38| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

14日(カッコイイ芝居。)

winmail.dat
 夢のなかで芝居を観た。遊劇体の最新作、未来の姿である。いやあホントにカッコ
イイ芝居だった。開演前から客出しまで、まるまる全部、夢のなかでみました。公演
会場は、どこかの大学の古い建物の二階か三階にある、中くらいの大きさの教室。机
と椅子はアクティング・エリアに少し。三方向が窓。カーテンを引かず外光が入って
いる。外は大木の青葉が繁っている。あとは青空。客席は壁側にあり窓に向かう。出
演は遊劇体のメンバーだけ。ただし、私の知らない俳優も劇団員としてそこには存在
していて、全員で十二、三人くらいが舞台に立っている。舞台といっても教室の床。
段差は無い。客席は畳敷き。古畳。私には珍しい未来の日本を描いたSF作品。何らか
の事故か災害か、はたまた戦争かしれないが、ほぼ人類が滅亡した世界での、少数の
生き残った日本人の話。非常に政治的な内容であり、切なく泣きたくなるような悲し
い人々の懺悔、怒り、諦念に支配された世界。徹底して会話劇で、俳優はほぼ動かな
い。見事に台詞を操る俳優たち。ごくたまに、うねるような全体の動きがあり、ミザ
ンスに変化が起こる。それは三方から差し込む太陽光線と雲との関係や大木と風との
関係に連動する。ラスト近く、陽が落ち、目がくらむような夕焼け、そしてオーロラ
の乱舞。やはりこの地球になにか大変なことが起こったのだ。ニンゲンの存在の哀し
さ、地球へのレクイエムを奏でるような、凄いラストシーン。俳優はピクリとも動か
ない。窓の外が暗黒に落ちる。音楽はロリー・ギャラガーの「100万マイルも離れ
て」。拍手。私、ありがとうございましたっ! と暗闇の中で叫ぶ。客出し。ワンサ
カのお客さんが教室から出てきて絶賛している。

 客出しの最中、マユミさんの足音で目が覚める。頭の中ではまだロリー・ギャラ
ガーが鳴っている。凄いものを観たとドキドキした。夢のなかでたっぷりと体験した
遊劇体の未来の演劇。カッコイイ。
posted by yu-gekitai at 09:37| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

13日(一昨日観た劇団しし座。)

 「家族会議はテレビの中で」作・竹内介、演出・北川隆一、HEP HALLにて。すべて
において丁寧に作られた芝居。俳優の誠実な演技とスタッフ・ワークが良さが光る。
現在風俗に根差したドラマ。
posted by yu-gekitai at 10:48| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12日(遊劇体ミーティング。)

 「女の国・イッポン」の打ち上げ以来の集まり。たいした議題は無いですけれど、
と始めたら、そんことはない! 、といきなりツッコミが入りました。たいした議題
がありました。来年の11月の次回公演までの空白期間をどうするのか、ということ。
結論は出なかったですが、何かやるという方向で、進んでみる、ということに。もし
かしたら本公演としてやるかもしれない、という感じでもあります。とりあえず私
が、今日模索した方向(それはまだ公開できません)で考えを煮詰めて、次回ミー
ティング(忘年会も兼ねる)で提案する、ということに。オモシロいことができそう
な予感。でも、公演会場とか、スタッフさんをどうするかとか、お金のモンダイと
か、いろいろなハードルがあるね。
posted by yu-gekitai at 10:41| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11日(劇団大阪を観て、それから劇団しし座を観た。)

winmail.dat
 芝居を観るのは久しぶりやなあ、という感覚がまず、ありました。いつ以来かな。
観に行くのじゃなくて、演ってばっかりだったんですね、最近は。でも、「女の国・
イッポン」という大傑作! 以後は、丸一年以上、芝居をやる機会が無いんですけれ
ども。

 「明日 Tomorrow 1945年8月8日長崎」原作・井上光晴、脚色・小松幹生、演出・堀
江ひろゆき、谷町劇場にて。長崎への原爆投下の前日、懸命に生きる人々のスケッ
チ。だがこの戯曲のすぐれているところは、スケッチの積み重ねが、ニンゲン存在の
意味を問う大きなドラマに、観客の側が変換し得るというところだ。原爆投下の前
日、という仕掛けは厳しい。日本でしか生まれない、生み出せない演劇。切なく、美
しかった。演出の野心的なところにも好感と共感。終演後の、堀江さんから私への一
言に恐縮。ありがたいことです。

 この後、劇団しし座を観るために梅田へ。しし座についてはまた後日。
posted by yu-gekitai at 09:57| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10日(今日もクギイン。)

 クギイン以外にも、実のところ覚えられないほど、いろいろな委員を拝命しており
ます。今日は、福祉委員会のカンジの立場での、イヴェントへの参加、でした。あ
あ、しんど、です。

 それが終わってから、大事なクギインの仕事。これも大変、でした。

 終わってから、お好み焼き屋(といっても、私にとっては居酒屋という扱い)で
酒。生中3杯と冷酒2本をひとりで飲みました。長い一日でありました。
posted by yu-gekitai at 09:25| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9日(ピリ。)

 今、ウチの空気はピリピリしてます、です。ウチというのは遊劇体ではなくてウチ
です。日常生活がピリ辛です。理由ははっきりしていますが、書きません。よろし
く。
posted by yu-gekitai at 09:12| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする