2018年12月12日

11日(・・・。)

 「The Little Things」から「Into The Sun」にCDを入れ替えた。意外なくらいソ
ウルフルな曲もある。そういえば70年代前半のインタヴュー記事かなんかを翻訳した
ものを読んだことがある。好きな作曲家のひとりにスティーヴィー・ワンダーをあげ
ていたし、いちばん好きなシングル・ヒット曲にはダイアナ・ロスの「I’m Still
Waiting」を選んではった。デイヴ・シンクレアさんのこと。
posted by yu-gekitai at 09:06| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

10日(なんとなく鬱。)

 なんとなく鬱、っぽい。心がスグレナイ。健康ではない、という感じ。一昨日のこ
とがやはり影響している。いまだ反省している。

 CDはまだ「The Little Things」。
posted by yu-gekitai at 08:42| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

9日(ええなあ。)

winmail.dat
 昨日からCDプレイヤーの中身は「The Little Things」。とりあえずやっと
「Stream」と「Out of Sinc」は通過。「Into The Sun」と、そして一昨日、お手紙
付きで届いた「Full Circle」と「PianoWorks 1」までは、まだしばらく時間がかか
りそう。メロディの美しさが半端なく私の心を打ち抜く。孤独感、愛する人を、ある
いはモノを、想う心。そういったものをシンクレアさんの音楽から感じる。ああ、え
えなあ。音楽って本当にものすごいパワーがあるなあと感じ入る。
posted by yu-gekitai at 10:14| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8日(・・・。)

 明け方に目を覚まし、さて今日は一日タイヘンだぞ、よくわからないけど、という
日。まずウチに帰って、時間い追われつつレコ屋の対応業務。そしてクギインとして
の仕事、これは総会資料の印刷と製本、配布部数ごとの取りまとめ。去年、経験して
いたことなので、予想外に手間取らずに片付いた。夕方からは会議にて。総会に向け
ての準備がメイン。そして忘年会、という流れ。そして二次会で事件を起こしてしま
いました。反省。なんかしらん、長い、長い一日。
posted by yu-gekitai at 09:17| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7日(案の定。)

 案の定、二日酔いです。ああしんどい。けど、楽しかったから。今日中に帰らな
きゃまずいぞ、とわかっていながら、二日酔いの身体がゆうことを聞いてくれなく
て。明日早朝に帰るという決断をして、今日は一日ゆっくりとお休みということで。
ただただ音楽を聴いていて何もしなかったという一日。
posted by yu-gekitai at 09:07| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6日(遊劇体忘年会。)

 早朝のNHKニュースで、ご近所の火事でおふたりが亡くなられたことを知る。ご冥
福をお祈りする、というほかない。

 さて、早いのか早くないのか、今夕、遊劇体の忘年会である。店の予約はせず、事
務所にて地味に少人数で。そこで、久しぶりに京都へ向かうわけだけれども、出かけ
ようとしたら玄関の郵便受けに私宛の郵便物を発見。Dave Sinclairさんから新たに
送っていただいた2枚のCD。開封するとシンクレアさんの直筆の手紙。ウレシイナっ
たらウレシイナ。美しいく読みやすい字が、きっとシンクレアさんの性格を表してい
る。ホープ・トゥ・ミーチュウ・イン・ザ・フューチャー、って。興奮で舞い上がっ
てしまい、京都へ向かうのが2時間も出遅れる。忘年会には充分間に合いますが。

 六波羅蜜寺近くのハッピー六原で、総菜を買っての予定での遊劇体忘年会。サカ
モッちゃんがウイスキー、村尾さんが缶ビール、京阪清水五条駅出口にある魚屋で新
鮮なお刺身と缶ビールと焼酎と水と、カニみその缶詰、も? 太っ腹過ぎ。パンダさ
んがワインとチーズ、松本くんが日本酒となんか、など持参で登場。ハッピー六原で
さらに日本酒とお刺身、お惣菜を大量購入にて。やっぱりアレですね。魚屋のお刺身
が抜群に旨いですね。シンクレアさんの「Stream」を流しっぱなしで(迷惑だった?
そうじゃないよね)楽しく飲んで、最後の方は記憶がないです。
posted by yu-gekitai at 08:59| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

5日(近所で火事があった。)

 Dave Sinclairさんの「Out of Sinc」を繰り返し聴いているうちに、曲間の静寂の
中でサイレンの音が。サイレンの鳴り方が凄まじく、すぐご近所での発生を告げてい
るような。
posted by yu-gekitai at 08:55| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

4日(やっと。)

winmail.dat
 ずっとCDプレイヤーに入ったっきりになっていたDave Sinclairさんの「Stream」
(11年)を、いったんクリアして、「Out of Sinc」(18年)に入れ替えた。

実はさらにもう2枚が順番を待っている。「The Little Things」(13年)と「Into
The Sun」(03年)。

まだ入手可能なもう2タイトルも手に入れなければならない。「Full Circle」(03
年)、「Piano Works 1」(10年)。

そしてさらにさらに入手のムツカシイものが2タイトルある。「Moon Over Man」のオ
リジナル(93年)、「Treasure Chest」(09年)。それらの入手に関してはチャンス
を待とう。
posted by yu-gekitai at 08:32| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

3日(いろいろタイヘンである。)

 って、べつにそんなタイヘンなことは起こっていないけれども、身辺慌ただしさは
ある。モヤモヤする、グジグジする、イライラする。そんな日常にDave Sinclairさ
んの音楽があるのでありがたい。
posted by yu-gekitai at 07:55| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

2日(今日もクギイン。)

 クギインとしての日常も、残すところあと一か月となってきた。今日は朝から夕ま
で丸一日クギイン生活。

 出かけるギリギリまで、Dave Sinclairさんの「Stream」を聴いて、帰り着くなり
Dave Sinclairさんの「Stream」を聴いた。元気が出る。心がおだやかになる。この
世には信じてよいものがある、という気になれる。まだ「Stream」を卒業できないの
で、もう一枚のCD、最新作の「Out of Sinc」には依然手が届いていない。
posted by yu-gekitai at 08:51| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

1日(宝物。)

 素晴らしく美しい宝物を手に入れたという思いだ。宝石、いやそれでもよいのだ
が、もっと神聖な、大自然の美しさに息をのむような、あるいは自然が生み出した美
しい植物の姿に心を奪われるような、そういう美しさ。デイヴ・シンクレアさんの
「Stream」。ただただ、凄い。震える。涙があふれる。CDは持たない私だけれど、CD
を買って良かった。
posted by yu-gekitai at 18:09| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30日(涙腺決壊。)

winmail.dat
 夕方、ウチに帰ると、デイヴ・シンクレアさんからのCDが届いていた。ウレシイ
ナったらウレシイナ。瀬戸内海の弓削島からだ。サイン入り。サインの美しさが人柄
をあらわしているよう。CDプレイヤーをonにするのは何カ月ぶりだろう。美しいイラ
ストに彩られたジャケの「Stream」。ちょっとマンガチックでコミカルなイラストの
最新作「Out of Sinc」。

「Stream」からプレイする。いきなり素晴らしすぎて、美しすぎて。息を飲むとはこ
のことだ。ロバート・ワイアット氏や、アニー・ハズラムさんのヴォーカルもだが、
一曲一曲が良すぎて、リピート&リピートで、なかなか次の曲へは移れない。知らず
と涙があふれだす。今年聴いたアルバムでは、ベストであることは100パーセント間
違いなし。2011年のアルバムなんですけどね。特に「Between Us」は、何度聴いても
全身鳥肌モノ。来年の遊劇体公演のラストに流したいな。結局、家族での晩ご飯と風
呂の中以外で、眠りに落ちるまで狂ったように聴き続けた。未だ「Stream」を通過で
きないまま。
posted by yu-gekitai at 12:50| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

29日(日本演出者協会関西ブロック役員会に出席した。)

 ドーンセンターにて。芝居のことをあんまり考えない日常が続いているので、おか
しな気分。でも夢の大半は演劇に関するものだ。まあ、そこが不思議。夢の中だけ演
劇関係者。森本さんと高取さんのことを想う。なんだか寂しい一日。今日出来立てホ
ヤホヤの本をいただいて帰る。『関西戦後新劇史 1945~1969』(晩成書房)。
posted by yu-gekitai at 09:41| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする