2018年12月01日

1日(宝物。)

 素晴らしく美しい宝物を手に入れたという思いだ。宝石、いやそれでもよいのだ
が、もっと神聖な、大自然の美しさに息をのむような、あるいは自然が生み出した美
しい植物の姿に心を奪われるような、そういう美しさ。デイヴ・シンクレアさんの
「Stream」。ただただ、凄い。震える。涙があふれる。CDは持たない私だけれど、CD
を買って良かった。
posted by yu-gekitai at 18:09| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30日(涙腺決壊。)

winmail.dat
 夕方、ウチに帰ると、デイヴ・シンクレアさんからのCDが届いていた。ウレシイ
ナったらウレシイナ。瀬戸内海の弓削島からだ。サイン入り。サインの美しさが人柄
をあらわしているよう。CDプレイヤーをonにするのは何カ月ぶりだろう。美しいイラ
ストに彩られたジャケの「Stream」。ちょっとマンガチックでコミカルなイラストの
最新作「Out of Sinc」。

「Stream」からプレイする。いきなり素晴らしすぎて、美しすぎて。息を飲むとはこ
のことだ。ロバート・ワイアット氏や、アニー・ハズラムさんのヴォーカルもだが、
一曲一曲が良すぎて、リピート&リピートで、なかなか次の曲へは移れない。知らず
と涙があふれだす。今年聴いたアルバムでは、ベストであることは100パーセント間
違いなし。2011年のアルバムなんですけどね。特に「Between Us」は、何度聴いても
全身鳥肌モノ。来年の遊劇体公演のラストに流したいな。結局、家族での晩ご飯と風
呂の中以外で、眠りに落ちるまで狂ったように聴き続けた。未だ「Stream」を通過で
きないまま。
posted by yu-gekitai at 12:50| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

29日(日本演出者協会関西ブロック役員会に出席した。)

 ドーンセンターにて。芝居のことをあんまり考えない日常が続いているので、おか
しな気分。でも夢の大半は演劇に関するものだ。まあ、そこが不思議。夢の中だけ演
劇関係者。森本さんと高取さんのことを想う。なんだか寂しい一日。今日出来立てホ
ヤホヤの本をいただいて帰る。『関西戦後新劇史 1945~1969』(晩成書房)。
posted by yu-gekitai at 09:41| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする