2019年01月31日

30日(土砂崩れの現場。)

 昨年、二度も土砂崩れを起こし、長々と通行止めになっていた町内の現場を、車で
通った。土嚢を何重にもつみかさねてはいるが、まだ崩れた斜面の地肌がむき出し
で、再び同じような大雨に見舞われるたらまた、同じことが起こるのではないか、と
思わざるを得なかった、のですけど。
posted by yu-gekitai at 09:00| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

29日(・・・。)

 精神的な体調が、やっぱりちょっと悪いな、と感じる。なんか、酒の助けを欲し
がっているような自分がいる。だから、なんとか呑まないようにしよう、と辛抱する
が、それもままならない。このままではアル中一直線か。気を付けたい。
posted by yu-gekitai at 08:55| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

28日(ついうっかり。)

 芝居のことなんて何も考えず、ゆるゆると毎日を過ごしているけれど、夢が、私に
警鐘を鳴らしてくれているように感じる。前にも書いたけれど、芝居の夢をみて目覚
める頻度がハンパない。さて、今年の秋には遊劇体として丸2年ぶりの本公演があ
る。8月までなんにもしなくてもいいんだなあと漠然と思っていたら、大間違いだっ
た。8月には台本が要るのだった。書かなければならないのだった。ついうっかり、
そのことを忘れる。
posted by yu-gekitai at 10:30| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

27日(レコード漫談。)

 レコード漫談家のキタモトマサヤです。第3回目のレコード漫談、無事に終えまし
た。私としましては、今までのベスト・パフォーマンスでした。慣れてきたのでしょ
うか。気楽におしゃべりして、2時間があっという間に過ぎてしまいました。さらに
精進を重ねてゆきたいと思います。

 で、今日はね、打ち上げとか無しでね、即解散ですわ。ああ、サビシイ。事務所に
音響装置とレコードを持ち帰って、ひとりで呑みました。やっぱり、なんか、脳内に
出てるんでしょうかね、無性に呑みたくなって。缶ビール(ロング缶)4本(飲み切
れず、キッチンに流した)、日本酒1合ほど。でも、不思議と今日は酔わず(本人が
そう思っているだけかもしれない)。
posted by yu-gekitai at 09:43| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

26日(気づいていたのだな。)

winmail.dat
 その日の晩に気付いたのだな。その日とは、菊谷の告別式の夜なんだな。いや実
は、式場にいるときから気づいていたことに、気づいていたのだな(ヘンな日本語だ
な)。私たち(というのは遊劇体のメンバー)と合流して献杯をしていただいた方々
だけでなく、そのままさりげなく帰った方々も、合流してくれた方々と同じ気持ちで
あった、ということに。

複数の方がたからその後、おコトバをいただいた。遊劇体の人たちの顔を目にすると
声をかけられなかった。遊劇体の劇団員だけにしてあげたかった。私たちが差し出が
ましいことをしたくなかった。ありがたい。そういう人たちこそありがたい。感謝の
気持ちでいっぱいです。

もう一度、劇団員だけで献杯する時間が欲しいと思うのだな。
posted by yu-gekitai at 09:26| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菊谷高広の奥さまへ。

 コメント欄へのご丁寧なお言葉、ありがとうございます。なんとも、お返しする言
葉が見つかりません。ただ、私たちは芝居をやるしかないのだと思います。まだまだ
未確定ですが、必ず、菊谷のことを考える公演を打ちたいと考えています。追悼公演
とか、そんな大々的に銘打ったりせぜ、ひっそりと、今ここにはいない菊谷と交感す
るような、そんな芝居を、おおよそですが来年の夏ごろ、本公演としてやりたいと考
えます。またそのうち、なんらかの形でご連絡させていただきたいと思います。
posted by yu-gekitai at 09:13| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

25日(次の次の、そのまた次の公演について考える。)

 やはりウカツだったな。どなたでも客演OKみたいなやり方。猛省している。私がそ
の宣言をした、その場にいた方々に、謝ろう。そのうえで、客演さんを、ある一定の
条件を設定して、劇団内で会議の上、あらためて依頼させていただくということに、
しなければならない、と今はそう思う。大失敗をした。
posted by yu-gekitai at 09:22| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

24日(演劇大学 in 大阪2018 に行った。)

winmail.dat
「〈えん罪〉を語る・問う・観せる」の第2回。〈報道被害〜松本サリン事件〜〉、
講師は、劇作家・演出家の平石耕一氏、ドーンセンターにて。松本サリン事件を描い
た戯曲『News News〜テレビは何を伝えたか〜』が、どのようにして生まれたかを真
摯に語る。また、平石氏のこだわるアリーナ劇場について。個人的にはコチラの方が
より興味深かった。

 来週は、映画監督の金聖雄氏をお招きして、〈えん罪事件を描くということ〉。聞
き手は劇作家の石原燃さん。映画や演劇作品に昇華されるまでのお話が聞けそうで楽
しみ。
posted by yu-gekitai at 10:29| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23日(ジュンの入試の結果を教えてもらい、そして三人娘新年会に行った。)

winmail.dat
 本日、いわゆる高校入試の合格発表。で、合格! もう、入試が終わってしまいま
した。早いなあ。高校受験生のほとんどが、まだこれから、私立高校に願書提出とか
いう時期なのに。第一志望校に合格できてよかったね。ホントにやっちゃうのかどう
かわかりませんが、入学式には金髪にしてゆくと本人は言ってます。私もウレシイ。

 ウレシイので、早めにウチを出て、三人娘の、遅ればせながらの新年会です。当然
かなり早くに新年会の会場に着いたので、まずは、いつものようにご近所にある〈松
浦酒店〉で、立ち呑みです。ハムカツと、鶏肝煮と、タラ白子で、ビール大瓶1本
と、日本酒熱燗2本で、もうヨッパライです。最近、少量でも酔っぱらってしまいま
す。

 乾杯の前からヨッパライの私。まともに、みなさんとの挨拶すらしていないような
気がする。あ、新年会の会場は〈ルンチェルンバ〉です。酒呑み用のアテを用意して
くれていたようです。ありがとうございます。私、もう調子よくって、傍若無人なふ
るまいで、暴言放言三昧、だったと思う。今日の私は、私が大嫌いな私です。大反
省。あっという間の終電。
posted by yu-gekitai at 09:33| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

22日(どうぞよろしく。)

こんなことやってる場合なんかな、私、などと思いつつ。よろしくお願いいたしま
す。以下、京都芸術センターさんのホームページより、コピペですじゃ。

《明倫ワークショップ》遊劇体「レコード漫談〜LP レコードで聴く演劇〜Part3」

レコードディーラーとしての顔も持つ主宰・キタモトが、知る人ぞ知る、演劇のレ
コードを解説付きでご紹介するレコード漫談。
過去2回にわたり好評を得て、第3回目を開催いたします。

定員:20 名

日時:2019年1月27日 (日) 10:30-12:30

会場:京都芸術センター 制作室3

主催:京都芸術センター

問合せ先:京都芸術センター
Tel: 075‐213-1000
Mail: info@kac.or.jp

料金:無料
posted by yu-gekitai at 09:54| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

21日(次の次の、そのまた次の公演について考える。)

winmail.dat
 一昨昨日、居酒屋で突発的にひらめいた芝居について。やるぞ的なことをコトバに
してから、ずっと考え続けていた。

今日、台本の構成などが決まり、どんな芝居になりそうか、全貌のようなものが、ぼ
んやりと見えた。モノガタリは、できた。パンダ、村尾、坂本、こやま、松本、久保
田の6人が主役。基本的には6人の芝居。その6人のドラマのなかに、大勢の客演さん
を叩きこむ仕掛け。10人でも、20人でも来い、だ。

仮に10ステージの公演になったとしても、客演さんはそのうちの、出演できるステー
ジだけ来ればよい。客演さんの出演人数によって毎回、上演時間が異なる、というこ
とになる。もちろん稽古には、こちらの指定する回数の参加は是非ともお願いした
い。

もう一度記す。主役は遊劇体の6人だ。そして、その公演に関しては、通常支払うべ
きギャラは、出さない。交通費も、出さない。どうだ、マイッタか。それでも出演希
望の方、どんどんエントリーしてください。ただし、まだ劇団の会議での決定をみた
わけではない。私個人の企み。劇団会議で却下される可能性もある。

実現するとして、その時期はというと、来年の遊劇体は、春ごろに次の次の公演予定
が、大阪府下の劇場で、未だ詳細未定の宙ぶらりんのまま存在するので、その後の8
月くらいだろうか。劇場は、うーん、やっぱりTheatre E9 Kyotoかな。タイトルは、
仮題だけど『どこから来て、どこへ行くのか』。
posted by yu-gekitai at 22:43| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20日(メイシアタープロデュース公演を観た。)

winmail.dat
 SHOW劇場vol.12「少年王國紀」作+演出・笠井友仁。ゴールディングの傑作『蠅の
王』を原作とした芝居。だから、オモシロくないわけがない。

エイチエムピー・シアターカンパニーの笠井氏は、作品選びに長けている。これは演
出家としての才能であるといえる。実のところ、関西の演劇公演では、そもそも戯曲
選びの時点で失敗を招いている、としかいいようのないものが多いのだ(失敗、と書
いているが、あくまで私の評価基準で分かりやすく説明すると、である)高校の演劇
部でも同様。残念ながら、この重大ごとを、甘く考えている演出家、劇団が多い、と
思う。

 シンプルな舞台、美しく効果的な照明が素晴らしい。そして俳優たちの、この作品
上演のためのものと思われる独自の身体性。それについては開演直後、違和感を感じ
たが、〈少年であること〉の身体表現なのだと、すぐに納得した。この演出だけでも
すごいといって良い。よく練り込まれた芝居。俳優陣も称賛に値する。ウチの村尾オ
サムが良い役を得て、瞠目に値するといえるほど凄かった!

posted by yu-gekitai at 22:05| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

19日(ジュンの入試。)

 本日、ジュンの、いわゆる高校入試の試験日です。イヤに落ち着いていましたね、
本人。いきなり第一志望校ですが、受かるといいけど受からなくてもいい。でもそ
りゃあ、受かった方よいいけれど。私もマユミさんも、第三志望校に受かりさえすれ
ばよいと考えている。
posted by yu-gekitai at 10:50| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18日(告別式。)

 告別式。演劇関係者のみなさんが今日も大勢駆けつけてくれた。ありがとうござい
ます、と私がいう立場にはないが、感謝の気持ちでいっぱいです。

お昼前から献杯の飲み会。遊劇体の残りのメンバーだけで二次会、そして最後は、私
ひとりで三次会。ウチに帰るなり布団に入った。
posted by yu-gekitai at 10:43| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17日(お通夜。)

 菊谷は、家族を、コミュニティを、大切にしていたんだなと、あらためて思った。
それでも、弔問に訪れて下さった演劇関係者の多いこと、多いこと。みなさんありが
とうございます。
posted by yu-gekitai at 10:38| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16日(後悔。)

 現実のこととは思えない。それでも後悔はある。もっと無理強いをしても良かっ
た、と今は思う。
posted by yu-gekitai at 10:34| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

15日(菊谷が逝った。)

 劇団員が亡くなった。昨日のブログはそのことを書いている。演劇人への告知の了
解をたった今、いただいた。大勢で見送りたいので、ここに通夜と告別式の日取りと
場所を記します。

 

 17日(木)19時より、通夜

 18日(金)10時より、告別式。

 南大阪祭典にて(JR新今宮駅下車すぐ)
posted by yu-gekitai at 18:30| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14日(無題。)

 世の中は不合理にできている。すべてにおいて、だ。理不尽だ、と地団駄踏んで
も、むなしい。静かに祈ること、それが最善だ。諦めるのではない、忘れるのでもな
い、祈るのだ。あえて〈無題〉とした。アルバート・アイラーが聴きたくなって
「Spiritual Unity」をターンテーブルに載せて、ウイスキーの水割りを3杯。
posted by yu-gekitai at 09:06| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

13日(まだクギイン。)

 いや、もう、区議員は引退させていただきましたが、残務処理、ですね。次々と出
てきますわ。やらなあかんこと。今日はもう、丸一日かかりましたよ。ムツカシイこ
とじゃないけれど、時間がかかりました。ひとつ終了させたら、自分へのおつかれさ
んという感じで、お酒を飲もうかと考えていましたが、ガマンしました。まだ5日で
すね。13日中5日。お酒をいただいた日。
posted by yu-gekitai at 09:08| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

12日(太りさん。)

 ええっと、正月太りで4s増量です。
posted by yu-gekitai at 09:03| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする