2019年06月07日

6日(山頂で想う。)

 山頂で風に吹かれながら考えた。

 藤子不二雄先生のマンガで、いちばん最初にテレヴィで放送されたのは何だった
か?

 私の記憶によれば、たぶん「シスコン王子」だろう。

 石森章太郎先生のではいったい何だろう?

 たぶん「怪傑ハリマオ」。

 横山光輝先生のでは? 

 たぶん「伊賀の影丸」。これはCMまでも覚えている。パパンがパンパン、三立パ
ン。三立製菓。

 手塚治虫先生のでは。

 たぶん「鉄腕アトム」、いや「ふしぎな少年」かもしれない。あ、だけど「ふしぎ
な少年」はリアル・タイムで見たと思うけれど、「鉄腕アトム」は再放送で見たのか
もしれない。やっぱり「鉄腕アトム」が先だろうという結論。

以上すべて、私はそう思った、というだけで、実際はどうかは知らないし責任はもた
ない。

 なんで山頂でこのようなことを考えてしまったのかというと、私は山歩きをすると
き、甘いお菓子の小片を持って登り、山頂でそれを食するのだ。かつては、タバコを
一服、だったけど、タバコをやめてしまったからね。今日持って行ったのは、エース
コインという古銭をかたどったビスケット。これは昔は、シスコイン、という名称
で、シスコ製菓の商品だった。「シスコン王子」は、シスコ製菓の提供だったのだ。
というつながりでした。
posted by yu-gekitai at 10:08| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする