2019年07月30日

29日(まだ。)

winmail.dat
 26日送信分の文章、まだ登場しませんねえ。このままこの世から抹殺されてしまう
のでしょうか。



 昨日今日と、26日送信分の文章の行方不明についてしか、このブログには記してお
りませんが、26日に「空のトリカゴ」を5枚書いて、次の日にボツにしました。よく
あること。書きだし、が、とても難しくって。迷いが多い。ラストまでのイメージが
決まっちゃうからね。オモシロいんじゃないかとは思いながらも、潔く、全部消去し
ちゃった。

 

 思えば昨年も「女の国・イッポン」と「ほたる」を、同時進行で書いておりました
が、もう、遊劇体の秋の公演のための「空のトリカゴ」と、ゆうゆう大学の発表公演
「猫の話と犬の評判(仮題)」は、同時進行で書かねばならない、っちゅうことに
なってしまっています。



 一応ね、締め切りはね、「猫の話と犬の評判(仮題)」は、8月9日(金)、70分く
らいのもの。「空のトリカゴ」はね、私が独自に設定した締め切りですけどね、9月1
日(日)、100分くらいのもの。もうかなり切迫した状況に居るんやね、ということ
が、このブログに整理して書き記すことによって、実感できるのである。ああ。

 今年の夏、日本の夏は、猫と犬と鳥の話ですわ(ウソ)。
posted by yu-gekitai at 09:21| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

28日(やっぱりねえ。)

26日のブログがまだアップされていません。ちゃんと送ってあるのですが、どこを彷
徨っているのでしょうか。送信済みリストにはちゃんと残っています。現在、行方不
明中です。以前にもこういうことありましたけど、なにが原因なんでしょうか?
posted by yu-gekitai at 07:08| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

27日(熊取ゆうゆう大学4回目。)

 町民会館視聴覚室にて。身体について。少しずつ発表に向けて前進している、とい
うこと。





 ところで昨日のブログがまだ反映されていない。そのまま、消えて行方不明になる
のかな。遅れてでも、いずれ登場してくるのか。以前にもあったな。アップされる日
付が入れ違ってしまったことが。

 とりあえず現時点では、26日分より先に、この27日分が載る可能性が大きいと思
う。
posted by yu-gekitai at 10:20| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

25日(読書。)

 ここしばらく、極力避けていた読書。単に、目が悪くて、見えにくくて、読むのが
辛い、という理由です。手術をしてもらい、少しは楽になった。

 必要に駆られての読書だ。ゆうゆう大学でこの秋上演する朗読劇の、作品の最終決
定をするための。ああオモシロイ。本を読むのは楽しいなあ。やはり手術後、辛さは
激減。これからはまた、どんどん読みたい本を読むぞお。
posted by yu-gekitai at 09:48| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24日(日本演出者協会関西ブロック2019年総会に出席した。)

 ドーンセンターにて。開始時間より1時間以上も早く最寄り駅に着いたので、ひと
り居酒屋。瓶ビール中瓶1本と日本酒を冷やで3本いただきました。アテはお刺身盛り
合わせと、サザエのお造りと、ハモの天ぷらと、紅しょうがの天ぷら。いつになく豪
勢な気分で、大散財をしてしまいました。

 総会には開始時間寸前に飛び込みました。わかぎゑふさんが、新ブロック長に決ま
り、新たな事務局体制が整った。ああ私も、いやも応もなく、役員継続。

 総会後の親睦会は楽しかったです。あっという間の終電時間。これまた大散財。い
つもだいたい一番手に退場ですわ。田舎者なんで、オウチが遠い。

 
posted by yu-gekitai at 09:41| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

23日(初音ミク。)

 デイヴ・シンクレアさんの曲を、初音ミクさんが歌ってるYouTubeを発見。「O
Caroline」。マッチング・モウル時代の名曲。声がとってもカワイイね。何度もくり
かえし聴いてしまう。アレンジが全く同じですけれどね。オリジナルに忠実。
posted by yu-gekitai at 09:38| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

22日(コワイヨォ〜〜〜ツ!)

 うなされていたそうである。うなされて、コワイヨ〜〜〜ッて、何度も細い高い声
で叫んでいたそうである。

 私は自分の仕事場で寝ているので、隣の部屋まで聞こえていたということである。

 覚えていない。どんな夢をみていたのか。しかし、そのことを聞かされて、さもあ
りなん、と思う。それくらい私は今、辛い状態にある。追い詰められている。

 しかし、と思う。自分の今おかれた状態を顧みるに、コワイ、じゃなくて、ツラ
イ、のほうがピッタリくる。もしかしたら、ツライヨ〜〜〜ッ、と叫んでいたのでは
ないかなと思う。
posted by yu-gekitai at 09:12| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21日(4勝1敗。)

 コウちゃんがまた戦いに行った。前回と同じく4勝1敗という結果。またしても好成
績である。
posted by yu-gekitai at 08:58| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

20日(熊取ゆうゆう大学3回目。)

 熊取町民会館ホールにて。本日は、感情表現、について、の、さわり程度。時間が
足りない。日数が足りない。詰め込んでばっかりで申し訳ない。
posted by yu-gekitai at 12:10| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

19日(ハシゴ。)

 病院をハシゴの日。週明けの朝イチにもまた、別の病院へ。ポンコツ人生。
posted by yu-gekitai at 12:07| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

18日(・・・。)

 みんな頑張っているなあと思う。みんな偉いなあって思う。みんなっていったい誰
だっていうはなしもあるだろうが、みんなである。私はダメだあ。
posted by yu-gekitai at 16:56| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

17日(スキマを埋めてゆく・補足。)

winmail.dat
 一昨日のブログでの、楠勝平さんの本についての記述、もしかして誤解を与えてし
まっているかもしれないなと思ったので、補足。

 単行本のうちの1冊「楠勝平作品集」は、私、持ってません。欲しいな、とは思い
ますけれど、古本屋で見た時も買おうかと手に取ったこともありましたけれど、高い
のでやめました。普及版とでもいうべき「おせん」を持っているので、それで充分か
と思っています。でも、安く見つけたらきっと、買ってしまうでしょう。以上。

 楠勝平さんの単行本未収録作品が掲載された雑誌、手に入れたいなと思うものが20
冊くらいあると書きました。正確に数えてみたら17冊でした。でも全然、知らないよ
うな雑誌で、古本屋でも、通常は扱っていないような雑誌なんですよね。「漫画ボ
ン」5冊、「長編コミック傑作集」4冊、などが入手しにくいでしょうね。私の号泣漫
画である「ゴセの流れ」も初出は「長編コミック傑作集」です。単行本に収録されて
いますから大丈夫ですけれど。今も思いうかべるだけでゾクゾクしてくるほどの、鮮
烈なる大傑作ですよ。「漫画ボン」は、官能系の大人漫画誌かなあ。こんなことを書
いているうちにそれら17冊、探究したくなってきたなあ。17冊分のスキマが新たにで
きあがってしまいました。
posted by yu-gekitai at 09:45| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

16日(スキマを埋めてゆく〈2〉)

 ここ最近で入手できて、メッチャクチャうれしかったなんてレコードはもう、無い
ですね。スキマを埋めてゆくといっても、もう、惰性そのものですね。

たまに、かつてコレクションしていたレコードと出会ったら、価格によっては買い直
すとか、どこにでもあるような(なんか漠然としたいいかたですけれど)レコードを
タバコひと箱かふた箱くらいの価格で買うくらいです。まあ、中古レコード屋そのも
のに、もうほとんど行きませんから。

ああ、このあいだ中古レコード店で見たレコード。ノーマン・ヘインズ・バンドの英
国オリジナル盤、おっと、よかった、まだ持ってます。手放してなかった。25万円で
売ってマシタ。

アンノ・ドミニの英国オリジナル盤、これまた別の店で、これは28万円。残念、こち
らは手放してしまいました。2万円で。ああ。今ウチにいるのはジャケ違いのドイ
ツ・オリジナル盤です。迂闊に手放すのはイカンですね。アンノ・ドミニの英国盤を
手放す時に、イヤな予感がしたんですよ。もっともっと高額なんじゃないだろうか、
と。でも、自分の以外、全く見たこともなかったので、適正価格の想像がつかない。
これくらいかなあなんて安易に考えて2万円で譲ってしまいました。

あと、後悔してるのはレッド・ダートのオリジナル盤だなあ。5万円で、ほとんど強
引に〈押し買い〉されてしまいました。今からちょっと、いくらで取引されている
か、わかるかどうか知れませんが、ネットで探してみます。急にドキドキしてきまし
た。私の予想では、相当クレイジーなプライスではなかろうか、と。

しばしお待ちを。

405,000円でした・・・。

あーあ。

アウト・オブ・ダークネスのオリジナル盤。これはかつて10万円超で手放したけれ
ど、わりと最近、ムッチャクチャ安くでウチに帰ってきました。ちょっとジャケが傷
んでいるけれど。お帰り。スキマが少しだけ埋まりました。
posted by yu-gekitai at 09:59| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

15日(スキマを埋めてゆく。)

winmail.dat
 レコードとマンガが好きなんですよ。あ、こんなこと書くのは今更ですか。集めて
いるんですね。まあ、ほかにもいろいろ集めましたけど。食玩関係だとかフィギュア
とか。

 で、今はレコードとマンガだけです。それも新しいアーティスト、分野に挑戦とい
うわけではなくて、スキマを埋める作業という感じです。

 特にマンガは、もうほとんどこの世に、買わなくちゃいけないなと思わせられるよ
うなものは残っていなくなってしまっていて、いや、あるんですけれど、欲しくても
もう手を出したくないような高価なモノばかりで、パス、です。

 水木しげる大先生の「怪奇鮮血の目」12万円とか、「墓の町」20万円とか、「地底
の足音」15万円とか、楳図かずおさんの「ガモラ」全3巻揃い12万円とか、古本屋で
見つけても、いくら欲しくったって、買えるわけがないじゃありませんか。

 ですからここ数年は、矢代まさこさんの、単行本未収録の雑誌掲載作品収集に心血
を注いでまいりました。ですからウチの私がいる周辺では、「少女コミック」や
「マーガレット」や「プリンセス」や「りぼん」などの少女マンガ誌からOLさん向け
の「フォアレディ」とかね、古いところでは「ファニー」とかね、山積みですわ。

 矢代まさこ先生の作品は、全部読みたい! でも、単行本は少ない。しかもほとん
ど同じ作品ばかり単行本に収録される。

 それでもまだ残すところ、貸本マンガの単行本7冊(見たこともないものがほとん
ど)、単行本未収録作品の掲載雑誌が40冊くらいもあるんですよ。ボケてるヒマはあ
りませんよ。

 ところで突然に、楠勝平さんのこと。1974年にわずか30歳で亡くなられた楠勝平先
生は、作品数が非常に少ないです。作品集は、月刊漫画ガロの特集号と、単行本「楠
勝平作品集」、その普及版である「おせん」と、「彩雪に舞う・・・」の3冊の、全
部合わせて4冊しかないですよ。これら4冊も、同様の作品ばかりが収録される傾向に
ありますから、漏れている、いわば私たちファン(だれとだれ?)からすると幻の作
品とでもいうべき、単行本未収録雑誌掲載作品も読みたくて読みたくてですね、機会
が(出会いですね)あればなんとか入手したいと願いながら生きてきたので、少しは
手に入れましたよ。というわけで今回、やっと久しぶりで新たに1冊、手に入れまし
たよ(ああ、これが言いたかったのです)。

 今回入手できたのは「出張」という作品(とエッセイが1ページ)。いやあオモシ
ロい。マンガ表現を逆手に取った、ヒネリのききまくったラスト・ページ。あえて、
ラスト・シーンとも、最後のコマとも書きません。二十歳そこそこの人の作品だとは
とても信じられない。楠勝平先生の作品は、すべてそういう高い水準の極みにあるの
ですが。さすが白土三平仙人唯一の弟子。楠勝平先生がそのままずっと描き続けてお
られたら、どんな大家になられただろうか。どんなきめ細かくニンゲンを描く作品を
生み出されただろうか。「彩雪に舞う・・・」巻末の作品リストを見ると、まだまだ
読んだことのない作品が20冊分くらいあるなあ。ボケてる場合じゃないですね。
posted by yu-gekitai at 11:26| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14日(見つけられない。)

 京都駅で降りて、以前サカモッちゃんと沢渡さんと3人で行った、とっても良かっ
た立ち呑みに行こうとしたのだけれど、見つけられないの。

良い仕事をして帰って来たので、いわゆる自分へのご褒美的な気持ちで、まあ安い立
ち呑み程度のご褒美ですが、もう仕事に向かう朝のうちから、終わったらぜひ飲みに
行こうと考えていたのですが。

 早朝にウチを出かけてますから、実は足が痛かったのです。いえ、めったにはかな
いちょっと窮屈な靴で出かけてしまいましたから。だからウロウロ探し回るのは辛い
ので、そのまま、缶ビールのロング缶を3本とカツオのタタキとバッテラを買って、
事務所へ帰り着いてしまいました。足が痛いのに、歩いて。

でも途中、いつもなら歩いているはずの京阪電車の七条駅から清水五条駅(遊劇体事
務所の最寄り駅)までは、たまらず乗車してしまいました。
posted by yu-gekitai at 10:12| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13日(熊取ゆうゆう大学2回目。)

winmail.dat
 熊取町民会館ホールにて。本日は、声、について。

最初の5回で、いや5回しか、基礎的な知識の伝達と訓練の体験をしてもらう時間が無
いので、ジェットコースター的に2時間を走り抜ける、詰め込み主義みたいな感じ。6
回目から台本を持っての稽古の予定ですから。そやからもう、台本のことを考え始め
ないかん。

まあ、毎年のことですけれど。みなさん前向きで今年も良い成果が期待できそうな予
感です。

不安材料は今のところありません。が、人数が多いので、名前がまだ覚えられないの
と、それぞれの個性をまだ把握できていない点かな。基本的に台本はあてがきにした
いので、早く、初参加の方がたのことをもっと知らなければいけない。
posted by yu-gekitai at 09:22| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

12日(腰痛ですが、)

winmail.dat
 最近、調子いいんですよ。ここ2か月くらい。腰痛から、ほぼ解放されています。
残る痛みはもう、10数年も抱え込んでいた痛みの20パーセントあるかないかというく
らいのものです。

快方に向かうにあたって、はっきりとしたキッカケがありました。テレヴィで、これ
をやればほとんどの腰痛は治る、と豪語する先生のストレッチ法を、たまたま見たの
です。

ワン・セット5回くらいを、1日に5セットくらいするとよいのだけれど、テレヴィを
ご覧のみなさんは、どうせやらないでしょ、だから、だまされたと思って毎日1回、
たった1回でいいからやってください、1回やるだけでも、治癒にも予防にも効果があ
ります、と絶対的な自信をもっておっしゃる。

そのいい方がよくって、その日からほぼ毎日、1回から多くても3回、たったの、それ
だけをやり続けておりますと、まさかの、ほぼ痛みがどっか行っちゃったの状態。今
ではブリッジすらできるようになってしまいました。

なんか別に、スポーツや整体系の先生じゃなくって、しっかりとテレヴィを見ていた
わけでもないのでどういう人だったかは覚えていないのですが、お医者さんだったの
かな、いや違うような気もする、ただ東大の教授だったと記憶している、というその
程度しか覚えていないのですけれど。サンキューです。
posted by yu-gekitai at 10:03| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

11日(困っちゃうナ。)

 一日の時間の経つのが早くて困っちゃうナ。やらなあかんこといっぱいあって、追
いつけなくて困っちゃうナ。毎晩お酒が美味しくて困っちゃうナ。
posted by yu-gekitai at 09:16| 京都 🌁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

10日(自作戯曲〈まだ書いていないけれど〉を変換する。)

 台本を書き始めたくてしょうがなくなってしまった。昨夜、遊劇体のミーティング
があったから、それに触発されたか。しかし、私には、〈しなければならないこと〉
がたくさんあって、おいそれとはゆかない。苦しい。

冒頭の台詞とラストを締めくくる台詞が、頭の中で響く。うわあ、どちらも松本くん
の台詞だあ(なんで、うわあ、やねん)。

今まで通りの連作〈ツダ・シリーズ〉のつもりだが、時間軸に沿ったノッペリとした
展開から、大きく様相を崩してみようと考えている。そこにあるドラマを、変換する
方法を模索している。
posted by yu-gekitai at 09:45| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9日(遊劇体ミーティング。)

winmail.dat
 歯を抜かれました。部分入れ歯にするために、生きているジャマな立場の歯が抜か
れました。カワイソウ。予想してましたけれど、今日一日お酒はダメと申し渡されま
した。ガクッ。

 遊劇体のミーティングの後は絶対に宴会ですよ。申し訳ない。案の定、酒のアテ持
参で来た人も。スミマセンデシタ。私が飲めないので、みなさん自粛してくれました
が、飲んでくれてもよかったのにい。

 ミーティングでは、それぞれの活動状況と今後の予定、そして次回公演に向けての
すり合わせ。さらに、来年、再来年の公演についての展望などを。

 まだまだ未定ではありますが、11月に劇団員5人だけによる新作「空のトリカゴ〜
Birdcage In The Sky〜」をTheatre E9 Kyoto にて。おっとこれは未定ではない。そ
して、来年7月ごろに泉鏡花さんの「深沙大王」を、何人かの客演さんを迎えて。劇
場は未定。再来年の7月ごろに新作で「われわれは遠くから来た、そしてまた遠くへ
行くのだ(仮題)」という、亡き友人を追悼する公演を、たくさんの客演さんを迎え
て。あくまで、予定。
posted by yu-gekitai at 09:23| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする