2019年10月31日

30日(告別式。)

 フルカワ氏を見送ってきた。ひとりで献杯。
posted by yu-gekitai at 08:46| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

29日(「空のトリカゴ」稽古14回目。)

 京都芸術センターにて。シーン1の立ち稽古。シーン5はまだ台詞合わせと場当たり
稽古。カメの歩みで進化している。
posted by yu-gekitai at 08:42| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

28日(ええこともあった。)

 小さい原稿、書こうとしたけれど、結局書けず。なんでかっちゅうと、この年に
なってから始めた習い事の稽古があるので、気が気ではなくて集中できない。

で、稽古は、ああ、しんど〜、辛〜。今週中に初舞台だぞ。でも、それで引退するか
な〜。

それとはまたカンケイなく、ええこともあったけど、書くのやめた。またの機会に。
posted by yu-gekitai at 14:47| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

27日(祭礼の余韻。)

 実は、今日もだんじりが走った。祭礼日と同等といえるにぎわいだった。何でかっ
ちゅうと、ある村がだんじりを新調して、魂を入れる儀式だったから。入魂式、って
ゆうのかな。何十年に一回あるかどうかの日である。

 今年の祭りは台風の影響で1日しかだんじりを曳けなかったから、だんじり好きに
はうれしい日だっただろうけれど、ウチの家族は(2名ほど)腹を立てていた。

 警備がなっていない! というか、だれもいない、わけではなくて、それらしき法
被のニンゲンが幾人もいるのに、何にもしていない。浮かれているだけだ。責任の所
在はどこにあるのだろう。もう、ウチの家の前はムチャクチャ。ゴミも捨て放題。火
のついたままのタバコまで。
posted by yu-gekitai at 08:52| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

誤情報だろ。

winmail.dat
 ちょっとフルカワ氏のホーム・ページへ行こうと検索をしたら、窒息死、ってなっ
ていて、見知らぬネット民(?)が騒いでいる。

私が聞いた話では、確かに頭にヴィニール袋を被ってはいたけれど、窒息とはまるで
カンケイないらしいけど(心臓の持病、みたいな)。

客席からも顔は見えていたので、もし呼吸ができなくて苦しんでいたならわかるとい
う状況であったと。穏やかな表情であったと。        

まだ正式な発表は無いはずだ。

 大きな誤情報で汚染されまくっているのではないか?

 私のパソコンへの、ヤクタタズproject斎藤氏からの、フルカワ氏の突然の死を伝
えるメール。その手前のメールも、もひとつ手前のメールも、フルカワ氏からなんだ
よ!
posted by yu-gekitai at 13:26| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

26日(フルカワ氏が亡くなった。)

winmail.dat
 火曜日に一緒に芝居をしたはずなのに。

ヤクタタズ!projectの、フルカワトシマサ’s氏が昨夜、パフォーマンス中に倒れ、
亡くなったと午前中に知ることとなった。

25年くらいも身体パフォーマーを休業していたのに、いきなり舞台に立つ、なんてい
うのは無謀だ。私は、彼の全盛期のパフォーマンスを確か3回観ているが、バカとい
う誉め言葉がピッタリの、滑稽でユルユルのパフォーマンスながらどこかしら暴力的
でもあった。ユルユルに見せながら、たったひとりで演じるわけで、身体的には過酷
なパフォーマンスであった。扇町ミュージアムスクエアで観たものはそうとう危険な
ことをしていた。これは私の記憶違いかもしれないが、舞台上で流血していたような
気もする。脱力的に始まり、暴力的な狂気に至るまでステップを休みなく踏みつづけ
る。

昨夜は、何をしていたのか、何が起こったのかは知らない。不確かな情報だけれど、
舞台上で心不全を起こしたであろうと聞いている。いわゆる心臓マヒというやつか。
狭心症だったとも聞いている。おい、年寄りの冷や水じゃないかよお。

劇作家、プロデューサーとして、推定25年ぶりに舞台芸術の世界に帰ってきて、第2
の人生が始まったばかりじゃないか。

フルカワ氏は60歳だった。彼とふたりで飲んだ時、彼のお父さんも、おじいさんも、
ちょうど60歳で亡くなったので、自分も今60歳、今年は危険な年、自分も60歳で死ぬ
んじゃないかと不安だと語っていたことを思い出し慄然とした。

始まったばかりのヤクタタズ!projectは、今後どうなるのだろう。

合掌。
posted by yu-gekitai at 09:50| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

25日(「空のトリカゴ」稽古13回目。)

 京都芸術センターにて。シーン3、5、6、8の読み合わせとか、場当たり稽古とか。
posted by yu-gekitai at 09:18| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24日(「空のトリカゴ」稽古12回目。)

 京都芸術センターにて。シーン1と2の粗い立ち稽古。少し進化したと思う。良い稽
古でした。
posted by yu-gekitai at 09:14| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

23日(早いなあ。)

 時間の流れのあまりの速さにうろたえます。

知らぬ間にもう、公演前1ヵ月を切っているやないですか。

一日の過ぎ去るのも早いですね。

やだなあと思うのは、現在、定期的に通っている医院は3ヶ所あるのですが、薬の無
くなるのが早い。また、もらいに行かなあかん。
posted by yu-gekitai at 08:25| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

22日(「ヤクタタズ!」公演。)

 きっかり開場3時間前から舞台稽古を開始。ゲネプロなし。あとはぶっつけ本番だ
この野郎。

 まあ、演出者から見たらちょっとしたミスくらいはありましたけれど、良い感じで
終えることができました。それもこれも実力と個性の俳優のみなさん方のおかげ、ス
タッフさんのチカラのおかげ。

 同じ台本でのリーディングを2回くりかえすことで見えてくるというたくらみ(演
出意図)は、まあうまいこといったんではないでしょうかと、思います。

 実際、ヤクタタズ!Projectは、素晴らしくステキなモノだった。フルカワトシマ
サ’s氏の、情熱を越えた執念というものを感じる。

結局のところ、関わらせていただいてよかったと思っている次第。TAaKAさんや千葉
さんや中村さんという稀有なパフォーマーの方がたと知り合うこともできたしね。大
げさではなく、自身の視界が広がったと思う。ありがとうございます。

打ち上げでは、ものすごくお久しぶりに向井千恵さんとお話しできたことがうれし
かった。向井さんのLP、イースト・バイオニック・シンフォニアをはじめ何枚か持っ
てまっせ。
posted by yu-gekitai at 10:15| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21日(「空のトリカゴ」稽古11回目。)

 京都芸術センターにて。松本くんと村尾さんがメインとなるシーン4。

昨日、改訂したばかりでメールで送った新台本なのに、書き変え箇所がすでに俳優の
台詞に反映されていて、内心で感激、感謝。でもまだ台詞合わせと場当たり稽古。

 本日、新聞記者さんの稽古場取材が入った。お客さんがいてもいつも通り、一見ダ
ラダラした稽古で、それが私たちらしいかなと開き直ってマシタ。
posted by yu-gekitai at 09:40| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

20日(ああ、どうしようもなく。)

 昨日の書き直したい症候群についてでありますが、このブログに関しては書き直せ
ないのですよ。メールで送っておしまいハイソレマデなんで。苦渋の思いですよ。

 それから「ありとほし」の新作版は「蟻と星」か「蟻通」かで迷っておりまして、
その迷いが、昨日の文章に、あからさまに出ておりますね。
posted by yu-gekitai at 17:49| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

19日(エンドレスですか?)

winmail.dat
 困った性分です。もう、どうしようもない。

自分の書いたものを目にするたびにに書き直してします。今は「空のトリカゴ」を読
むたびに、稽古のたびに、なんかしらの改訂を加えてしまいます。後で改訂箇所を読
んだら全く良くなくて、元に戻したり。こんなことをやってたらキリガナイと思いな
がらも、どうしてこうも執念深く書き直し続けてしまうのでしょうか。

 その延長で、上演済みの台本さえも、書き直したいという欲求が強くてアキマヘ
ン。

もう「ありとほし」は、頭ン中で書き直し始めています。しかしそれは、書き直しと
いう領域を超えて、全くの新作となってしまいそうです。ですからタイトルは別物と
いう意味で、漢字で「蟻と星」として、なんとか陽の目を見させてやりたいです。も
はや初演版の台本は、自身の作品リストから除外されて、コッチ側「蟻と星」に取っ
て代わられてしまっています。

「蟻通」は男二人の芝居。上演していただきたい劇団があるのですが、まだなんのア
クションもオファーも起こしていません。だってまだ書き(直し)始めてないもん
ね。
posted by yu-gekitai at 12:51| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

18日(「空のトリカゴ」稽古10回目。)

 京都芸術センターにて。

私の稽古参加9回目の日と今日の間で、村尾さんと松本くんの自主稽古がありまし
た。ですが、その内容は本日は披露されず。

本日は、サカモッちゃんと、パンダさんと、クボちゃんと、松本くんが登場している
最初のシーン。

ええっと、シーン・ナンバーは9まであります。それにイントロダクションと、シー
ンの連結部に必ずブリッジが挿入されます。そんな構成です。

ですから今日の稽古は、シーン1のみ。でもね、良い稽古になりましたよ。基本構造
の把握、としてね。4人が台詞合わせをして、場当たり稽古をして、私と村尾さんが
口出しをしながら、6人で詰めてゆくという。

稽古の仕上がりとしては、まだまだ全然ダメですよ。念のため書きますけれど。
posted by yu-gekitai at 18:08| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17日(「ヤクタタズ!」稽古2回目ですが。)

winmail.dat
 私が演出を担当させていただいている「ヤクタタズ!」の稽古。本当は、今日1回
だけの稽古予定だったんですが、以前の打ち合わせの機会に一度だけ稽古をしてし
まっているので、2回目ということになります。まあ、出演者が全員集まっての稽古
は、今日だけですけれど。

 で、もう今日の段階で前売りチケット完売だそうで。

 音太小屋にて。稽古時間は5時間弱くらいかな。昨日一昨日の、お酒を呑んでいる
時間より短いね。でもね、5人の俳優さん、というか今回はパフォーマーさんといっ
た方が良いのかな、みんなステキでオモシロくて、なかなかのもんになってますよ。
ちょっとした演出的な仕掛けもあるので、いろいろな意味で、驚いていただきます。

 稽古終了後、私はヤボ用があって音太小屋を後にできず、先に呑みに行った出演者
の、桃園会モリカワちゃん、ウチのパンダさんに、あとから合流させていただきまし
た。え、今日は何時間呑んだ? 稽古時間よりは短かったですよ。
posted by yu-gekitai at 17:56| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16日(なんというか、宴会。)

 実は稽古予定であったのですが、稽古場を確保できなかった。で、スタッフさんを
招待して、顔合わせという名の、呑み会。

 楽しかったです。結局、芝居に関しての話、はしたのかな、しなかったのかな。
どっちでもいいや。今日は確実に5時間以上だね。6時間以上かもね、飲み続けたの。
posted by yu-gekitai at 17:43| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15日(ああ愉し。)

 飲んだくれてしまいました。もういったい、どんだけ呑んだかしれない。飲と呑、
どっちがぴったりなのか、いっつも迷います。

 呑んだくれて、やっぱり日本酒なら、呑、ビールなら、飲かなあ。

 どうでもいいですね。

 〈松浦酒店〉と、もう一軒にて、5時間は呑み続けましたよ。
posted by yu-gekitai at 17:38| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

14日(・・・。)

 最近顕著になったこと。眠れない。腰痛が復活。以上。
posted by yu-gekitai at 08:41| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

13日(ああ。)

 粛々と自らに課せられた役割をこなす一日。正直ちょっと辛かった、かな。
posted by yu-gekitai at 18:22| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12日(幻想的な空。)

 台風19号とやらで、雨戸を締め切って一日中ウチに籠る。しかし幸いなことに、私
の住む地域は、梅雨時の天気と同じような雨の日、という感じで、風さえも、ほとん
ど吹かなかったようだ。

夕方、空の色が変だ、という声を聞く。表に出てみる。眼を疑うような色彩。淡い
オーロラではないだろうが、空一面、だけでなく空気も、黄色とオレンジ色の中間く
らいの色彩。これは何という現象だろうか。その後、紫色に変化してゆき、最後のム
ラサキも美しかった。
posted by yu-gekitai at 18:21| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする