2021年06月24日

24日(うぎゃー、博多めぐみちゃんの、バチカン大王時代のライヴが見れるなんて。)

winmail.dat
 1989年の夏、たぶん初のワンマンだと思われる。1時間45分、休みなしに突っ走
る。エネルギーがすごいです。博多めぐみちゃんのパフォーマーとしての実力をまざ
まざと見せつけられ、自分の【推し】が、やはりタダモノではない、のっぴきならな
い存在であるというのを、強く実感。心地よい。快感。またまた元気がもらえた。

めぐみちゃんのおしゃべりは、なんか人がよさそう。存在としてポジティヴなんだけ
ど、自己肯定感が低い、そんなように感じられる。それは性格なんだろうな、なんて
ことを思った。かつてテレヴィ番組で子供バンドのうじきつよし氏にいじめられてい
たし。

 1時間45分のステージを(当然ですが)一気に楽しんだ。東京、芝浦インクス
ティックにて。

89年といえば米米CLUBを脱退してからまだ1年後だ。88年の春に辞めざるを得なく
なっての脱退、このライヴは推定89年の夏だから、正確には1年と半年近くは経って
いるか。推定でしかありえないのに正確にはって、矛盾してるね、私。バチカン大王
が、やむをえずバビロン大王と改名してデビューするのが90年の秋だから、まだそれ
より1年以上前のライヴということになる。会場のせいか録音のせいか、轟音のよう
な音の塊のヘヴィーなサウンドで、基本的にはポップ・ミュージックをやるファン
ク・バンド。ベースとドラムスの重低音がはんぱない。まさかのポスト・パンク的
な、インダストリアル、ミニマルなどのアヴァンギャルド・ミュージックの影響さえ
そこはかとなくあったように感じた。キイボード奏者2名のうち女性がデビュー後に
はチェンジしているようだ。この女性奏者のシンセ・ソロ、良かったけどな。

〈音楽性の違い〉という米米CLUB脱退時の表向きのコメントを正当化できる音楽に
なっていたと思う。客席との関係性のつくり方だとかは、米米CLUBの影響を残しつ
つ、演奏で勝負するバンドになっていた。デビュー曲となった必殺の『エロガッパ』
は、まだ披露されていない。ちょっとよく似たリフを持つ曲があったかもしれない。
バビロン大王の演奏で聴きなれた曲も、結構アレンジが違うのでそれもまた新鮮。

後半、サトミさん登場。博多めぐみちゃんよりほんの少し前に、シュークリームシュ
を辞めた米米CLUBのセンターで踊っていたクラシック・バレエの先生だ。めぐみちゃ
んが冒頭からMCで暑い暑いを連発していて、今思えばそれもネタ振りだったのか、扇
子を揺らしての登場で、めぐみちゃんとふたりで〈おせんすシスターズ〉(と聞こえ
た)としてデュエットしたり踊ったりもびっくり楽しかったし、うれしかった。その
ままラストまでサトミさんはずっとステージで踊っていたし、さらに元米米CLUBのマ
ルさんが演奏に参加して米米CLUBの『かっちょいい』を演奏したりと、エンターテイ
メントとして圧巻のライヴだった。

由緒正しい凄いバンドが現れたということになるのだが。ヒットしても不思議じゃな
いくらいの『マッチでDADADA』とか、いい曲もあるのにな。ヒット曲を出してほし
かったな。たぶん、めぐみちゃん推しの方がたみなさんがおっしゃるように、時代が
早すぎたんだと、私も思う。〈メガネっ娘〉、で、実は〈女装ギタリスト〉、を、中
心とした〈ファンク・ロック・バンド〉。平成になったばかりのこの国では、大多数
の日本人は違和感を感じるだけなんだろうな。ご家庭のテレヴィでファンク・ロッ
ク、しかもルックスや歌詞がすこぶるストレンジなやつに夢中、なんてファンキーな
ご家族はいないよね。

個人的にはデビュー後の整然とした、所属事務所レコード会社のなんらかの強制力を
感じさせるバビロン大王より、デビュー以前のこのバチカン大王の音楽の方が、私の
好みだ。荒々しい凶暴性と同時に、めぐみちゃんのとぼけたひとの良さ愛くるしさが
混在しているから。それは米米CLUBに負けないくらい(たとえお手本だとしても)魅
力的だ。

一度見ただけの感想。記述にまちがっている箇所があるかもしれない。博多めぐみ、
というパフォーマーの、今まで知っていたつもり以上の、その実力が確認できてうれ
しかったのだ。
posted by yu-gekitai at 17:07| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

22日(いやあ、博多めぐみちゃん、カッコイイ、かわいい、最高です。)

winmail.dat
 もう、すごいですよ。1990年から1991年の、年越しの名古屋でのバビロン大王のラ
イヴ、そして91年の渋谷クアトロでのライヴ、いずれもテレヴィで放映されたものな
んですけれど、いやあ、私は、昨日今日と、もう、うれしくて、ドキドキしながらの
Youtube視聴。もうね、元気が出る、元気をいただける、それにつきます。めぐみ
ちゃんは超カワイイし、曲は超カッコイイし、演奏はすご腕だし、それと、なんちゅ
うかなあ、曲が良いのよ。バビロン大王時代のめぐみちゃんの曲、パンクでありなが
ら奇跡的なメロディアスさ。米米CLUBでも、ウワサによると、誰でも知っているよう
な初期の超ヒット曲の作曲は、めぐみちゃんらしいし(クレジットでは、作詞作曲・
米米CLUBとなっているようですが)再発見、再評価されるべき、すばらしい、作曲家
です。そして他者には再現不能なテクニカルなギター演奏。ただもうひれ伏すのみ。
それとね、

 名古屋でもクアトロでも、実は、いわゆる舞台上の事故が起きてるの。われわれに
舞台上の事故はつきものだけれど、名古屋では演奏中にギターのストラップがはずれ
るとか、渋谷クアトロでは、マイクが落っこちるとか、しかもどうやら二度も、で
も、それでも最後まで突っ走ってくれるので、少々の失敗など屁でもないのだ、と教
えてくれているようで(いや、本人や、関係者さんはへこんだかもしれないけれど
も)、それはもう、ちょっとした失敗が何なんだと、元気がいただけるのでおます
よ。博多めぐみちゃん大好き、かわいいし、カッコイイし。

 あとね、今日気がついたんだけど、時どき、はるな愛さんっぽく見えるのは、この
時代、めぐみちゃんが、ちょっと、はるな愛さんっぽいのね。少しだけふっくらして
いるといううか。まあ、そういうことですけれど、カワイイもんはカワイイ。

 ちなみに、私の【神推し】は、博多めぐみちゃんひとりですけれど、あえて2番手
を挙げるならば、実は、はるな愛ちゃんなのでした。

posted by yu-gekitai at 22:04| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月21日

20日(うわあ、バビロン大王が。)

winmail.dat
 博多めぐみちゃんの情報をネットで追っているうちに、突如として今まで見たこと
のない、バビロン大王のテレヴィ放映されたらしいライヴ・ステージの動画と出くわ
した。うわあ、やったー。この時期の博多めぐみちゃんの動く姿はあまり見ることが
できなかったので、超ウレシイ。おっとととと、まだあるまだある、MTVというのか
正式なプロモーション映像も含めて、時間にすると合計で90分ほどもある。この2、3
週間のうちに連投でアップされたようだ。やったー。初期の米米CLUBの映像と違っ
て、めぐみちゃんはヴォーカルだから、カメラは基本的に彼女を狙っているので、こ
れまたうれしいぞ。いやあ、元気が出ました。もう、とっても気持ちが晴れ晴れとす
る。

 バビロン大王、ライヴ会場での演奏がメチャクチャ達者ですね。演奏中のカロリー
消費量が半端ない。休みなく跳んだり走り回ったり、たぶん、そういうめぐみちゃん
の演出。ときどき、めぐみちゃんがはるな愛さんに見えてしまう。ふわっとした釣鐘
状のスカートのせいだね。
posted by yu-gekitai at 11:06| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月20日

18日(遊劇体ミーティング。)

 下京いきいき市民活動センターにて。

 次回公演についての打ち合わせ。演出プラン少々、稽古のための仮キャスティン
グ、チラシのことなどなど。なんか、先行きが見えへんから、実感なし。

 呑みも無しで、自然解散。非常にさみしい。
posted by yu-gekitai at 19:48| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月14日

モチロン、

サンク黄ハートフェスティバルの書きまちがいでおます。
posted by yu-gekitai at 20:23| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12日(ロシュフォール姉妹 サンク♡フェスティバルを観た。)

 UrBANGUILDにて。というか、出演しましたのです。半分以上、観客のつもり。出演者のみなさんが素晴らしいですね。とっても楽しかったです。

 打ち上げとかもちろん無いし、お客で来たウチの音響の大西氏とサカモッちゃんと3人で、コンビニで買った缶ビールなどで路上呑み。すみません。でも、久々にお話しができたのも楽しかったです。
posted by yu-gekitai at 20:22| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月11日

11日(明日・・・。)

winmail.dat
 米米CLUBの博多めぐみちゃん、バビロン大王の博多めぐたん、フライビ(フラワー
ズ・オブ・イビル、フラワーズ・オブ・イーヴィル)の博多めぐみお母さんの
Youtubeに、癒される日々です。

 1987年の、たぶんNHKで放映された野外での「元祖シュールダンス」のギター・ソ
ロは、カッコよすぎて、見るたび聞くたびに、鳥肌もの。3回続けて再生したら、3回
とも同じ個所で、鳥肌ですわ。今、これを書いている途中、今さっきね、あらためて
見てもやっぱり、鳥肌。カッコよくてかわいいって最強ですね。

 それから、これは私の落ち度だったのですけれど、Caravanの90年代のアルバム
(CD)で、デイヴ・シンクレアさんの参加したものがあったのを最近になって知っ
て、ビックラして、おっとりがたなで取り寄せましたよ。キャラヴァンの往年の名曲
たちの、アレンジを変えての再録音で、超超大好きなデイヴさんの「ディスアソシエ
イション(日本でつけられた曲名は「分離」やったっけな、曲名としてはイカンです
よなー)」のイントロが聞こえてきただけでもう、感動で涙ぐんでしまいました。
ヴォーカルは、デイヴさんじゃなくてパイさんだったけど。デイヴさんのヴォーカル
で聴けるのは、京都のブルー・アイズで収録されたYoutubeだけ。

 音楽っていいよなあ。

 ちなみに、見ると観る、聞くと聴く、は、使い分けているんですよ。

 ところで明日、久々に舞台の人になります。でも、ひみつなので、どこでやるとか
は、ひみつです。
posted by yu-gekitai at 10:49| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月01日

1日(6月1日ですね。)

winmail.dat
 早いなあ毎日が。こんな感じでゆるゆると死を迎えるのだろうな。もうなにもした
くないなあ。

 コロナ渦中の日日、私はずうっと鬱状態で、ネットで鬱病かどうかの検査をすると
(そういうサイトがある)、すぐ病院に行って医師に相談しなさい、という結論にな
ります。でも私は自分では鬱病ではないと思っています。何かのきっかけで、鬱鬱し
た気分、心の状態になるだけです。病気じゃなくて、心の状態の変化である、という
ことじゃないでしょうか。毎日、夕方からずっとお酒を呑んでます。昨日は、缶ビー
ル(インドの青鬼、最近のお気に入りです)、ホッピー濃い目で2本分、菊正ピンを
コップに2杯。まあだいたいいつもこのくらいです。

 さて6月。昨年の6月はカワムツ(通称ハヤ)は一尾もお亡くなりになりませんでし
た。今年はどうでしょうか。光が当たるとブルーとグリーンの縞模様がすこぶる美し
いです。そのうえオスのアゴから胸にかけては、金魚の赤色、朱色ですか、濃いめの
朱色の婚姻色が1年中出ています。背びれにも赤い点があります。尻びれが異様に大
きくなり先端が黄色に色づきました。いちばん大きなメスのお腹が不自然に膨らんで
きています。オスに刺激されて卵巣が発達してきたのでしょうか。もう水槽の半分近
くの体長になってます。大暴れです。13歳くらいだと思うのですが。ネットで調べた
ら寿命は7年と書いてあるのに。自然界と天敵のいない水槽内とでは異なるのでしょ
うか。長生きしてます。あやかりたいですね。

 ええっと、本日、新型コロナウイルスのワクチン接種の予約を完了。受付5分前の8
時55分に電話したらつながった。ラッキー!
posted by yu-gekitai at 13:51| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする