2017年04月04日

2日(シンポジウム『劇場の33年と未来』。)

 午前中に阿倍野のキューズモールに寄って、ジュンの財布を受け取る。ゲーム機の
上に置いたままにして帰って来たのである。届けてくれたどなたか、ありがとうござ
います。帰りはイコカなので、財布がなくっても帰れます。最近ジュンは、ナンバや
梅田や天王寺などへよく遊びに行くのだ。それから、まだ午前中だけれども、瓶ビー
ルを1本飲んで京都へ。

 アトリエ劇研にて、シンポジウム『劇場の33年と未来』に出席。パネラーなんです
が、自分がパネラーにふさわしいニンゲンじゃないような気がして気がすすまない。
まあ対岸から感じたことをおしゃべりするしかないのかなあなどと考えつつ。しかし
まあ、パネラーの人数に比して時間が短く、しゃべりたいこともしゃべれずあっけな
く終了。失敗したなあ。このままでは私は、アトリエ劇研に思い入れもなにもないオ
トコとしての印象しか残していないじゃないか。大好きな空間なのに。私にも変節が
あるのです。しかも客観的な考察については何もしゃべっていないし。遠藤さんとの
ことをもう少しだけしゃべりたかったなあ。しかし外様感ハンパない。このままここ
にいてはいけないと思い、モヤモヤをいっぱい残したまま、すばやくアトリエ劇研を
去る。その後、独り居酒屋の私でした。
posted by yu-gekitai at 10:20| 京都 | Comment(1) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな時はお誘い下さい。京都からご自宅へ帰る途中に、鳳と言う駅があります。私たちのデイトの場としてGoodな位置関係だと思います。
Posted by ひさかっちゃんです。 at 2017年04月04日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック