2018年03月26日

25日(深津演劇祭後夜祭に行った。)

 なんとなく、おつかれさんパーティーのようなものだと思っていたら、舞台に立た
される(正確には席に着いている)ではないですか。仕方なく(うそ)しゃべりまし
た。ひとつ悔やまれるのは、大きなマチガイ。ここで訂正させていただきます。

 私、3作品、深津氏の書き下ろし戯曲を演出させていただいた、といいましたが、
ウチへ帰ってよおく思い出しますと、5作品でした。「のたり、のたり、」、「のに
さくはな」、「数列」、「ある漁師のの話」、「ぶらんこ」。後の3作品はいずれも
短編です。「数列」は、『中島陸郎を演劇する』として上演、「ある漁師の話」と
「ぶらんこ」は、『あやかし〜三題〜』として上演されました。

 打ち上げは、私の好きじゃないお店でしたが、楽しかったです。最寄りの駅から歩
いて帰ったのですが、足が痛くて痛くてもう、辛かったです。
posted by yu-gekitai at 13:24| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]