2018年06月13日

11日(「ほたる」稽古5回目、そして「楽屋」稽古6回目。)

 左京西部いきいき市民活動センターにて、ピーアンドエー「ほたる」の稽古。シー
ン4とシーン5の、粗い立ち稽古。「ほたる」は5つのシーンからなる1幕ものでおま
す。台詞のやりとりが複雑、難解な気がしてきて、その場で台本を改訂してもらう。
ごめんなさい。せっかく覚えてきてくれているのに。すみません。

 痛い足腰を、何ともないようなふりをしながら、三人娘「楽屋」の稽古場へ。身体
の中は苦痛に歪んでいる。天王時の一心寺シアターにて。初日は8月末なのに、すで
に通し稽古。台本を手放している人、台本を手放せない人。戯曲の良さもあって、稽
古を見ていてもオモシロイ芝居だなあと実感できる。、なかなかの出来栄えになりそ
うな予感。まあ、そんなときこそ油断禁物でもあるのだけれど。本日は私、飲酒せ
ず。痛いから、早くオウチに帰りたいの。
posted by yu-gekitai at 18:16| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お大事に。6/24 行きます。
Posted by ひさかっちゃんです。 at 2018年06月14日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]