2018年10月23日

21日(「女の国・イッポン」。)

winmail.dat
 舞台稽古1回、そして本番。芝居自体は、地元の神様にささげる壮大なる〈言祝ぎ
のお遊び〉、という位置づけなので、何が起ころうとも大丈夫、正々堂々としていれ
ばよいので心配は無いのですが、お客さん来てくれるかなあと、不安で仕方のない
私。

 ですが、1時間ほど前から、ポツリポツリとお客さんが来てくれ、すぐに客席を増
席をするということになりました。良かったです。結構長い芝居でしたけれどね、1
時間半くらいかな。終了後のお客さんのホコホコした笑顔がうれしかったです。来年
もあるなら参加したいという方もおられましたし、主催者側からも好評価のようで、
ホッといたしました。

 〈さぬきや〉での打ち上げも楽しかったです。あっという間に6時間が経っていま
したか。びっくり。
posted by yu-gekitai at 09:12| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆さん大変ご苦労様でした。ゆうゆう大学の方々も、2年目、3年目の人もいて、自信を持って演じていたし、遊劇体の面々も力強い演技でした。何より、打ち上げの楽しかった事が、皆さんの満足感の現れでしたね。来年へのスタートを切ったばかりです。来年の演目は、やはり、くまとろ町でしょう。
Posted by ひさかっちゃんです。 at 2018年10月23日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]