2019年02月02日

31日(演劇大学 in 大阪2018 に行った。)

 「〈えん罪〉を語る・問う・観せる」の第3回。〈えん罪事件を描くというこ
と〉、講師は映画監督の金聖雄さん、聞き手は劇作家の石原燃さん、ドーンセンター
にて。えん罪被害者の「不運であったが不幸ではない」といコトバに、ニンゲンとし
ての奥深いドラマを感じた。
posted by yu-gekitai at 09:47| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]