2019年02月08日

7日(号泣マンガ。)

winmail.dat
 私にとって泣ける音楽といえばデイヴ・シンクレアさんの曲(特に「ビトゥイー
ン・アス」)や、デイヴさんもメンバーであったキャラヴァン(特に「ナイトメ
ア」)だ。そういえば、と今日読んだ本で、私にとって泣けるマンガがというのがあ
ることを、再認識した。例えば、楳図かずおさんの「わたしは真悟」の第9巻と第10
巻は、泣きながらページをめくった。たぶんそのことは、このブログにも記したこと
がある。そして今日読み返したマンガも、読むたびに号泣なのである。案の定、ある
コマでスウィッチが入ってしまい、最後のページまで号泣である。私はそれを掲載雑
誌で、そして2種類の単行本で持っている。楠勝平さんの「ゴセの流れ」。号泣ス
ウィッチが入るのは私だけなんだろうか?

 今日読んだ本は「彩雪に舞う・・・」(青林工藝舎・刊)。600ページもある分厚
い本。いちばん最後に収められている本のタイトルになっている「彩雪に舞
う・・・」もまた、私にとっての号泣マンガである。明日読んでまた泣こう。
posted by yu-gekitai at 09:41| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]