2019年03月02日

1日(上演不可能。)

 また夢で芝居をみた。村尾や、たっくんや、パンダさんや、サカモッちゃんや、ク
ボちゃんががもう、堂々たる演技で、大観衆のお客さんを魅了している。私も魅了さ
れている。どんな風にしたらこういうことができるのかワカラナイ美しい照明。手の
込んだ舞台美術。劇場空間がそのまま野外劇に転じ、さらの場面が変わって、透明な
光輝く湖の中で演じられる。その前には松本くんが下半身だけ衣装を着替えわすれて
出演するという珍事もあったが、そんなことはものともしない。上演中にもかかわら
ず舞台でなんかトラブルがあったのか、菊谷がなにやら俳優たちに指示をだしている
声が飛ぶ。それで壊れるようなやわなエンゲキではない。それらみんなを呑み込んで
エンゲキであることの凄さが伝わる。泉鏡花さんの未発表新発見の戯曲の上演だ。な
んとも幸福な夢をみたものである。
posted by yu-gekitai at 10:01| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとも、夢芝居。
Posted by ひさかっちゃんです。 at 2019年03月07日 09:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]