2019年04月14日

13日(夢で体験。)

 東京の、ある実力派劇団の、稽古場を見学する、という夢をみた。その劇団は、実
際に存在するのだけれど、まあ、私のアタマの中の、夢ですから。その、稽古をして
いる芝居の、演出的な〈場の取り方〉のユニークさ、俳優たちの〈取り組み方〉、
〈立ち姿〉、〈発語〉、すべて遊劇体だった。知らぬ間に、遊劇体のメンバーも、そ
の劇団の稽古に参加している。そら、私に向かって台詞が飛んできた。しどろもど
ろ。

ただ、ひとつ大きく違うのは、さすが実力派劇団、俳優たちが自信に満ちて、輝いて
いるのと、なによりも、遊劇体より世帯がバカでかいから、空間全体がダイナミック
にうねる。うらやましい。
posted by yu-gekitai at 09:47| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]