2019年09月07日

5日(巨大クモ出現。)

winmail.dat
 手のひらサイズです。しかも素早い動き。テレポートというんですか、テレポー
テーションっていうんですか、まるで瞬間移動してしまいます。奇跡の瞬発力を駆使
して一発捕獲。家族がいやがるので、庭に放しました。

 調べてみたらアシダカグモという種類で、ペットとしても人気だそうで、ヤフオク
でも高価で出品されていますね。ゴキブリが好物らしく、その家のゴキブリを完全駆
逐してから、ほかのゴキブリの住む家へと移動し、またその家でのゴキブリが全滅す
るまで、わらじを脱ぐらしいです。時には小型のネズミすら捕まえるらしいですよ。
なんだ、すごく良いやつじゃないですか。それにしてもすごいね。

 家にアシダカグモがいるということは、必ずゴキブリがいるということらしいで
す。確かにいます。

 アシダカグモ、ちょっとペットとして飼ってみたいな。脱皮をして徐々に大きく
なっていって、8年くらい生きるらしいですよ。マユミさんが言うには、脱皮した抜
け殻のようなものがあったこともあるそうですし、庭に放ったのより小さめのサイズ
の子分らしきやつらもいるらしいです。
posted by yu-gekitai at 10:58| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごきぶりさんを食べて貰えるなら家に居て欲しいですね。
Posted by ひさかっちゃんです。 at 2019年09月07日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]