2019年11月21日

18日(小屋入り。)

winmail.dat
 Theatre E9 Kyotoへは以前、道に迷い、ものすごく辛い思いをした記憶がある。不
安に駆られながらも、やはりそれは、的中。それに、急に襲ってきた身体の痛みが辛
さに輪をかける。電話で私の居場所を連絡しながらパンダさんに迎えに来てもらって
やっと到着。

 今日は仕込み、照明のつり込み、明かりつくり、音響チェックなどで、特に私のす
べきことは無いけれど、初めての劇場というのはやはり刺激的だ。良い空間だと思
う。さらに楽屋が素晴らしい。畳敷きの空間で、青空の下、という感じ。

そして、象徴的な舞台美術は、なかなか良いものになった。実は、そんなものいらな
いとかなり抵抗したのだけれど、これでよかった。佐野くんありがとう。良い舞台美
術です。

 お昼くらいからもう、身体が痛くて痛くて、移動するのもおっくうで。痛み止めの
薬を3種類飲んでるけど効かん。なんかこう、公演期間中に身体が不調になることが
多いような気がする。

 事務所には、青息吐息で脂汗を流しながらという態で帰り着くが、事務所に落ち着
いて気が付いたら痛みはほとんどなくなっていた。神経の病はどうにも不可解であ
る。
posted by yu-gekitai at 02:25| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]