2020年01月29日

27日(ウイングフィールド福本さんの受賞お祝い会へ行った。)

winmail.dat
 『福本年男さん「ニッセイ・バックステージ賞授賞お祝い会」』へ行った。味園ユ
ニバースビル・宴会場 味園にて。

 あらためて福本さんの存在が、私たちにとっていかに大きくありがたいものであっ
たかを認識しなければならないし、感謝の念をより深く心に刻まねばならない。

 ところで私であるが、私は最低である。お昼に冷酒を呑んだ。ナンバに早く着きす
ぎて味園に行くまでに途中で立ち呑みで呑んだ。呑んで呑んで呑んだ。すでにヨッパ
ライである。

 以下はワタシごとでスミマセン。私は特に演劇界でなんかの功績があったり、ほめ
らたりされるようなことをできたためしのないオトコだ。それだけじゃない。今更一
匹狼を気取るわけでもないが、演劇の世界でのつき合いも狭いし、つるんでなにかを
やるような仲間付き合いもできないし、していない。実際関わることがあっても、い
つも一歩も二歩も後ろに下がっているつもりだ。私の世界は、基本的に、遊劇体、だ
けだ。だけ、なんである。

 ところが、むやみに年齢を重ねてしまったためであろう、今日のような席で、登壇
してスピーチをするという立場になることが多くなった。まあ来月はシンポジウムの
司会者二本立てだったりするんだけど。それはカンケイない、置いといて、司会のス
テキな俳優さんから、祝辞かなんかのスピーチで私の名が指名されたとき、いや事前
に受付でヨッパライのあたまの中でそのことを受諾していたのだけれど、その呼びあ
げられる自分の名を聞いたとたん、私じゃいけないと考えてしまった。もっとふさわ
しい方々がこの会場に何人も何人もいらっしゃるはずだ、なんでオレなんだ、とアタ
マのなかでパニック症状を起こしてしまった。

 ろくなコトバをも発せられなかった。福本さん、私の登壇を設定してくれた諸先
輩、私のくだらない漫談にお付き合いさせてしまった会場のみなさんに、スミマセン
と頭を下げたいです。はなはだしい自己嫌悪。私が、私より当然ふさわしいと、ヨッ
パライの頭の中にフラッシュバックされた方々は、その後に、堂々と登壇された。そ
のことを予想、想像できなかったというウカツさもあった。

 私は、いかにして今いる演劇の世界からフェード・アウトしてゆこうかと考えてい
る、と、このブログにも過去2回くらい書いたと思う。ずるい物言いだが、私の思う
フェード・アウトは、遊劇体と、遊劇体のためになると思える、あるいはズバリ、や
りたい考える作品創りだけを、こっそりひっそりとやれる環境で暮らす、ということ
だ。きっとフェード・アウトは夢物語で、何も変わらず今のまま、世俗にまみれて
やってゆくのだろう。それでいいとも考える。それはあきらめではない。私にもうら
はらな気持ちがあることを認めざるを得ないからだ。

 例えば、なんて説明する必要もないだろうけれど、現時点での私は、私の理想とす
る環境だ。演劇に関わっていない期間、例えば遊劇体の稽古が始まる6月までは、私
は完全にフリーだ。演劇の世界ではなく中古レコード屋古本屋である(こっちが本業
だい)。ところがだ、そのフリーな期間、演劇に関する日常から隔離されている時間
に、演劇に関するものなり記事なりに接すると、悔しくて悔しくて、芝居がやりたく
てやりたくてたまらなくなる、という病気が発症するのである。早く自分の芝居がや
りたくて気も狂わんばかりになるのである。因果なハナシでおます。ずるいどころか
うそつきだね。

 ああ、もっとちゃんと授賞のお祝いの挨拶ができればよかった。反省である。大反
省。さらにオマケで、登壇にふさわしい方々のアスピーチの最中、ヨッパライとして
大声でしゃべっていて、叱られました。高校生の時のまんまですな。これもまた大反
省です。

 そんな私ですが二次会にも出席させていただきました。パンダさんにJRの終電で京
都へ連れて帰ってもらいました。そのまま京都で、3時半くらいまでだろうか、もう
時間の観念が消失されておりましたが、延々呑んでおりました。それもまた反省で
す。小反省。

 へこんでいる場合じゃない、こんな失策を今後決してしないように、もっとちゃん
とした大人にならなければいけない。そのことを学ばせていただいた。

 福本さん、ウイングフィールド関係者のみなさん、8月にお世話になります。実験
劇場として使用させていただきます。前代未聞の会場の使い方をさせていただく構想
です。無茶を言います。いままでどおり懐深く、私も含めて表現するという病に憑か
れた者たちを暖かくお見守りください。
posted by yu-gekitai at 08:57| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]