2020年07月31日

31日(もはやこうしようではないか。)

winmail.dat
 東京で稽古中の現場からクラスター。関係者40~50名中、20数名の妖精さん、あ、
ちがう、陽性さん。もうあかん。と、一瞬は思った。その瞬間、わかったよ、こうす
ればいいと覚悟ができた。



 遊劇体次回公演『われわれは遠くから来た、そしてまた遠くへ行くのだ』の制作お
よび上演方法。



 いわゆる稽古はしない。演出者と俳優、および演出者とスタッフの打ち合わせは
しっかりとやる。台詞は覚えなくていい。台本を持ったままやる。台本に向かって台
詞を吐く。上演中はマスクはしたまま。最低限聴きとれる程度の小さい声でよい。全
セリフの終了後は、もちろんマスクは、はずした方がよい。俳優は一切観客に向かい
合わない。登場退場以外は俳優同士が円になって座っているままだ。観客はその周囲
に距離をとって。換気扇は廻す。ただし台本上はドアの開放は開演後2回のみしか可
能ではない。さあ、これでちゃんと違和感なくやれる台本を書こう。上演時間は、極
度に短くして60分前後。(ただし台本は本来必要だったはずの90分程度のものにする
かもしれない。上演に当たっては大胆に細部を切り捨て、短くしてしまおう。もしく
は時間と格闘しているかのような早口でもいい。いや、そうしよう。それがいい。そ
ういう演出であるように工夫しよう)。

 どうだ。このやり方で進もう。出演者・スタッフに体調の悪いものが出たら、潔く
即行、中止することをいとわない。中止を想定内としておくこと。ネット配信の公演
とか、いやだ。それは芝居じゃない。

 たぶんもう、劇場じゃなくても、どこででも上演できるぞ。そんな公演になるで
しょう。
posted by yu-gekitai at 10:47| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイデアどんどん出て、新しい在り方が生まれるのかも、でも早く終結して、元通りの古き良き時代に戻って欲しい。
Posted by ひさかっちゃんです。 at 2020年07月31日 12:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]