2021年01月08日

7日(鬼痛。)

 あらためて病院で鬼痛の診察を受ける。

腰痛を原因とする神経痛。動脈硬化による痛みではないらしい。

確かに、動脈硬化による痛みの特徴であるという、ふくらはぎの痛みはなく、下肢の
痛みは脛骨と筋肉の付け根あたりだし、何より腰の右側が鬼痛なのだ。もうひとつ動
脈硬化による痛みの特徴である、休むと痛みが消えるということもない。しゃがんで
休むと、体重がモロにかかっていない分、わずかに楽になってさらに歩行をしつづけ
る、という状態である。

ちなみに私は、若いころ(若いころ特有の病気だが)オスグット・シュラッター病を
患っていて、俳優の世界に入ってからも、厳しい肉体訓練・基礎練習では、人知れず
痛みに耐え苦しんでいたのですよ。
posted by yu-gekitai at 14:20| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]