2021年01月16日

16日(『空のトリカゴ』について。)

winmail.dat
 この忌まわしい新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言下において(緊急事態宣言
が忌まわしいわけではないよ)、熊取ゆうゆう大学演劇講座の2月7日の発表公演『空
のトリカゴ』が中止となった。

が、しかし、年度内3月31日までの範囲で延期の可能性を残してくださった。本日は
この緊急事態宣言下であるが、開け放たれたホールという空間で、受講生(イコール
出演者)のみなさんと、今後の協議をさせていただいた。

結果、できるならば公演をやりたいという受講生のみなさんの熱意の強さにより、延
期ということに決定した。そしてそれを、熊取町側が、快く引き受けて下さった。さ
らに来年度も引き続き、演劇講座開催の依頼をいただいた。ああ、熊取町教育委員
会、感謝感謝、ありがとう。

あと3回稽古をして、4回目には発表公演という予定だったので、もうだいたい芝居は
出来上がっていたのだ。

で、宣言開けに、1回の自主稽古と、2回の稽古を経て、3月14日(土)に発表公演を
することに決まった。

チラシも日付を変えたものをすぐに作って頂けることになった。広報誌には、中止と
いうことでひとまず記事は消えたけれど、ひと月延長されたことによって、あらため
て次号に掲載していただけることとなった。ありがとう熊取町。

でも、それでも、このコロナ禍の収束する気配のない今、無事に公演までたどりつけ
るようにと、自らが予防に留意し、願い祈るしかないのだ。
posted by yu-gekitai at 17:57| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな時だから、こんな時なのでへこまずに頑張ろう。延期で実施出来るように願っています。
Posted by ひさかっちゃんです。 at 2021年01月18日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]