2022年06月13日

12日(劇☆派、あらためY劇場さん。)

 横須賀の劇団、Y劇場の祭山寸花さんと五月女ナオミさんに京都でお会いした。30
年ぶり? ちゅうくらい、いつ以来のことだかわからない。遊劇体は一度だけ、横浜
で公演を打ったことがあって、そのとき、当時の劇☆派のみなさんに、並々ならぬお
世話になったのだ。懐かしいなあ。お変わりなくホッといたしました。昔と変わらず
表現に対して精力的な感じで、おふたりとも、カッコいいです。改名にはまあ理由が
あったでしょうけれど、それはまあ聞かないことにして、Y劇場というのは、ヨコハ
マ・ヨコスカの劇団そのほかにもいろいろ意味があるそうで。

 おふたりが京都にいらっしゃったのは、五月女さんの歌手としての活動の一環で、
来月京都でイヴェントがあるその宣伝活動のためでありました。竹内浩三という夭折
の詩人の残した詩に曲をつけたもの。以下、私も宣伝活動をさせていただきます。



 7月1日から9日まで、

 「竹内浩三 紹介展示」

 於:ムーレック(北区等持院南町12-3)

 午前11時から午後6時まで(水木休み)



 7月9日(土)

 「語りと詩の朗読で綴る 竹内浩三の世界」

 於:ムーレック 

 午後2時より

 入場無料ただし要予約(Tel 075-462-3311 ムーレック)



 7月10日(日)

 「五月女ナオミ[歌を届ける旅] in 京都」

 同時上演

 「構成朗読詩劇『ろくねん』」

 於:Ailes エルスタジオ(中京区麩屋町竹屋町下ル笹屋町453 Tel 075-203-2933)



いずれも、主催・劇団Y劇場(090-5545-3691)
posted by yu-gekitai at 13:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック