2020年01月22日

21日(ああ、不安感。)

 なんか知らんけど、得体のしれない不安感にさいなまれている。なんか知らんけ
ど、とここには書いたけど、自分では、その理由がわかっている。
posted by yu-gekitai at 08:40| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

20日(ダメなやつ。)

 私のことです。ダメなやつ。パソコンとの仕事でいつも失敗してしまいます。ま
た。やっちゃいました。ヘコむほどたいしたことではないですし、すぐにクリアでき
ましたからよかったのですが、冷や汗ものですわ。

 パソコンに対して、いつもビクビクしている私。そんなだからパソコンに舐められ
るのですね。
posted by yu-gekitai at 08:38| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

19日(観戦三昧。)

 ある対戦を観に行きました。残念。こういうこともあるさ。初めてだね。負け越
し。2勝3敗。コウちゃん、次はやったれ。
posted by yu-gekitai at 09:38| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18日(前進座を観た。)

 二日続けての観劇三昧でおます。

 「人間万事金世中」作・河竹黙阿弥、演出・小野文隆、南座にて。改装になった南
座に行きたかったんだ。で、基本は一緒だね。もっと大幅に変身を遂げているのかと
思ってた。

 台本は、日本初の翻案ものだそうで、原作は、河竹黙阿弥と同時代のイギリスの作
家エドワード・ブルワー・リットンの「マネー」。日本で初めて翻訳された小説も
リットンの「アーネスト・マルトラヴァーズ」とその続編「アリス」だそうで、さら
ににリットン調査団の団長は孫にあたるそうで、日本と縁があります。

 最高にオモシロかったです。楽しかったです。前進座の俳優さんたちは、立ち姿が
美しいですね。老後はこんな芝居とか、昨日のロルカみたいなゴッツイのをもっと観
たいですね。若い方たちの独特な感性の芝居には私、付いて行けないのですよ。今年
は観客としては、小劇場からさらに遠ざかるでしょう。芝居をさせていただくのは小
劇場なんですけどね。

いや、違う、小劇場でこういう芝居がもっとあればよいのだ。遊劇体はそんな、ある
意味正統派の、演劇の歴史に根差した芝居を、斬新に、アヴァンギャルドに、やろ
う。て、もともとそうじゃんか。何をいまさら。
posted by yu-gekitai at 09:34| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17日(関西芸術座を観た。)

 今年の初観劇でおます。昨年はここ30年以上で、つまり芝居を観はじめてからで、
いちばん観劇数が少なかったのではないでしょうか。今年はさらに減るかな、どうか
な。

 「ベルナルダ・アルバの家」作・フェデリコ・ガルシーア・ロルカ、訳・牛島信
明、演出・松本昇三、ABCホールにて。

 ロルカの3大悲劇はね、ずっと以前から、観たかったので楽しみでおました。凄い
ですね。こんな戯曲は書きたくないですね。と思うくらい凄いですね。演出はしてみ
たいけれど、こんな戯曲は書きたくない。怖いです。とはいいつつ、ロルカ、好きで
す。観客席が凍り付きますね。最高です。

ロルカの詩をもとにしたレコードも、持っておりますよ(また自慢かい)。ジョー
ジ・クラム作曲の「子供たちのいにしえの声」てゆうの。2枚持ってたので、1枚は
売ってしまいましたけど。メゾ・ソプラノとボーイ・ソプラノで歌われるロルカの詩
集です。愛聴盤でおます。
posted by yu-gekitai at 09:01| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

16日(淡々と。)

 日々何事もなく。ついでにお金もないから出かけない。中古レコ屋の業務に励ん
で、売り上げも上々だが、今は出てゆくお金ばっかしで、自分のお小遣いとしては使
えない。コンビニで缶ビールを買ったり、自販機で缶ビールを買ったりするくらい
だ。
posted by yu-gekitai at 09:20| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

15日(淡々と。)

 日々を過ごしております。中古レコ屋業務は楽しい。うっかり次回公演のことすら
忘却してしまう。しっかし、世の中には、良い芝居、オモシロい芝居がたくさんある
んですな。悔しいですな。しっかりやらなあきまへんな。
posted by yu-gekitai at 08:53| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

14日(淡々と。)

 日々が過ぎてゆきます。もう1月も中旬ですか。日一日と生命を減らしてゆきます
ね。今年も熊取ゆうゆう大学の演劇講座をやらせていただくことになりました。詳細
未定。これから決めてゆきます。
posted by yu-gekitai at 09:13| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

ひさかっちゃんさま。

 ちょっと今度、いや、近々、フォークルの話題で呑みましょうや。ホント、大好き
でした。まさか、ひさかっちゃんさまもとは、全然知らんかったよお。

 『悲しくてやりきれない』とか『青年は荒野をめざす』とか『水虫の唄』とか
『風』とか『さすらい人の子守歌』とか『花嫁』とかも好きだけどもう、聴き過ぎて
しまったから。

 あとレアな曲では『雨』が好きです。
posted by yu-gekitai at 18:39| 京都 | Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13日(フォークル。)

 フォークル関係の40曲ほどを聴いたんですけどね、フォークルというのはフォー
ク・クルセダーズ。加藤和彦と北山修と端田宣彦。小学6年生の時の憧れでした。
フォークル以外に、加藤ソロ、はしだのりひことシューベルツ、はしだのりひことク
ライマックス、ジローズなどまで。

 今となっては、北山氏の歌詞は、若気の至りだと思いますが、小学生の私にはドン
ピシャでしたね。懐かしい。やはり加藤氏、端田氏の曲が良い。

 今でも好きでときめくのは『花のかおりに』と『ひとりぼっちの旅』これはNHKみ
んなの歌ヴァージョンの方が断然良いね、それと『あの素晴らしい愛をもう一度』や
な。もう、これら3曲だけでいいや。

 旅、戦争、青春、ひとりぼっち、ふたりだけ、荒野、風、夕焼け、花。
posted by yu-gekitai at 09:14| 京都 ☀| Comment(4) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

12日(あかんことないか。)

 新しい薬物を投入して、風邪が一気に快方に向かいました。快方実感、よしっ。

 風邪でしんどかったので、できる限り出歩かず、安静を心がけておりましたので、
腰痛が楽になり、痛み止めになる飲用薬物も、貼り薬も、塗り薬も、不要となりまし
た。やった、よしっ。

 でも、なんだか、体力、筋力がなくなったような気がします。弱気、陰気、病気、
イワキ(イワキてだれや)。
posted by yu-gekitai at 17:44| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

11日(あきまへんわ。)

 風邪で気分が良くないですから、ちょっと立ち呑みか居酒屋に寄ってから帰ろうか
なと思っても、やめてオウチに帰ってしまいますわ。
posted by yu-gekitai at 10:00| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10日(あきまへんなあ。)

 まだ治りません。風邪がしつこいですね。こじらせてます。喘息みたいな咳で、周
囲を脅かしております。鼻水もキツイ。熱は微熱程度です。
posted by yu-gekitai at 09:50| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9日(遊劇体ミーティング。)

winmail.dat
 今年初のミーティング、ということは、つまり新年会ですか。幸先よく、会合直前
にご近所さんからの日本酒の差し入れもあり、しかも念が行ったことに、絶妙のタイ
ミングでおました。

 ある理由で、最初の乾杯は(ミーティングのはずやったんちゃあうんかい)日本酒
でと、決めておりまして、ところが、日本酒担当の松本くんが例によって30分ほど遅
刻するという連絡が入って、乾杯ができないじゃないか、日本酒が無くて乾杯などで
きるわけがないだろ、どうしてくれるんだ、とみんなが大騒ぎをしているさなかで
あったのです。ありがとうございます。

 ミーティングでは、次回公演のキャスティングについて、もう決定しなければとい
う、いやいや、遅いくらいのタイミング。実は、個人的にこの方、と内心で決めてい
た方にコンタクトをとっていたのですが、8月は演出する舞台があるということで、
出演不可能に。で、誰に、という候補を、個人的に絞っていたのですが、Sさん、Sさ
ん、Mさん、Hさん、Fさん、ミーティングでは、全く別な考え方を提案して、受け入
れていただきました。

 新たな客演さんを頼まずに、松本くんの役を消してしまい、その方の役の年齢を10
歳ぐらい若くして松本くんの役とするということで、一件落着。

 さらに、日替わりゲストの出演依頼に関してはまだ、その余地を残しておく、とい
う感じで。

 男4人、女4人の芝居として書きます。久々の客演さんは、条あけみさんと、木嶋茂
雄さんどす。
posted by yu-gekitai at 09:46| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

8日(ううう。)

 頭の中では次回作のことばかり考えていますよ。バカみたいに。で、すごい良いも
のになるぞ、という期待と歓びと、アカンこれをカタチにするのは無理だ失敗する、
という不安と挫折感とに、交互に揺れ動いていて、なんか居ても立っても居られない
ような、爆発したいような精神状態になってしまいます。
posted by yu-gekitai at 10:02| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

7日(いつまでたっても。)

 ずっと病人ですよ。風邪はいったんは、ほぼ治ったのです。でも、治りきる寸前か
ら、症状の異なる風邪になりました。同じなのかもしれないけれども。発熱と、たぶ
んそれによるしんどさと、鼻水だけの症状だったのが、今は、熱は平熱もしくは微熱
でしんどくはないのですが、咳、のどの痛み、そして相変わらずの鼻水と倦怠感、と
いう感じです。咳は喘息のごとくひどい状態です。
posted by yu-gekitai at 10:24| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

6日(それでもやっぱり不安だ。)

 昨日はイキガッタことを書きましたけど、実際のところは、不安なんですね。だか
らそれを吹っ飛ばそうと、あんな書き方になるわけですね。自身の気持ちを奮い立た
せるというか。そうしないと、私なんぞは、新作に挑めないのですね。

 実はもう2枚目(400字詰め原稿用紙に換算すると5枚くらい)まで書いてますよ。
梗概ですけどね。不安は増大します。ホントにこれで大丈夫なのか。まだまだ、本格
的に、一気に書き始める予定の4月アタマまで、試行錯誤する不安の日日が続くので
すよ。いやいや、その後も、書いている最中も、書きあがる直前も、書きあがって読
み合わせした時も、稽古中も、ずっと、実際のところ、不安との戦いです。
posted by yu-gekitai at 09:55| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

5日(ワクワクさん。)

winmail.dat
 次回公演のことを考えるとワクワクしてたまらないです。自分ではもう、ものすご
くオモシロくてオモシロくて。凄いものになりそうで。

エンゲキにおけるひとつの発見があって、なんでこんな単純なことに気付けなかった
のだろうと、気付いた後だからこそ思います。たぶん、世界中のどこかで、だれか
が、いつかは知らんけど、やったことの先例があることだろうとは思いますが、そう
いう、仕掛けの強烈な、芝居です。その部分を昨日のブログでは、力業(力技はマチ
ガイ)、と称しましたが、早く台本を書きたくてウズウズしています。

実はサブ・タイトルが大きな意味をもつのですよ。「ガンマンの話その他」。これに
ついては、芝居を観終わるまで(台本を読むまで)気づくことはできないと思いま
す。まあ、気づく必要もないですが。

3年前に熊取ゆうゆう大学の発表公演で上演した『雨山黄金伝説』と、ツダ・シリー
ズの第5作『往生安楽国』の主要テーマが、一体となり、菊谷高広を偲び、さらにす
べて死者を鎮魂するエンゲキ。

スイッチをオンするだけでラスト・シーンが私の脳内劇場で上演され、感動で涙して
しまいます。
posted by yu-gekitai at 09:51| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

4日(決まりです!)

 朝、目が覚めてからもずっと考え込んでいたわけです。まあ、一日のほとんどの
(ひとりでいる)時間がそうでしたけれど。まとまりましたわ。頭の中で、ですけれ
ど、トータルに、ストーリー(のようなもの)の流れが。どんな芝居になるかが。も
う箱書きしようと思えばできますわ。まだしないけど。ラスト・シーンのカッコよさ
に号泣しました。ラストは女性たちの台詞で終わるかな。3月いっぱいまで熟成させ
よう。

 サブ・タイトルを付けることにしました。



『われわれは遠くから来た、そしてまた遠くへ行くのだ〜The Gunman And Other
Stories〜』、です。やたら長いですね。



登場人物は男5名、女4名です。ウイングフィールドという空間を最大限に意識したエ
ンゲキになります。だいたい『空のトリカゴ〜Birdcage In The Sky〜』と同じくら
いのサイズの芝居です。90分くらい。もうちょっと短いかも、という感じです。もの
すごい力技の芝居になりそうです。ならざるを得ません。『のたり、のたり、』に続
いて、また、ウイングフィールドで常識をくつがえす反則技全開でやらさせていただ
きます。

それで、ええっと、ゲストの方に参加していただくというのは、すみません、無くな
ります。エンゲキ時間の緊密度というか強度の方を優先させました。ですからお声が
けさせていただくことをあらかじめお話させていただいておりましたEさん、Aさん、
Sさん、Sさん、Hさん、ごめんなさい、赦してください。
posted by yu-gekitai at 11:35| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3日(ふう。)

 長らく敷きっぱなしになっていた布団を今朝やっとたたみましたよ。初布団片づけ
です。

 まだまだ体調は思わしくはないですが、ご飯が美味しいと思えるようになりまし
た。

 おかげさまで足腰は良くなりましたが、まだ左側を向いてしか寝られません。天井
に向かっては、立てひざにしないと痛いです。右側を向いても右足をどうにか工夫し
ないと痛いです。

 さらにおかげさまで、本当に大丈夫かいなと心配の種であった次回台本について、
熟考できる時間をいただきまして、いよいよアイデアがまとまってきましたよ。あり
がたいこってす。
posted by yu-gekitai at 11:04| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする