2021年04月06日

4日(劇団往来を観た。)

winmail.dat
 「ヴェニスの商人」作・ウイリアム・シェイクスピア、訳+演出・神澤和明、近鉄
アート館にて。シンプルにコンパクトになったヴェニスの商人。劇場空間が巧みに使
われている。テンポがあり隙が無い。余韻など無用とばかりにぐいぐい観客を心地よ
いドラマの世界に引き込んで行く。コロナ禍における公演の喜びが充満した、祝祭の
ようなものだった。特にポーシャ(星吹彩翔)とネリッサ(永井凜)に魅了された。

この戯曲については、いつのどの時代にもある根本的対立構造が明確にすぎる。戯曲
ではそれが放置されているように思えるが、いざ、演出するとなった時、どのように
対応すべきか、絶望的な困難さに立ち向かい合わねばならないと感じさせられるのは
私だけだろうか。私なんかが手を付けてしまったら、のっぴきならない暗い芝居にし
てしまいそうだ。

 近鉄アート館は、モダンで幾何学的で、ある意味奇妙な空間。この空間で鏡花さん
の戯曲に挑戦してみたい、なんて思う。

posted by yu-gekitai at 08:51| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

29日(『遠くから遠くへ』千穐楽。)

 1日の時間の経過が早い。1か月の時間の流れも速い。早くて速い。ああ、楽しかっ
た。みなさまお疲れさまでした。ありがとうございました。いろいろ、いろいろ、い
ろいろな方々に、感謝です。昨年12月から、怒涛の日日でありましたが、ここでひと
まず、ブレイクをとらせていただきます。
posted by yu-gekitai at 10:27| 京都 | Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

28日(『遠くから遠くへ』3日目。)

 昨日に続き本日もまたマチソワ2回まわし。すでに私は演出者ではなく、完全に観
客と化した。めっちゃ、オモロイわあ。呑みに行けないのは無念であるのだが。
posted by yu-gekitai at 22:44| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

27日(『遠くから遠くへ』2日目。)

 結局私は、正統派ではないのだ。こんな突飛なやり口が好きなんだなあ。もう、演
出者ではなく、観客として楽しんでいる私。

 ほんとはもっと、この芝居の本質的なことを作者として、このブログで語ってもよ
いのだろうけれど、うん、単純に、観ていてオモシロイ、が先に立つのだ。

 どんな芝居かはまだ、足を運んでいただいたお客さん以外にはばれていないよう
だ。そのことが大きい驚きであり、新しい表現の世界であるのかもしれない、との思
いから、劇団員のみなさんに、次の公演もこれで行く? と、問うてみたら、みんな
いやな顔をした、ように感じた。

いや、いけるで。

 観る側としてはもう、3分も経たないうちに、全然違和感なしでおます。それがや
り口のひろまらない理由だ。もう普通なんだもん。文楽は文楽として普通に観るで
しょ。それと同じですよ。
posted by yu-gekitai at 02:52| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

26日(ゲネプロ、そして本番。)

ゲネプロを観て、やっぱり私はオモシロかったな。いつもながらのことですが、時間
を持て余すほどなので、休憩時間とか長すぎて、楽しい。なんなんだこの余裕は。

とかいってても、アレレという間に初日幕開け、壇蜜、あんみつ、アンミカの3密を
避けての客席で、満席でおました。ありがたいことです。私は、とってもオモシロ
かったです。でも、もしかしたらポカーンとしてしまったお客さんもいらっしゃった
かも。もうばらしてもいいのかな。どこかに暴露されてるだろうかな。うーむ。バカ
な演出でしょ。超、開き直りですよ。どうだこれで。コロナのバカやろう。

呑みには行けないけれども、楽屋でこそっと缶ビール。ウマい!
posted by yu-gekitai at 02:53| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24日(小屋入り。)

 奇妙な舞台だな、なんて自分で思った。そうして反則技の演出。プロレスのリング
なら、即、反則負けが宣告されちまいます。

 20時過ぎに予定されていた作業がすべて終わったので、場当たり稽古までしてか
ら、予定よりも2時間近く前に解散。呑みは厳禁となっているわけでして。

 明日の入りも、ゆるゆるで。
posted by yu-gekitai at 02:50| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23日(『遠くから遠くへ』稽古23回目。)

 本日は最後の稽古。とうとうマスクをしたままで全部の稽古をした。明日小屋入
り。
posted by yu-gekitai at 02:50| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

25日(場当たり、そして舞台稽古。)

 うーむ、ゆったりとした時間。また、いちから場当たりをやって、限りなくゲネプ
ロに近い舞台稽古もやって。それでもまだ時間が余ってますか。
posted by yu-gekitai at 02:41| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21日(『遠くから遠くへ』稽古21回目。)

 なかなかにシンドイ稽古でございますが、なんとか無事に(?)終わったようで。
posted by yu-gekitai at 02:40| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20日(『遠くから遠くへ』稽古20回目。)

 稽古には違いないが、作業をしているという感の方が強かったりして。明日も続
く。
posted by yu-gekitai at 02:40| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22日(『遠くから遠くへ』稽古22回目。)

winmail.dat
 まあ、このような稽古は私も初体験でして、私はまあ、ワクワクするほどオモシロ
いのですが、お客さんのなかには、受け入れがたいと思う方もきっといるでしょう。
そのことを想定内として、コロナ対策に便乗した演出は、今しかできない表現領域を
解放してくれたわけです。
posted by yu-gekitai at 02:31| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

19日(『遠くから遠くへ』稽古19回目。)

 台詞を丁寧に、という稽古。明日からの特殊な形態への、流れとして。
posted by yu-gekitai at 02:21| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

18日(『遠くから遠くへ』稽古18回目。)

winmail.dat
 呑みすぎて記憶をなくしている時にしでかしていることで身体じゅうが痛い。ただ
でさえ腰痛が痛いのに、さらに生傷が7カ所、打撲が2カ所ある。

 フライング・ニール・キック、トップロープからのダブル・ニー・ドロップなどを
放ったような記憶がよみがえってきた。アトミック・ドロップで切り返されたり、と
どめはパワーボムを食らってる。私、受け身が上手いので大事には至っていないので
す。

 おっと、本日の稽古は衣装を着けての通し稽古、ドレリハでございました。ランニ
ング・タイムは1時間26分でおました。
posted by yu-gekitai at 21:33| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17日(『遠くから遠くへ』稽古17回目。)

 一昨日から、稽古場でなにに重心を置くかということにおいて、方針を転換した。
なかなか大変ですね。私は出演者にすまないと思っています。でも、そうしないとア
キマヘンのです。
posted by yu-gekitai at 21:22| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16日(『遠くから遠くへ』稽古16回目。)

winmail.dat
 やはり自分の所属する劇団の稽古は、気楽ということではないですけれど、楽しい
し、充実感があります。

 ところで、酒の上での大失敗が露見。記憶がないほど呑んでしまったのでした。一
昨日のことです。ウレシクてね。正確には昨日の未明。今回の大失敗は、ひとつ間違
えば官憲の世話にならなければならなかったようなことで、ただただ運が良かったと
いうだけのことです。私、酔っぱらってあんなことをしでかしていたんですね。た
はっ、全然記憶がない。マユミさん多大なる迷惑をかけてしまいました。すみませ
ん。
posted by yu-gekitai at 21:06| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15日(『遠くから遠くへ』稽古15回目。)

 着々と進んで行きますが、うん、この芝居を演じるのは、ちょっとムツカシイです
ね。すみません。
posted by yu-gekitai at 21:03| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14日(『空のトリカゴ』公演。)

winmail.dat
 熊取ゆうゆう大学〈俳優・演劇〉講座第5期生の発表公演。たった1回だけのステー
ジ。ゲネプロの出来栄えが非常に良い。気になったところがあれば受講生たちが積極
的に改善してゆく。平均年齢60歳台前半くらいでしょうか(失礼)。みなさん若々し
い。

 お客さん、予想をはるかに上回る。うわあ、こりゃあすごいや。遊劇体のみんなや
条あけみさんも来てくれたぞ。出来栄えはもう、これ以上を望んだらバチが当たるで
しょう、というくらい。拍手喝采、歓声も上がったぞ。ブラボーって叫んでくれたの
かな。私、うれしくてうれしくて。

 ただ残念なのは、遊劇体のみんなは公演を控えて、感染症予防対策の一環で、打ち
上げには参加せず一緒に呑めなかったこと。ああ、またみんなで呑みたいなあ。

 参加希望者だけで打ち上げ。楽しかったです。呑みすぎてへべれけになってしまい
ました。6月19日から第6期の講座が始まります。5月から募集が始まると思います。
発表公演は10月3日で、私は受講生の顔ぶれを見てから、発表公演のための新作を書
く予定をしております。

 
posted by yu-gekitai at 21:03| 京都 | Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13日(『空のトリカゴ』稽古10回目。)

 素晴らしい集中力。2ヵ月と2週間の空白期間中に、みなさん、台本を読み込んでく
れていた。毎日お風呂で発声練習を欠かさなかった方は、張りのある声に。スピード
感、良し。間、良し。積極的に自ら考えて行動する。いうこと無し。何も心配はいら
ない。うれしくて仕方がない。

 もしかして私の指導が良いのでしょうか。
posted by yu-gekitai at 20:39| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月12日

12日(そして『空のトリカゴ』は。)

 熊取ゆうゆう大学〈俳優・演劇講座〉発表公演

 『空のトリカゴ〜Birdcage In The Sky〜』

 作+演出・キタモトマサヤ

 出演・講座受講生のみなさん

 3月14日(日)

 14時開演(開場は13時30分)

 熊取町町民会館ホール

 入場料無料

 観劇申し込み不要(ただし入場定員140人)



 明日の突貫稽古、そして明後日本番だあ。
posted by yu-gekitai at 20:32| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11日(『遠くから遠くへ』稽古14回目。)

 通してみる。90分ちょうど。短くも長くもならないだろう、という感じ。
posted by yu-gekitai at 20:24| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする