2024年04月17日

16日(『微風の盆』を2枚書いた。)

遊劇体次回公演の台本『微風の盆』を2枚書いた。6枚になった。400字詰め原稿用紙
に換算すると15枚だ。なんとなくこのまま書き進めていてよいような気持ちになっ
た。今から気になるポイントポイントがあって、そこをうまくクリアーできるか、が
モンダイだな。まあ、なんとかなる。いや、なんとかするのですけれど。

1日で2枚(400字詰めで5枚)書いたらギヴアップですわ。

明日は、台本に向かう余裕のない日。
posted by yu-gekitai at 12:41| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月16日

15日(『微風の盆』を2枚書いた。)

2枚書いて4枚になった。400字詰め原稿用紙に換算すると10枚。内容的には、このま
ま書き進めてよいのか、まだ不安な状態。

35枚で完了を予定しているので、このペースで2枚づつこなしてゆくと18日間で完成
する予定。稽古始めかいつなのかまだわからないが、4月30日までには、台本書きに
費やせそうな日は、10日間しかない。ってことは、稽古開始までに、単純計算で24枚
までしか仕上がらないということか。がんばらねば。
posted by yu-gekitai at 12:04| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月14日

14日(『微風の盆』をやっと書き始めた。2枚書いた。)

4月30日までに書き上げるつもりで、3月に入ったらおもむろに書き始める予定だった
のに、今日この頃になって切羽詰まった状態になって、やっとのこと書き始めた。全
く書ける気がしなくなっていたのだった。

5月ごろから稽古が始まるとして、もう日数がない。次回公演のためのミーティング
の招集がきて、追いつめられる状態になったら、今朝、目覚めて、朝食を食べるより
以前に書き始めていた。えらいことゲンキンなものだ。

なんとなく2枚書いた。次回ページを広げた時には気に入らなくて、全部捨ててしま
うかもしれないが、ようやっと400字詰め原稿用紙に換算して5枚。

おぼろげなる終了予定枚数は35枚、原稿用紙88枚。特に理由はないが、なんとしても
上演時間を80分くらいにしたい。サッと初めてチャッと終わる、という感覚。
posted by yu-gekitai at 18:41| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月22日

21日(『青春ジャック 止められるか、俺たちを 2』を観た。)

winmail.dat
2024年、若松プロダクション、脚本+監督・井上淳一、シネ・リーブル梅田にて。

映画に自分の青春をジャックされたひとたち。映画が好きで好きでたまらない人間の
その衝動は、だれにも止められない。タイトルを翻訳するとそんな感じ。映画愛にあ
ふれた、これは青春映画。若いふたりだけでなく、監督も支配人などいい大人も青春
まっしぐらだ。ラストがファンタジーと化すのも賛否があるかもしれないけれど、私
は良しとしたい。あの世からの誘いに応える若松孝二監督の哀愁。絵としてカッコい
いシーンだった。

凄い映画ではないかもしれないが、良い映画だ。寅さんみたいに。



私は、87年末か88年の初頭に、若松孝二監督と仕事をさせてもらったことがある。私
の人生における宝物の時間のひとつかもしれない。打ち合わせかなにかで、まだ移転
して間もない同志社大学の京田辺キャンパスまで連れてゆかれて、そこの学食でたし
か、五目そばをごちそうになった。宿泊のホテルの部屋では、当時は見てはいけない
(?)郵便物を見せていただいて、ヘェーッと驚いた記憶がある(映画のなかでは、
電話でのアレ関係のものだ)。今でもその時にいただいた(買ったような気もする)
サイン入りの「俺は手を汚す」が、何度も読み返されて、書棚にある。
posted by yu-gekitai at 11:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月17日

17日(こんな夢をみた!)

映画のタイトルじゃないです。

こんな夢。もう来週にも大学入試の受験日が迫っている私。問題集を解いてみるが、
ほとんどワカラナイ。いまさら勉強するにも、もう日数がない。なにも手が付けられ
ない。途方に暮れる私。

目が覚めて納得。なんでこんな夢をみたのか。大学入試、を、台本書き、に、置き換
えてください。



いや、台本は書けるんですよ。書き始めていないだけ。書き始めないうちに、さらに
また、書こうとしている内容に大きな変化がありました。もはやストーリーは無く
なってしまった。ストーリーもない独白ばかりの内容なのに、60分でまとめるつもり
が90分くらいのサイズになってしまった。アタマのなかではですけれど。ホントにど
うなるのか、不安が大きくて、書き始められないのです。フィクション!
posted by yu-gekitai at 08:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16日(熊取町文化ホール・公民館竣工記念式典に参加した、そしてこけらお通し公演を観た。)

winmail.dat
レッド・カーペットに上がってテープ・カットとか、紹介されて登壇しての一声あい
さつ、とか。来賓として招かれました。文化会館開館事業アドバーザーという人とし
て。こっぱずかしかったです。実は昨晩、泥酔の上、どこかに激突! 顔面に9セン
チの裂傷、全身打撲、立つのも座るのも歩くのもやっと、という状態で、辛かったで
す。もう酒は呑みません。

こけら落とし公演は、まずは第一部、能楽「高砂」式典後、観客の目の前で、平台を
べた置きで組んで、能舞台と橋懸りを作っていました。その行為をさらすということ
は、とてっも良いことだと思いました。裏方さんの仕事をね。できあがったものは、
遊劇体の舞台と同じやないかいっ、っと自分の中でツッコミを入れておりました。

電動式のセンター振り分けの幕が綴じて、仮設能舞台をバラしたあと、第二部は、和
太鼓のグループによる演奏、大阪体育大学ダンス部の演技、地元のバレエ教室の発表
という流れでした。痛がる身体をかかえつつ、楽しい時間でした。

熊取町文化ホールの愛称は、キテーネホール、公民館のそれは、かむかむプラザ。キ
テーネホール、席数382、観客席も心地よく、観やすいい空間、奥行きもあり、舞台
袖も余裕がある。でも、演劇やるのはどうかな、という気配、理由は、・・・まあ、
いいでしょう、問われれば答えます。
posted by yu-gekitai at 08:26| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月11日

10日(劇団第一主義を観た。)

winmail.dat
『いかけしごむ』作・別役実、演出・沢渡健太郎、スタジオ・ガリバーにて。

別役さんの芝居はムツカシイ、ということが、小劇場の世界では定説になっているら
しい。私も、そんな言説を聞いたことが確かにある。でも、なぜか演ってみたくな
る。そんな戯曲なのだろう。あ、こんなことを書いている私は、役者デビューが『堕
天使』。それから『雰囲気のある死体』を養成所の発表公演で演出したこともある。
どんなに手強いかは経験済み。たくさんの残念作も観てきた。

沢渡さんの演出は、さすがに手堅く、戯曲に張り巡らされた陥穽からは巧みに逃れて
いて、観やすかった。そして、わかりやすかった。この戯曲をして、わかりやすかっ
た、と言わしめるということは、別役作品演出の、まれな成功例といってよいのかも
しれない。

ああしていればダメだったろう、こうしてしまったら散々なものになったろう、とい
う次元からは軽々と飛翔してみせてくれた。
posted by yu-gekitai at 09:39| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月27日

26日(『ストレンジャー・ザン・パラダイス』を観た。

84年、アメリカ+西ドイツ合作映画、脚本+監督 ジム・ジャームッシュ。

ラウンジ・リザーズのサクソフォーン奏者、ジョン・ルーリーが主演と音楽(ただ
し、作曲された音楽はクラシカルな弦楽四重合奏)、元ソニック・ユースのドラ
マー、リチャード・エドソンと、たぶん映画デビューとなる新人(実は有名なアング
ラ劇団の演出家の娘さんだそうだ)の3人で奏でられるコメディといえばいいのか
な。愚かしくももどかしい恋愛ものといえるかもしれない。

モノクロで、ワン・シーンを忠実にワン・カットで、そしてカットごとにブラックア
ウト(舞台でいう暗転)して、時間を重ねてゆくという構成が、ステキだ。すぐにそ
のテンポが心地よいものになってゆく。3つのパートに分かれているので3幕ものと
いう感じである。

実は当時は素人だったはずの、俳優陣が素晴らしい。無駄な演技は一切していないの
に、雄弁に心情を語っている。ストーリーもシンプルだ。だからとても理解しやす
い。リチャード・エドソンはそのまま俳優に転向。ウィキペディアで調べると、アク
ター、ミュージシャンという順なっていて、俳優業の方がメインとなっている。

大作でもない、ドラマチックでもない、素朴ともいえるほどシンプルな作り。しか
し、つくづく良い映画だと感じ入った。

5年後の「ミステリー・トレイン」に俳優としても出演することになるスクリーミ
ン・ジェイ・ホーキンスの、1956年のヒット曲で、スタンダード・ナンバーとなって
いる「お前を呪ってやるぜ(私が勝手にそう意訳しているだけで、I put a spell on
you という曲名です」が、テーマ曲として流れているのもうれしい。
posted by yu-gekitai at 09:26| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月30日

29日(『裸のランチ』を観た。)

winmail.dat
1991年、イギリス+カナダ合作映画、原作 ウィリアム・S・バロウズ、脚本+監督
デヴィッド・クローネンバーグ。翌1992年の日本での公開時に映画館で観ている。パ
ンフレットも大きなポスターも持っている。映画がオモシロかったので購入したので
はない。映画の宣伝のお手伝いをして、もらったのだ。招待券で観た。この時期から
何年間か、いくつかの映画の京都上映の、制作のお手伝い的な役割をしていた。

初めて見た時の印象は、よくできた映画だと思ったが、自分とは距離のある、共感で
きない映画という印象だった。

〈なめくじ酒場〉で上演されるので、あまり期待もせず、ホッピーや冷酒を呑みなが
ら観た。32年ぶりに観た今回は、ストーリの流れがはっきりと見えた。原作はさてお
き、つまらないハナシだと思った。麻薬中毒者主観の映画だから共感のしようもない
し、ツッコミどころも多い。原作者の分身が『裸のランチ』という長編小説を完成さ
せる、という物語であるからして、芸術を創造する過程の神秘性を描いたといえなく
もないが、32年前の、確か三条河原町の朝日シネマで観せていただいたときと、全く
同じ印象だけが残った。
posted by yu-gekitai at 11:10| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月28日

23日(『白昼の通り魔』を観た。)

1966年、松竹映画、原作 武田泰淳、脚本 田村孟、監督 大島渚。犯罪をあつかった
ドラマだけど、ミステリーという感じはしない。犯人と、犯人と関係を持った2人の
女との、三角関係のひりひりする心理劇。農村と都会の対比、生き残る者と死んでゆ
く者。死を選びながら2度も生き残った主人公の、生命力の力強さが、戦後の日本の
新しい風景とつながるのかもしれない。

テンポの良い展開、カットバックの多用、異常なクローズ・アップ、モノクロ映像の
光と影、鏡の意味ありげな使用など、演出が尋常でない。
posted by yu-gekitai at 16:07| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22日(『ミステリー・トレイン』を観た。)

winmail.dat
1989年、アメリカ映画、脚本+監督 ジム・ジャームッシュ、89年のカンヌ映画祭
で、最優秀芸術貢献賞というのを受賞している。

構成がオモシロく、3組の登場人物たちのそれぞれの出来事が、オムニバス形式で描
かれるのですが、各3つのストーリが同時進行しており、お互いに影響しあうという
カラクリ。ただ、ドラマとしては、そんな大した内容ではないように私は思った。

俳優として、スクリーミン・ジェイ・ホーキンスやザ・クラッシュのジョー・ストラ
マーが出演しているし、音楽はラウンジ・リザーズのジョン・ルーリーだし、エル
ヴィス・プレスリー(工藤夕貴がファン)、カール・パーキンス(永瀬正敏がファ
ン)、サン・スタジオ(エルヴィスやカール・パーキンスが録音したスタジオ)など
も、ドラマのちょっとしたピースになってはいるし、音楽映画としての要素もある。
夜のメンフィスのうら寂しさに郷愁がつのる。

私は、スクリーミン・ジェイ・ホーキンスがわりと好きでLPも持っていますが、「お
前を呪ってやるぜ」はカッコいいですし、「便秘のブルース」は爆笑もの。みなさん
(いったい誰?)、よかったら聴いてみてください。
posted by yu-gekitai at 15:03| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21日(『全身小説家』を観た。)

1994年、疾走プロダクション、監督+撮影 原一男。キネマ旬報1994年度ベストワン
日本映画作品賞第1位。原監督の前作があの『ゆきゆきて、神軍』なわけであります
から、ある予感めいたものを感じながら2時間37分を観るわけです。その予感は徐々
にそこここに姿を現し始め、大きな疲労感とともに観終えることとなるわけです。オ
モシロい映画だった。だけど、もう一度観たい、とはならない、私の場合は。

主人公の不気味さばかりが漂い続ける映画なのだ。自分の経歴をフィクションで粉飾
して、自作の小説や詩の根幹の部分をそのフィクションに委ねている。業のきつい人
だなあと思うけど、そう思わされるのもまた〈嘘つきミッチャン〉によるフィクショ
ンに踊らされていることになるのかもしれない。私は小説家井上光晴は、好きになれ
ない、というより、怖ろしい。
posted by yu-gekitai at 13:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16日(『イージー・ライダー』を観た。)

1969年、アメリカ映画、製作 ピーター・フォンダ、脚本 ピーター・フォンダ+デニ
ス・ホッパー+テリー・サザーン、監督 デニス・ホッパー。すでに何度か観ている
のであの衝撃のラスト・シーンは知っている。それゆえか、うら寂しい気分で観た。
悪い意味ではない。

一般人の異物(ヒッピー)を見る目がすごくいやらしい。『七人の侍』の百姓が、侍
を見る目とどこかしら似ているようにも思われた。一般人の方が社会的に強い存在で
あることがこの映画の悲劇性だと思う。

何度見ても、主人公たちがなぜマルディグラを目指すのか、私にはわからないまま
だ。それもまた彼らが望んでいる自由と同じで、意味などないのかもしれない。
posted by yu-gekitai at 12:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月15日

13日(遊劇体新年会。)

遊劇体事務所にて。スタッフさんに、ゲストは『なんじゃ主水』で出演の孫高宏さ
ん。17時半くらいからボチボチ呑み始めて、ああ、いつも通りの深更まで。

楽しかったですけれど、私、苦しくなって、明け方、ゲロ吐きしました。久しぶりで
す。
posted by yu-gekitai at 17:02| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月12日

11日(『イレイザーヘッド』を観た。)

winmail.dat
1977年、アメリカ映画、脚本+監督 デイヴィッド・リンチ。日本公開時に映画館で
観ているのだが、指折り数えれば43年も前、二十歳代前半でのことである。同時期に
観た『ストーカー』(アンドレイ・タルコフスキー監督)とともに、私の愛する生涯
ベスト2の美しい映画である。ベスト3にするならば、少し遅れて観た、やはりタルコ
フスキー監督の『ソラリス』が加わる。

『イレイザーヘッド』は(『ストーカー』も『ソラリス』も、だけれど)音楽もまた
素晴らしく、インダストリアルなノイズ音楽のさきがけでもあるだろう。サウンドト
ラック盤LPも、後にアメリカのレコード店で発見し、購入して日本に持ち帰った。

映画館ではパンフレットも購入した。今はどこにあるのかはわからないけれど、倉庫
のどこかにあるはずである。情報量の少ない、たいしたパンフレットではなかった記
憶があるけれど。

デイヴィッド・リンチ監督の『エレファントマン』が大ヒットしたので、その前作で
ある『イレイザーヘッド』が、あわてて日本公開されたように思う。カルト映画のな
かでも最高なその内容を知らずに配給契約したようで、公開前に、そのとんでもない
内容を知ることとなったであろう映画配給会社が、宣伝もせず人知れず日本公開した
ように思う。推測ばかりですみません。いや、『エレファントマン』をダシにした宣
伝はしていたか。

結局、単独でのロードショーでは無理との判断だったのだろう、もう1作品B級SF映画
との併映での公開だったように記憶しているのだが。そのもう1作品は、タイトルも
思い出せないくらいツマラナかった。実際、どうしても思い出せない。つまりは、そ
のツマラナイ映画を観に行って、ついでに観たのが生涯ベスト3になった『イレイ
ザーヘッド』だったわけである。

〈なめくじ酒場〉さん、上映ありがとう。何度見てもステキな、ステキすぎる映画で
した。『ストーカー』と『ソラリス』もやってください。

posted by yu-gekitai at 15:43| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月03日

2日のつづき(『七人の侍』を観た。)

1954年東宝映画、脚本 黒澤明+橋本忍+小国英雄、監督 黒澤明。

何度観ても圧倒的に凄い映画。百姓と武士との、結局は相いれない存在の虚しさ。ニ
ンゲンの狡さ、悲しさ、そしてやさしさ。志村喬さん演じる勘兵衛、宮口精二さん演
じる勘兵衛が、やたらとカッコいい。三船敏郎さんの菊千代さんがやたらと三枚目な
ところもまたいい。
posted by yu-gekitai at 15:53| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月02日

2日(次回作『微風の盆』の、メモにもならない覚書。)

winmail.dat
深夜2時に目が覚めてしまって、無意識のうちに布団の中で、『微風の盆』という芝
居について、モノガタリの流れだとか、枝葉となることども、そして演出のプランだ
とかを練り込んでいた。2時間くらいかけてラストシーンまで到達して、ラストの台
詞と絵について納得できるものが見つかったので、安心して、二度寝をしてしまっ
た。そして、もう今は、覚えていない。どうしても思い出せない。

新しい発見があった。

私の役者としての出番は、ほぼ無かった。登場人物5人でも充分にまかなえる。キャ
ストにはならぶことになるだろうけれど。

主人公の性格を大きく変えた。そちらの方が良いだろうと判断して。それによりラス
トまでの流れも変化したのだった。うん、なんとなく思い出してきたぞ。書き始める
までに、こういう時間をたぷりとアタマのなかで繰り返す。脳内劇場での上演と言っ
たらよいのかな。熟成させる、ってことかな。

登場人物、南から来た女マリア、場末の酒場に舞う夜の蝶、タカラヅカ男役のトップ
スター鳳れん、プロボクサーのカシヤス・クレイ、セーラー服の少女、伝承奥山音頭
名人。役名を並べただけで思いっきりアングラだなあ。でも、実は、俳優の演技にお
いては、いつもどおりのままだと思うので、だから、アングラじゃないんだ。やっぱ
り、どんな役を演じようともフェイク・リアリズムと様式性だな、遊劇体の演技は。

上演時間は70分以内が目標。5月1日くらいから書き始めよう。
posted by yu-gekitai at 09:21| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月01日

1日(謹賀新年。)

winmail.dat
あけましておめでとうございます。と、書き込みながら、はて、どなたに向けて新年
のあいさつをしているのだろうと、不可解な気持ちになる私です。

昨年は2作品も新作公演ができたし、幸せな年だったです。しかしコロナ禍が終息を
迎えつつあるとはいえ、物価高騰、政治家の悪徳の露見(そもそも信用なんかしちゃ
あいないけれど)など、私の住む国では、経済も政治も、なんだったら芸術も、最悪
に等しいです。外に目を向ければ、人間同士の殺し合い、領土の奪い合い、地球規模
での気候の急変など、もう最悪なことになっております。

私の住む国、住む星は、重篤な病に冒されているようであります。全治することはあ
り得ないでしょう。手遅れです。余命幾らか、です。せめて家族親類友人知人の健康
と幸せを祈るのみです。

今年の遊劇体は、7月に『微風の盆』という新作を予定しております。会場はいつも
どおりTheatre E9 Kyotoです。久しぶりにフェイク・リアリズムから遠ざかって、西
部講堂でやっていたころのような、(見た目は)いわゆるアングラ演劇に立ち返りま
す。(見た目は)と記したのは、それでもアングラじゃないと言い張りたいからで
す。アングラ劇団と呼称されるのに違和感を覚えるからです。

私を含めて劇団員のみの出演で、まだ台本に取り掛かっていない段階ですが、私もフ
ル出演の予定です。まあ、どうなるかは定かではありませんが。本年もどうぞよろし
くお願いします。

まだ年賀状は、一通もしたためておりませんです。
posted by yu-gekitai at 11:16| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月30日

29日(『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』を観た。)

winmail.dat
1990年、イギリス映画、脚本+監督 トム・ストッパード、1990年ヴェネチア映画祭
グランプリ(金獅子賞)受賞作品。

1966年に初演された戯曲を作者自身が映画化。シェイクスピアの『ハムレット』を、
超端役で登場する(登場していないに等しいのだが)ローゼンクランツとギルデス
ターンのコンビふたりをを主人公にして、ドラマの裏側からみたら、という作品だ。

主人公のふたりの会話が、事情が呑み込めないままに無駄に(ということではないん
だろうけれど)進行してゆく。それがジョークだったり、ダジャレだったりするもの
で、ドラマに入り込むのがしんどい。原作が舞台作品だからだろう、台詞の洪水であ
る。哲学的なことを会話しているんだろうかと、ふと思ったりもするが、どうもその
主人公ふたりは、あまり利口ではない人物のようだ。

ストッパードについて調べてみたら、

「哲学的主題を扱う観念的なものであるが、言葉遊びと明瞭なユーモアと哲学的観念
が結合するところに特徴がある。駄洒落、ジョーク、その他さまざまな言葉遊びを組
み合わせた複雑なせりふ回しが、ストッパードの特徴である。また過去の作品のパロ
ディの愛用もストッパードの作劇法の特徴」

とあった。特徴、特徴と並べ過ぎじゃないかと思うが、うまいことその特徴をあらわ
していると思う。

で、映画の感想はというと、オモシロかった、となる。もう一度観たいと思う。台詞
は(あくまで日本語字幕での、だけれど)好きではないけれど、衣装や美術をはじ
め、アンサンブルを主体とした俳優たちの演技、演劇的な演出が素晴らしく、うっと
りと見惚れてしまった。『ハムレット』が土台としてあり、そのうえに映像美があ
る。

繰り返し鑑賞することによって、この映画のオモシロさが倍加してゆくのかもしれな
いという予感。
posted by yu-gekitai at 10:03| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月24日

23日(『パーフェクト・デイズ』を観た。)

winmail.dat
2023年、日本+ドイツ合作映画、脚本 ヴィム・ヴェンダース+高崎卓馬、監督 ヴィ
ム・ヴェンダース。

主人公の日常を俯瞰することによって、自身の人生が愛おしくなる。自身の日常に対
して背筋がピンとなるというか、精神が浄化されてゆく映画。それに、音楽映画、っ
て側面もあるんじゃないだろうかというくらい、音楽の比重が大きかった。しかも私
の好きなアーティストばかり。11曲中9曲はレコードで持っている、という、選曲し
たヴィム・ヴェンダース監督との趣味の一致。選曲にあたっては、主人公・平山が聴
くはずのない音楽は使用しない、という縛りを設けたようで、言い換えれば、主人公
が好んで聴くであろう楽曲が選ばれているということになる。ということはつまり私
は、主人公と重なっている部分を持ち合わせているのだろうか、なんてね。ラスト
の、ニーナ・シモンの曲をバックに、木漏れ日のように表情が揺れ動く役所広司さん
に、ヤラレタ。ユナイテッド・シネマ岸和田にて。
posted by yu-gekitai at 11:18| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする