2020年03月16日

15日(太りさん。)

 マスクをして街を歩いているときに、えらく太った人が目に入ってきて、ギョッと
して二度見をしたら、鏡にうつった私だった。ガーン。
posted by yu-gekitai at 08:39| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

14日(ああ。)

 立ち呑みにも足が遠のく今日この頃です。

 矢代まさこさんの〈アキアカネ〉、なんちゅう可愛いんや。主人公とおんなじ気持
ちになれますね。少年マガジン73年38号掲載。
posted by yu-gekitai at 07:54| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13日(遊劇体ミーティング。)

 事務所にて濃厚接触。

 事情通のみなさんから関西の小劇場演劇の現状を聞く。 

 私たちはしばらく様子をうかがう。

 5月には公演をどのようにするか決定できるかな。

 次回公演のゲスト出演者の方を、もう新たにはオファーしない。

 日付が変わるまで事務所呑み。ああ、楽しい。
posted by yu-gekitai at 07:46| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

12日(世界征服。)

 ポケモンのロケット団もそうだったかなあ、子どもマンンガで悪役が企むのは、世
界征服。私たちは今、征服されつつある。コロナによる地球征服の悪役を担ったのは
だれだ。
posted by yu-gekitai at 08:34| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

11日(わめくな!)

winmail.dat
 今、世界はこういう状況なのだから、自分だけ、今まで通りの生活と収入とを享受
しようなんて考えるな。でも、テレヴィのニュースでの街行くインタビューに応える
人びとは、自分個人の被害ばっかり怒ってるね。

 と、以上までを書いて、

 たった今、ニュースで知ったのだけれど、中国の国民の75パーセントは、新型コロ
ナ・ヴィールスは、中国で人工的に作られたものが、杜撰な管理、もしくは何らかの
意図(悪意)をもって、ばらまかれたものだと考えているらしいですよ。これが本当
に事実だとしたらオソロシイ。
posted by yu-gekitai at 21:30| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10日(濃厚接触。)

 明々後日、遊劇体のミーティングですが、狭い事務所で濃厚接触ですね。一蓮托生
ですか。

 私が話し合いたいのはですねえ、

 @次回公演ゲスト出演の方がたとの交渉の進捗状況と、まだオファーの決まらない
1名をどなたにお願いすることにするか、ということ。

 A8月の公演はすでに不可能な状況ではないだろうか。早いうちに劇場等、キャン
セルする必要があるのではないか、ということ。また、それらの状況判断を後日にす
るのなら、どの時点で決めるのか、ということ。

 と、私からの議事提案は以上のふたつ。

 メールで済ませるのなら、それも可、と思います。

 一応私は、事務所にいます。
posted by yu-gekitai at 09:39| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

9日(コロナ禍。)

 社会の様相が一変し、私たちが経験をしたことのない日常の中に置かれている。い
わば非日常だ。そのことをまずは受け止めるしかない。なのに日常に無理に引き戻そ
うとの意識を持った人たちもいるようだ。あがいてもどうしようもない。この時代の
空気を読み取ろう、感じよう。私の場合は感覚で、身体に記憶しようと、そう考え
る。エライことになっていると認識しなければならない。
posted by yu-gekitai at 09:48| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

8日(大相撲。)

 コトナじゃないですよ、コロナです。ウイルスでもヴィールスでもどちらでもいい
ですよ。子供の頃はビールスと呼んでいました。ビールは今はビアと呼ぶこともあり
ますよ。そんなことはどうでもいい。

 テレヴィで大相撲中継を見ました。無観客での興行です。美しかった。伝統の儀式
であるということが如実に知れます。観客のいない空間には調和の美がある。素晴ら
しい。スタイリッシュ。
posted by yu-gekitai at 08:48| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

7日(試練ということか。)

 大震災、異常気象、大型台風、コトナ・ヴィールス、これらは与えられた試練であ
り、われわれに向けてなにごとかを促す神の采配であろう。常に死と隣り合わせであ
ることを意識させられるメメント・モリである。メメクラゲである。
posted by yu-gekitai at 09:48| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

6日(ああ、やっぱりそうなったか。)

 もともと今日観に行かせていただく予定にしていた大阪劇団協議会のプロデュース
公演、やっぱり中止になっていた。無念だろうなあ。もしかして仕込みも済んでいた
んじゃないだろうかというタイミングじゃないですか。これは辛い。でも、もう他人
事じゃないぞ。
posted by yu-gekitai at 09:43| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5日(きっと中止か延期だ。)

 東京オリンピック、今のままだと開催できるわけがないのに、海外のひとをのぞい
て誰も言及しないのはなんで。まあ、大相撲みたいに無観客でやるならかまわないと
思うけれど。

 きっと、オリンピック年に開催される中学校の同窓会も延期か中止だろう。

 遊劇体の次回公演も、中止しなければならないという覚悟をすでにしている。私は
コロナをナメていない。5月いっぱいまでに、劇場のキャンセルを含めて話し合わな
ければ。
posted by yu-gekitai at 09:35| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

4日(思い出した。)

 なんとなくぼーっとしていたらふと思い出した。だれに頼まれたわけでもなく、遊
劇体で上演するには不向きなタイプの、なんとなくぼーっと書いてしまった戯曲が
あったなあ、と。どちらかといえばエンタメ系というか商業演劇っぽいの。登場人物
も多いの。その間の経緯はこのブログにも記していたなあ。だいぶん昔だなあ。一気
に書いたんだよなあ。ああ、いつもそうか。

 書いたけど、まだ誰にも読んでもらっていない。この世に存在しないと同じありさ
ま。遊劇体では上演が難しく、愛人に孕ませたような戯曲。まだ認知されていないん
だな。上演したら3時間を超える大作。と思って探し出してみたら、いつもの書き方
で50枚ちょうど。400字詰め原稿用紙に換算したら125枚。ということは、まあだいた
い2時間10分くらいか。

 なんで突然こんなことを書いてるかといいますと、次回作の『われわれは遠くから
来た(そしてまた遠くへ行くのだ)〜the gunman and other stories〜』は、まだ書
き始めるには早すぎますし、4月に入って中旬も過ぎ、お尻に火が点きそうになって
からやっと書き始める、というのがベストな状態である、ということになっておりま
すので、それまでの期間を利用して、この未発表戯曲を書き直してみようかな、と
思ったわけです。

 まあ、思っただけで、どうするかはワカリマセンけど。中古レコード店が繁忙期な
ので。でも、その戯曲『金色夜叉ヶ池〜鏡太郎と師紅葉〜』を、いつかは何とかして
やらないと。
posted by yu-gekitai at 09:58| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

2日(今日もコロナ。)

 コロナ・ビールですわ。美味い。

 楽しみにしていた冬の日本海旅行、キャンセルになりました。コロナ・ヴィールス
ですわ。
posted by yu-gekitai at 09:36| 京都 ☀| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

1日(コロナ。)

 コロナ・ビールですわ。コロナ・ヴィールスじゃないですよ、断じて。美味い!
posted by yu-gekitai at 23:11| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

29日(しびれ。)

 4年に一度の2月29日。オリンピック・イヤーで、たぶん中学校の同窓会の開催され
る年。まだなんの情報も届いていないけれど。

 指先のしびれは、末梢神経がなんらかの事情で傷つけられたものとのこと。1カ月
で自然に治るはず、らしい。
posted by yu-gekitai at 09:26| 京都 ☁| Comment(2) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

28日(画期的である、が、割り切れるもんじゃない。)

winmail.dat
 コウちゃん大喜び。明日からずっと休み。まるで永遠に休みのよう。ジュンも春休
みのクラブ活動が中止になり、遠方まで通う必要がなくなった。クラブ活動に通うた
めだけに定期券を購入したところだというのに。もうずっと休み。うらやましいな
あ。私の時はこういうこと、なかったなあ。耳にした瞬間はそういうふうに感じた
が、それは咄嗟の思いであって。

めったにないこの状況を、台風のさなかのごとくじっくりと体験してみたいとも思う
のだが、どうにも割り切れない。

 学校が突然の長期休校になり、芝居の公演などが中止になり、電車に乗るにも、人
の多いところへ出てゆくのにも、不安や不自由さを感じるのに、発生源となった国か
らやって来た方がたはスーツケースをひきずって日本を満喫しているじゃないか。京
都ではそう見える。割り切れない。怒りの感情に手が届きそうだ。そうなってはいけ
ないことはわかっているにもかかわらず。これは何かが非常にオカシイ。
posted by yu-gekitai at 07:30| 京都 | Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

27日(まだしびれている指。)

 指先のしびれがいっこうに消えてくれません。ターンテーブルのカートリッジのつ
まみや、レコードのエッジなどに触れると、痛みのような、あるいはそう、あれ、ド
ライアイスを触ったような感覚を感じます。神経のなんか障害だとは思いますが、消
えそうで消えてくれない。
posted by yu-gekitai at 07:50| 京都 | Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

26日(公演中止、旅行中止、パフュームも。)

winmail.dat
 新型コロナ・ウイルス性肺炎というのですか、もうアレですね、人類に恐るべき影
響をあたえておりますね。とんでもないものが発明されたものです。これからしばら
くは、演劇の公演も中止になってゆくんでしょうね。特に小劇場はちょっと、怖い空
間になりますよね。8月の私たちの公演、ちゃんとできるでしょうかねえ。不安にな
ります。

個人的な予定としては、約2週間後に日本海沿岸への観光バス旅行が控えておるので
すが、観光バスの中っちゅうのはもうアウトちゃいますのん。
posted by yu-gekitai at 08:47| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

25日(春休み。)

 えっと、学生さんは春休みですか。久しぶりにウチでも家族全員がそろいました。
posted by yu-gekitai at 08:30| 京都 ☔| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

24日(YOU-PROJECTを観た。)

winmail.dat
 『ワーニャ伯父さん!』原作・アントン・P・チェーホフ、脚本・くすきゆう、演
出・松浦友、枚方公園青少年センターにて。

 演出してみたい作品なので興味深く拝見。やっぱりこの戯曲には惹きつけられま
す。脚色が加えられ、タイトルにも〈!〉が付け足されていますが、そんなイヤな感
じにはなっていなくて好感を持って、終始楽しく観ることができた。松浦氏の演出に
も楽しませてもらった。

 ところが、なんというか、いちばん強く印象に残ったのは、俳優さんたち。遊劇体
に出演していただいたこともある氏田敦さんも含めて、どういえばよいのだろうか、
非常にアマチュアっぽいのである。アマチュアといっても、素人というのとは違っ
て、といって俳優の存在感ともたたずまいが違って、俳優っぽい振付の演技風、とで
も形容したらよいのか、うーん、微妙な演技なのである。たとえば俳優養成所的なと
ころで学ぶテクニックとは基礎が異なるやり方とでもいったらよいのか。別の世界の
テクニックで演じているというか。俳優さんの出自に関連するのかな、それについて
は何ひとつ知らないのだけれど。じゃあ氏田さんはどうなの、って話になるが、う
ん、氏田さんはもともとこんな感じの芸風だったのかもしれない。出演者がみな、い
わゆる俳優の演技とは違う地平にいて、そのアンサンブルが私には新たなものと感じ
させられ、深く興味を持ってしまった。それとも、そもそもあの演技は、演出の意向
だったのだろうか。

 とにかく、今まで感じたことのないタイプの新鮮さだったのですよ。
posted by yu-gekitai at 11:09| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする