2022年06月07日

7日(『灯灯ふらふら』を4枚書いた。)

 4枚書いて、全部で9枚になった。400字詰め原稿用紙に換算すると23枚になるのか
な。全部で45枚(400字詰め原稿用紙では110枚くらい)くらいの作品になると考えて
いるから、これでちょうど5分の1かあ。感触としては45枚よりも少し短くなりそうな
予感。今の私は、1日に3時間台本に向かうのが限界です。『ほたる』の時みたいに日
本酒を呑みながら書こうかしら。
posted by yu-gekitai at 16:53| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月03日

2日(映画『ローレル・キャニオン』を観た。)

winmail.dat
 『ローレル・キャニオン』、〈夢のウェストコースト・ロック〉の副題、監督・ア
リソン・エルウッド、2020年、アメリカ映画。ローレル・キャニオンという、60年代
中期ぐらいから多くのミュージシャンが移り住み、さながらコミューンのような暮ら
しをした山村から、たくさんの名曲が生まれた。山奥でありながらハリウッドの繁華
街まで車で、5分。バーズ、バッファロー・スプリングフィールド、ラヴ、ママス&
パパスなどの名曲でつづられたこの映画は、音楽そのものが素晴らしいゆえ、当然の
ごとく楽しい時間を過ごすことができた。だがしかし、神話となった聖地で誕生した
音楽、ミュージシャンたちが、70年代半ばになると、音楽産業に飲み込まれてゆく。
残念ながら、それを俯瞰したドキュメンタリーでしかなかった。勉強にはなりました
が。

ジョニ・ミッチェルさんの『Hejira』のオリジナル・ラベルのLPが欲しいな(物欲ま
みれですな)。
posted by yu-gekitai at 17:29| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月29日

29日(『灯灯ふらふら』を2枚書いた。

 2枚書いて全部で5枚になった。400字詰め原稿用紙に換算すると13枚。調子が出て
きたような気もするが、錯覚かもしれない。台本に向かうのは、1日2時間が限界だわ
い。集中力がつづかない。あと40枚くらい書かな終わらへんのか。遠い道のり。
posted by yu-gekitai at 16:42| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月28日

26日(映画『スージーQ』を観た。)

 『スージーQ』、監督・リーアム・ファーメイジャー、2019年、オーストラリア映
画。スージー・クアトロのドキュメンタリー。突出した存在になる人というのは、あ
らためてその才能と、持って生まれた環境の素晴らしさ、強い意志と幸運、そういっ
たものを持っているひとだからこそのハナシなんだと痛感。そしてそれはリンダ・ロ
ンシュタットの映画でも思ったこと。スージーは、80年代、ちょっとロックンロール
の女王という自分から距離をおいて、テレヴィのコメディ・ドラマにレギュラー出演
したり、舞台俳優をやったり、戯曲も書いたりしているが、いまだにスージー・クア
トロであり続けている。すごいことだなと思う。2015年にも来日公演をしたんだっ
て。UPLINK京都のいつもの席にて。
posted by yu-gekitai at 15:38| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

25日(『灯灯ふらふら』を2枚書いた。)

winmail.dat
 これで3枚になった。400字詰め原稿用紙に換算すると7枚かあ。ドラマの出足はい
つも不安で、本当にこれでオモシロいのかどうか疑ってかかる。ここまでを全部ボツ
にして改めて書き直すかもしれない。毎日1枚ずつのペースで書いて、締め切りに間
に合わせるには、今日で8枚になってないといかんのか。アカンなあ。
posted by yu-gekitai at 13:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月21日

19日(映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』を観た。)

winmail.dat
 『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』監督・ロブ・エプ
スタイン&ジェフリー・フリードマン、2019年、アメリカ映画。リンダ・ロンシュ
タットの音楽シーンからのフェイド・アウトを、私は知らなかったので、いち少女の
ミリオネアへの成功物語として楽しんでいた。環境と素養と努力と執念と幸運と、
持って生まれた比類なきヴォイス。ラストまじかで、タイトルに込められたであろう
真の意味するところを知って、震えた。UPLINK京都にて。いつも同じ席に座っていま
す。

 ストーン・ポニーズのファースト・アルバムのオリジナル・レインボウ・ラベルの
米国盤と、ソロになってからのセカンドとサードのオリジナル・グリーン・ラベルの
米国盤を、チャンスがあったら、手に入れたいと思った(物欲ですか?)。
posted by yu-gekitai at 15:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

18日(『灯灯ふらふら』を1枚書いた。)

winmail.dat
 毎日、中古レコード屋のおやじをしていて、それは結構忙しくもあり、演劇のほう
はずっと引退しているんだけど、7月2日からゆうゆう大学の講座イコール朗読劇の稽
古が、否も応もなく始まるわけで、もはや観念した。というわけで『灯灯ふらふら』
を、とうとう書き始めた。ゆうゆう大学の台本を、ほかのもで済ませれば自分が書く
必要などないのはモチロンだけれど、そこんとこは、アレですな、自分への最低限
の、なんちゅうか、演劇にかかわらせるための仕掛けといいますか、そんなふうにで
も仕組まなきゃ、いつまでたっても、危険が危うくなるギリギリまで、台本を書き始
めたりしませんから。それくらい辛いんです、台本を書くのは、私にとって。今回の
台本を書くための仕掛けはもう、素晴らしい発案で、7月から始まって9月11日に発表
公演をむかえるゆうゆう大学の初日講座(あわよくば講座2週目まで)に間に合わせ
れば、それがそのまま遊劇体の次回公演の台本になるという一石二鳥狙いですわ。

 今回の台本もいつもどおりの書き方で45枚くらいになりそうで、400字詰め原稿用
紙に換算すると110枚くらい。上演時間にしたら1時間40分くらいかな。毎日1枚ずつ
のペースで書き進めれば、7月2日にはちょうど間に合う計算になってます。
posted by yu-gekitai at 14:27| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月03日

1日(映画『ZAPPA』を観た。)

 『ZAPPA』監督・アレックス・ウィンター、2020年、アメリカ映画。フランク・
ザッパ氏のドキュメント。ザッパ氏の音楽は大好きで、しかも特に大好きなアーティ
ストで、LPレコードも100枚以上は持っているような気がする。同じタイトルを何枚
も持ってたりする。ヴァーヴ時代のLP全部と、「いたち野郎」と「ホット・ラッツ」
と「ボンゴ・フューリー」が特に好きかな。全部良いけど。で、映画はもちろん素晴
らしかった。しかし、私なんぞの想像をうわまわるほどのザッパ氏の、常軌を逸した
音楽への生真面目さぶり、気難しさ、近寄りがたさで、個人的印象が上書きされるこ
ととなった。天才だからね、仕方がないか。
posted by yu-gekitai at 16:28| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月17日

15日(遊劇体ミーティング。)

 久しぶりのミーティングなのに特に話し合うテーマもなし。公演をしない今年、な
にをやるべきか、そうだアレをやろうも、立ち消え。おめでたのこと、中田くんが客
演していた公演のこと、コロナ禍のこと、映画『ドライブ・マイ・カー』のことなど
をまったりと。なんや井戸端会議をするために集まったんでっか。
posted by yu-gekitai at 14:28| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月02日

1日(映画『ドライブ・マイ・カー』を観た。)

winmail.dat
 『ドライブ・マイ・カー』原作・村上春樹、脚本・濱口竜介+大江崇允、監督・濱
口竜介、2021年。私より先に家族に観に行かれて、良かったと聞かされて、くやし
かったのだが、そんなことはどうでもよい。まさに、打ちのめされた、としかいいよ
うがない。3時間があっという間。こういう映画が観たかった。日本映画じゃないみ
たいなテイスト。イングマール・ベルイマンを連想したが的外れかもしれない。三浦
透子さん、超クール、カッコいい。そして意外だったのは、演劇映画だったってこ
と。そういうことは予備知識としては知らなかったんだもん。私どもの身近な、とも
いえる世界で展開される。私の今世紀観た映画での、間違いなくベスト1。並ぶ作品
はない。UPLINK京都にて。
posted by yu-gekitai at 21:03| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月30日

28日(映画『クラム』を観た。)

winmail.dat
 『クラム』、監督・テリー・ツワイゴフ、1994年、アメリカ映画。アメリカン・
ポップ・アート(でいいのかな?)の大スター、ロバート・クラムの半生を追ったド
キュメント。私は、アンディー・ウォーホルとロバート・クラムくらいしか知らな
い。そのふたりが突出しているのだと思う。ウォーホルはローリン・ストーンズのア
ルバム・ジャケのデザインをした。クラムは頼まれたけれど断った。それがどうした
ということなんだけど、つまり、ものすごい変人だ。さらに輪をかけて、兄と弟も。
ふたりは、いわゆる引きこもりだ。そしてその生活ぶりや嗜好が、なにやらすさまじ
い。そこには社会と断絶した孤独がある。映画を観たという充実感とともに、淋し
さ、悲しさが重く残った。私は、クラムの兄チャールズと弟マクソンから、なにか得
体のしれない病原体に感染させられたよう気分だ。UPLINK京都にて、『ブルーノー
ト・ストーリー』と同じ席で。
posted by yu-gekitai at 16:58| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月18日

16日(映画『ブルーノート・ストーリー』を観た。)

winmail.dat
『ブルーノート・ストーリー』、原題『It Must Schwing』を直訳すると「もっと
シュウィングを」となる。シュウィングというのは、ドイツ語なまりのSwingであ
る。監督・エリック・フリードラー、製作総指揮・ヴィム・ヴェンダース。2018年、
ドイツ映画。ジャズ・レーベルBlue Noteを起こしたユダヤ系ドイツ人、アルフレッ
ド・ライオンとフランシス・ウルフのドキュメント。ナチスから逃れたふたりと
ミュージシャンであるブラック・ピープルを通して、アメリカの人種差別と公民権運
動が対比される構造が鮮やか。出演するミュージシャンの快活なおしゃべりからふた
りの人柄が浮かび上がる。資料映像不足なのだろう、アニメーションの多用がちょっ
と気になったけど、仕方がないか。
posted by yu-gekitai at 07:55| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月14日

13日(映画『ロスバンド』を観た。)

『ロスバンド』監督・クリスティアン・ロー、2018年、ノルウェー&スウェーデン映
画。シネマート心斎橋にて。少年少女を主人公にした愛すべきロック・ミュージッ
ク・ロード・ムーヴィー。幸せな気持ちになれる映画だった。ノルウェーの森や湖が
美しく、チェロ少女(ティリル・マリエ・ホイスタ・バリゲル)が超かわいい。
ヴォーカル+ギター+チェロ+ドラムスという編成もオモシロイね。
posted by yu-gekitai at 08:58| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月27日

27日(ぞっとする。)

ロシアのウクライナ侵略行為の報道を受けて、心身に影響を受けている。いらいらし
て走り出したい気持ちだ。そして叫びたいよ。戦争反対って。ダサいけど。NATOがウ
クライナに何もしてやらないのは、ウクライナがまだ加盟国じゃないからなのか。日
本人はみんな思ったはずだ。仮に日本が某国に侵攻されたとしても、きっとどこの国
も助けに来てくれないに違いない。じゃあどうする。どうしようもない。無抵抗での
死を選ぶ。これがきっといちばん美しい。
posted by yu-gekitai at 16:07| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月18日

16日(映画『ロックフィールド』を観た。)

無性に本が読みたくなり、映画が見たくなった。しばらく滞っていた読書は、モノス
ゴイ勢いで再開し始めた。ハズキルーペのおかげである。

で、映画はモチロン映画館へ。『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』、2020
年、イギリス映画、監督・ハンナ・ベリーマン。ドキュメンタリー映画だ。UPLINK京
都にて。

ロックフィールド、というコトバは、私のようにロック、特に英国ロックに異常に関
心が高いものには、とても興味深い単語なのである。好きな英国ロックのLPのクレ
ジットで、どんだけロックフィールドという単語を目にしたことか、という録音スタ
ジオなんである。ロックフィールド・スタジオは、実は大きな牧場で、たくさんの牛
や豚を飼育していたのであったのだ。それらの建造物を、史上初の滞在型の録音スタ
ジオに改造したのだ。どうして滞在型となったかというと、トンデモナイど田舎にあ
るからで、都会にある大きなレコード会社のスタジオのように通うことはできない。
しかも周りになにも無いので、曲作りや録音に集中できる(車で通えるパブが2軒
あったそうですが)。大きな音が出し放題でロック音楽に最適。そういう、ある意味
で史上初の、画期的なスタジオの、50年のドキュメントである。

ちょうど本日が上映の最終日。いきなり大好きなスプリングの曲も聴けてうれしかっ
た。そして、ロックフィールド初の滞在バンドがブラック・サバス。トニー・アイオ
ミやオジー・オズボーンが楽しげに話すロックフィールドでの毎日のハナシに癒され
た。

ロックフィールの50年の歴史と、ラストで再び、これはまるでテーマ曲かという感じ
で、エースの『ハウ・ロング』(当然ロックフィールド・スタジオで録音された全英
ナンバー・ワン・ヒット曲)が聴こえてきたときには、グッとこみあげるものがあっ
た。いいなあ、映画館で観る映画。



追記・このブログは送信したものの、一向にブログに反映されないので、2度目の送
信でございます。
posted by yu-gekitai at 09:20| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月28日

28日(熊取ゆうゆう大学打ち合わせ。)

 ええっと開始が7月2日でね、発表公演は9月11日。約2か月間に凝縮。今年こそ、国
指定重要文化財中家住宅でやれますように。



 この前このブログにメモした台本についての備忘録では、『灯灯ふらふら』は9月
30日までに書き上げるという目標を掲げましたけれど、このスケジュールで、ゆうゆ
う大学で『灯灯ふらふら』をやるとしたら7月初頭には書き上がっていないとアカ
ン。ということは『エディアカラの楽園』の決定稿は3月31日までに仕上げなくっ
ちゃ、ちょっとしんどくなってしまいそう。うーむ。

 以下、備忘録の書き直し。

@『エディアカラの楽園』の決定稿を、3月31日までに書き上げる。あと2か月しかな
いんけ、ということですな。A『灯灯ふらふら』を、6月30日までに書き上げる。B
『なんじゃ主水』を、来年の7月31日までに書き上げる。あれえ、AとBの間が1年と
1ヵ月もあるぞ。その間はどないしようかな。また考えよう。
posted by yu-gekitai at 17:24| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

21日(熊取ゆうゆう大学。)

 今年もやらせていただくことになりました。ありがたいこってす。ええっと、もう
7年目って、こわいな、時間の流れの速さは。
posted by yu-gekitai at 17:35| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月18日

18日(なんじゃ主水。)

 みなさんとうの昔にお気づきであると思いますが、このブログ、私の、演劇、に関
する行動のみを記すようになりました。最近、小指の骨折のことも記しましたが、ま
あそれは大きなエポックであったもんで、いやあんまし大きくもないか。エポックで
もないし。

実のところは、劇団員のみなさんが、私のブログをチェックしてくれておるだろうと
いう前提で、お知らせしておきたいことを記すことも多いです。今日のなんかもまさ
にそう。

13日のミーティングでの、次回ミーティングに持ち越している議題ふたつについて、
私のなかで進展があったことをお知らせしておきたいなあとまあ、そういうことで
す。

松本くん提案の議題については、私はやはりアシストする立場であろうと、考えを新
たにしました。その件はどんどん行っちゃっていいと思います。ただ私はプレイヤー
であってはいけないと気付きました。

もうひとつ議題、『灯灯ふらふら』の次の公演についてですが、13日のあの時点から
ずっと考えていたのですが、やっと、決心がついたというか、新作書きますわ。とい
うか、朝風呂、湯船につかって沈思黙考1時間で、できあがりました。まとまりまし
たというわけです。『なんじゃ主水』という仮題です。村尾さん、サカモッちゃん、
中田くんは出ずっぱり。冒頭に女性ひとり、その女性はあと2度ほど顔を出します。
クボちゃんです。全体の4分の3くらい経過してからパンダさんが登場します。登場人
物はその5人です。1時間20分くらいの芝居になります。これまたいつも通り、頭の中
で沸沸している今なら、すぐに書き始められそうです。書きませんけれど。

ここから先は自分のための、台本についての備忘録です。@『エディアカラの楽園』
の決定稿を、4月30日までに書き上げる。あと3か月とちょっとしかないんけ、という
ことですな。A『灯灯ふらふら』を、9月30日までに書き上げる。B『なんじゃ主
水』を、来年の7月31日までに書き上げる。C熊取ゆうゆう大学の〈俳優・演劇講
座〉を今年も依頼された場合、上演台本は『灯灯ふらふら』にして、遊劇体の公演に
先行してやってしまおう。まあそんなとこで。
posted by yu-gekitai at 13:06| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

13日(遊劇体ミーティング。)

 あけましておめでとうであり、菊谷高広の命日である。ミーティングでは、特に決
まったことはないが、まあ、集まってよかったなあと思う。次の次の公演の決定がな
かなかムツカシイ。
posted by yu-gekitai at 11:01| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月31日

30日(遊劇体ミーティング。)

 特に何を決めたというわけではないですが、久々に集まってみれば楽しくて、自分
が遊劇体の劇団員で良かったと思いました。来年は公演がないけど。
posted by yu-gekitai at 20:33| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする