2017年12月03日

2日(遊劇体ミーティング&忘年会。)

winmail.dat
 伏見桃山と中書島のあいだの〈鳥せい本店〉にて。いつも愛好している〈ニュータ
コ〉や〈祭や〉は、私たちにとってA級の素晴らしい居酒屋だとすると、〈鳥せい本
店〉は特A級あるいはS級の特別な居酒屋ですな。劇団員だけで、っちゅうのもええも
んだす。アイちゃんとたっくんは不参加ですけどね。ちょっと寂しいよ、仕方がない
けど。

で、〈鳥せい本店〉の美味さにはもう、感動してしまいますよ。酒も鳥料理も。1年
に1回の感動ですが、また来年もみんなで行きましょうよ。

そのあと、終電まで駅前の立ち飲みでグズグズしてましたが、その立ち飲み屋さんで
の支払金額はジャスト1000円、6人でですよ。アテは何にも注文していなかったので
すね。割り勘200円出して釣はいらねえ!
posted by yu-gekitai at 17:26| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日(大阪劇団フェスティバル参加公演を2劇団観たのだった。)

winmail.dat
 11月10日、劇団しし座「ゆびさきは ゆらめきの中へ」作・竹内介、演出・北川隆
一、HEP HALLにて。ライト・ノヴェル風ファンタジー。

 12月1日、劇団未来「静かな海へ―MINAMATA―」作・ふたくちつよし、演出・森本
景文、劇団未来ワークスタジオ。ドキュメンタリー・タッチの人間ドラマ。

 全くタイプの異なる2作ですが、いずれも演出者の手つきや思いが手に取るように
クッキリとした、良質な舞台でした。とりわけ劇団未来の「静かな海へ」は、俳優、
スタッフワークともに繊細に良く練られていて好感度高し。
posted by yu-gekitai at 17:13| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

30日(・・・。)

 何かに急かされているようで落ち着かない。それでも日が暮れたらできるだけ何も
しないようにしているのだけれども、眠れなくて結局・・・。
posted by yu-gekitai at 11:47| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

29日(・・・。)

 いくつもの仕事が押し寄せてきて、身ひとつではとても間に合わないと感じる。何
で私に、という怒りのようなものや、嘆きのようなもの。どう対応したらよいのか、
焦燥と不安で、眠れません。不器用なんですから。
posted by yu-gekitai at 14:25| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

28日(・・・。)

 公演が終わり、アタマを違うチャンネルに切り替えると、目の前に、アタマの痛い
モンダイがあり。ひとりでは何も解決できないのに、考え込み過ぎて眠れないです。
posted by yu-gekitai at 08:34| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

27日(・・・。)

 ああ、さびしい。晩酌に焼酎のお湯割りを飲んで、ふぅ、ですわ。せなあかんこ
と、またいっぱいたまってんな。
posted by yu-gekitai at 09:33| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

26日(「のたり、のたり、」楽日。)

winmail.dat
 あっという間に千秋楽がやってきた。そういう感じ。カラダ痛いとこだらけ。腰、
股関節(座骨神経痛?)はいつものことながら、さらに右手首、頭にコブ・・・(´;
ω;`)、と、切り傷・・・( ;∀;)、てな具合。打ち上げの韓国居酒屋、美味し
かったですね。居酒屋じゃなくて、料理がです。あたりまえか。

ひさかっちゃんさま、中林さま、稲山新太さま、タケダ氏、どうもありがとうござい
ました。そして、小堀さま、賢司あらためケンシさま、はせひろいちさま、日高さ
ま、九鬼さま、あごうさま、高橋恵さま、田辺剛さま、そのほかたくさんのみなさ
ま、不安の先行した今回の演出についての、貴重なご感想ご批評ありがとうございま
した。感謝いたします。そして出演者とスタッフのみなさんに、感謝、感謝です。明
日からは、さびしい。
posted by yu-gekitai at 14:05| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

25日(「のたり、のたり、」3日目。)

winmail.dat
 本日はマチネ公演のみ。初演時の演出助手であった高橋恵さんを迎えてのアフター
トークも愉し。小屋での打ち上げ。ああ、楽しい。でも、ちょっと飲み過ぎて、ヘン
なスウィッチが入ってしまい、励ましてるつもりが暴言妄言、迷惑をかけてしまった
もよう。その後、罰が当たってしまいました!
posted by yu-gekitai at 12:08| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24日(「のたり、のたり、」2日目。)

winmail.dat
 マチネ&ソワレの2回廻し。マチネの回に、あごうさとし氏をゲストに、アフター
トーク。というか、あごう氏に、京都の劇場の話を大阪でもしてほしかった、という
こと。あごう氏の取り組んでいる仕事に大いなる敬意を払うゆえ。芝居については、
あの不安は何だったのかと拍子抜けするくらい好評のようで、ホッとすることしき
り。まずい居酒屋で飲んでも美味しく感じてしまうから不思議だ。
posted by yu-gekitai at 11:59| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23日(「のたり、のたり、」初日。)

 ゲネプロ、そしてお客さまを迎える。お客さまの反応が心配だったけど、好感触。
不安視していたアノコトやコノコトは、新鮮な驚きとなってお客さんに響いたよう
で。パンフレットにも予防線を張っていたしな、姑息にも。とりあえず、幕が開い
た。初日打ち上げ、まずい料理でも気分によってはまずくはないのである。
posted by yu-gekitai at 11:39| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22日(「のたり、のたり、」舞台稽古。)

winmail.dat
 手直しやら、舞台稽古やら。俳優は確実に仕上がっているので、彼らに対しては全
く不安はない。不安は、私。今回の演出プランそのものにあるのだ。ひとつ、小さな
アイデア(決して小さいわけではないのだけれど)が天啓のごとくひらめく。でも、
だがしかしそれは、私自身を納得させるものにすぎないのかもしれない。無理を聞い
てもらって変更(いうか追加というか)してもらう。画竜点睛を欠くとはまさにこの
ことだったんだな。これで舞台上の全てがひとつのものとして完成したように思え
た。不安の根源のアノコト、コノコトに、説明がついた、ように思う。だから、この
ままやるしかないのだ。
posted by yu-gekitai at 11:18| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21日(「のたり、のたり、」小屋入り。)

 ウイングフィールドにて。粛々と搬入、仕込み、吊り込み、転換稽古、カーテン
コール(は舞監さんに依頼)。小屋入りして、その空間に立ち入った瞬間から、不安
がじわじわと。今からでもなんとか、変更したり、今まで気付かなかった何かを加え
られるのではないかと、思考しつづける。
posted by yu-gekitai at 10:49| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20日(「のたり、のたり、」最後の稽古。)

winmail.dat
 厳かな気持ちで通し稽古。これで稽古は終わり。明日から小屋入り。稽古期間中、
よくお酒を飲んだなあ。ここいらでは〈祭や〉と〈ニュータコ〉だな。最終日は〈祭
や〉で。
posted by yu-gekitai at 10:38| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

19日(深津氏にご挨拶、そして「のたり、のたり、」稽古33回目。)

winmail.dat
 さて、小屋入りが近づいてきた。ここらで、作者に上演のご挨拶。俳優全員が揃っ
て挨拶に行けたのは、最高にサイコー。小雨にしぐれたりしたにもかかわらず、挨拶
の時間は、なんか、お陽さんがポカポカ照って、ええ天気やったなあ。

 猪の出没するに違いない摂津の山奥から、京都の稽古場へ、遠足のように団体行動
でゾロゾロと向かい、あ、私はほとんど寝てました、朝食ヌキのいきなりの清酒が効
いたのでしょうね、京都に着いて、自由時間をはさんで、昨日の続きの読み合わせ。
そして3回目の小返しありの通し稽古。いけるな、という実感。でも、根本的に、私
の演出が受け入れられるか否かのモンダイは、これはもう、本番が終わってみないこ
とにはね。
posted by yu-gekitai at 02:46| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18日(「のたり、のたり、」稽古32回目。)

 やっと2回目の通し稽古が、なんとか通った。オモシロクなったはずと信じる。ほ
んの些細な台詞の違いもなくしたいので、ここでギアを切り替えて、再度、台本に忠
実に読み合わせ稽古を試みる。途中で時間切れ。
posted by yu-gekitai at 02:30| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17日(「のたり、のたり、」稽古31回目。)

 一昨昨日から連続している小返しをしながらの通し稽古。最終的に私から授けたア
イテムが、強力な武器になったようで、相当オモシロクなる予感。
posted by yu-gekitai at 02:27| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16日(「のたり、のたり、」稽古30回目。)

 一昨日から連続している通し稽古。本日も、第2場を念入りに。小返しばかりで進
まない。
posted by yu-gekitai at 02:24| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15日(「のたり、のたり、」稽古29回目。)

 昨日から続く小返しありの通し稽古。つまづく。でも、台本のページの上では進ま
なくとも、何かが動く。進化する。忍耐。
posted by yu-gekitai at 02:20| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14日(「のたり、のたり、」稽古28回目。)

本日は、2回目の通し稽古。昨日の通し稽古と違うのは、昨日はスタッフさんに観て
いただくため、漫然と通した。今日の通しは、小返しをしながら、より磨きをかけて
ゆく工程。通し稽古だけれど、第1場だけで終了。
posted by yu-gekitai at 02:17| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13日(「のたり、のたり、」稽古27回目。)

 初の、通し稽古。まずまず、まだもうひと山、越えなくちゃならない。そもそも、
今回の演出が受け入れられるのかという難問が、どういう結果に落ち着くのか、これ
はもう、ワカラナイ。
posted by yu-gekitai at 02:09| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする