2019年12月02日

1日(師走かあ。)

 師走かあ、と何年か前にも書いたことのあるようなデジャヴ感。

自宅でやらなければならない仕事に邁進しなければ。

posted by yu-gekitai at 08:56| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30日(第79回神戸フィルハーモニック定期演奏会へ行った。)

 ベートーヴェン「エグモント序曲」、ショパン「ピアノ協奏曲第1番」、ドヴォル
ザーク「交響曲第8番」というプログラム。朝比奈千足の指揮、ショパンのピアノ独
奏は原由莉子、エグモントの指揮は若手の客演指揮で、石井勇魚。神戸文化ホールに
て。

 有名曲ばかりなので安心して楽しめました。私、ドヴォルザークの8番が大好きで
すが生で聞いたのは初めて。あ、もちろんほかの2曲やアンコール曲もですが。なん
かすごく親しみやすくポップ。それはショパンも。さすがにベートーヴェンの曲は小
曲でもヘヴィーですな。

ピアニストの原由莉子は私の姪でおます。
posted by yu-gekitai at 08:52| 京都 ☔| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

29日(寺で修行。)

 寺で修行。良い体験を得た(次回公演のドラマの世界構築に関して)。そして私に
与えられたあるミッションを完遂した。
posted by yu-gekitai at 09:36| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

28日(まだ・・・。)

winmail.dat
 腰痛がいっこうに良くなりません。いまだポンコツ状態です。うんうん唸りながら
生活しています。

もう、済んだ芝居のことはあっさり忘れてしまいました。今は何も考えていません。
ボンヤリ人生です。

とはいえ、来年の公演での客演さんが2人決定しております。次回公演は最近の遊劇
体にしては珍しく、大勢の出演となります。しかも関西では最も狭い劇場で。

そのおふたり(もうお名前を公表してもよいのかな? わかりませんが。わからない
からやめとこ。ええっと、今までにも遊劇体に出演していただいたことのあるおふた
りでおます)以外にも、たぶんもうおひとり、さらに日替わりの客演さんを6名さん
くらいお声がけをさせていただく予定です。

まあそれもこれも、台本がもうちょっとくっきりしてからになりますので、まだ数カ
月はかかるかな。たっくん(菊谷高広)を偲ぶ公演となります。大々的に謳うわけで
はありませんが。

次回公演、『われわれは遠くから来た、そしてまた遠くへ行くのだ』来年8月21日か
ら23日まで、ウイングフィールドにて。わくわくしてます。楽しみです。

posted by yu-gekitai at 10:26| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

27日(・・・。)

winmail.dat
 最近のニュースについて行けていないけれど、テレヴィのニュース番組を見てもつ
まんないなあと思ってしまう。

もっともっと山奥か田舎に引っ込んで、音楽を聴いて、本を読んで過ごしたいな。

 以前に書いた〈最近珍しく良いことがあった〉というのは、高1の長男の入ってい
るクラブ活動が全国大会出場を決めたということで(モチロン長男は1年生なので出
場しない)、私が劇場暮らしをしている最中にその全国大会も終了してしまった。
posted by yu-gekitai at 08:44| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

26日(虚脱感。)

 感謝の気持ちでいっぱいだ。こんなポンコツの私と一緒に芝居を創ってくれる人た
ち、見守って応援してくださる方がた、わざわざ劇場にまで足を運んで観劇してくだ
さる方がた、大勢の人がいて無事に公演が終えられた。ありがたい。なんまんだぶ、
なんまんだぶ。

それにしても身体が痛い。
posted by yu-gekitai at 09:38| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

25日(脱力感。)

 公演終了後のこの脱力感は、ものさびしい感じです。

さあ、次の公演へ、という前に、出演者、スタッフ、応援していただいたみなさん、
おつかれさまでした。ありがとうございました。楽しかったです。

わざわざ足をお運びいただいたお客さま、ありがとうございました。

淋しいなあ。
posted by yu-gekitai at 17:15| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24日(楽日。)

 午前中とマチネの2回廻し。午前中の予約がまるで集まらなかったので、開放感の
ある客席になりました。マチネはまずまず。最近、土曜日曜に観客が集客できないの
はなんでかな。

昨夜、立ち呑みで知り合った方が観にきてくださいました。うれしかったです。も
う、東福寺のあの店には、機会あるごとに足を運ばねばなりません。最高の立ち呑み
屋です。

打ち上げは土地柄の朝鮮?韓国料理の鉄板焼き屋にて。ここも良い店でした。そこも
ここも、地元に10年住むサカモッちゃんの通いの店。楽しくて楽しくて腰痛が吹っ飛
びま、せんでした。
posted by yu-gekitai at 17:11| 京都 ☁| Comment(1) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23日(3日目。)

 さらにさらに腰が痛くて、腰全体から右足の膝裏くらいまでかな、劇場まで脂汗を
浮かべつつ青息吐息、桃色吐息で、はあはあ、はあはあいいながら到着。

本日はマチネのみの1ステージだけ。ですから舞台がはねてからの呑み時間が長いで
す。

ところがみなから、帰って休んでくださいと、居酒屋への同道を拒否されました。

ひとりで終電まで呑みました。5時間くらい立ち呑みで、立ち続けておりました。芝
居が終わったら興奮のせいでしょうか、痛みが気にならなくなっております。
posted by yu-gekitai at 17:01| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22日(2日目。)

 マチネとソワレの2回廻しです。

昨日、無事に初日を終えての、この2ステージ目がいつも鬼門で、なにかと不具合が
起こりやすいのです。まあ、マチネはそういうことでした。

お客さんには気づかれないかもしれませんけれども、創った側のわれわれにとって
は、ちょいと落胆したりします。カミカミは、お客さんにもアレだけどね、バレちゃ
うけどね。

3ステージ目はまあ、まずまず良かったです。

それにしても、お酒がおいしいですね。終電まで立ち呑みです。身体が痛いのに。腰
痛なのに。
posted by yu-gekitai at 16:33| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21日(初日。)

 ゲネプロを終えて本番。この劇場の楽屋は居心地が良いです。まずはオッケーな出
来だった。

打ち上げ楽し。すでにもうこの日まで、お酒を呑み過ぎているのだけれども。という
のは、打ち上げに利用できるような居酒屋はないのだけれども、こそっと入れる立ち
呑みが、素晴らしく良いのである。

ところで、なんでだろうな、公演が近づくと、腰痛など、体調に不具合が出てくる。
今回のはもうすでに、相当にキビシイ。
posted by yu-gekitai at 16:04| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

20日(舞台稽古。)

 2回通しましたよ。スタッフさんの技術、能力が素晴らしくて感謝感激。舞監さ
ん、照明さん、音響さん、美術さん、ありがとう。まだ終わってないけど。こりゃあ
良いものになった。

1回目のラスト・シーンで私、号泣。入れ込み過ぎたらあかんと反省。距離をとらな
ければいけない。

2回目は、さらに良い出来栄え。もう心配はない。自信をもってお客さんに観ていた
だける。あとはもう観てくれたお客さんの、好き嫌い、心の広さ狭さ、観劇スキルの
モンダイ。

こういう時は、本番で失敗や事故が起こらないかと、逆に不安になる。
posted by yu-gekitai at 02:40| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

19日(場当たり。)

 場当たり稽古というよりも、ええいもう通してしまえということでありました。稽
古日数の少なさが少々不安だけれど、なあに大丈夫と楽観的な私。

 身体の痛みは少し。薬が効いてきたのかな。
posted by yu-gekitai at 02:29| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18日(小屋入り。)

winmail.dat
 Theatre E9 Kyotoへは以前、道に迷い、ものすごく辛い思いをした記憶がある。不
安に駆られながらも、やはりそれは、的中。それに、急に襲ってきた身体の痛みが辛
さに輪をかける。電話で私の居場所を連絡しながらパンダさんに迎えに来てもらって
やっと到着。

 今日は仕込み、照明のつり込み、明かりつくり、音響チェックなどで、特に私のす
べきことは無いけれど、初めての劇場というのはやはり刺激的だ。良い空間だと思
う。さらに楽屋が素晴らしい。畳敷きの空間で、青空の下、という感じ。

そして、象徴的な舞台美術は、なかなか良いものになった。実は、そんなものいらな
いとかなり抵抗したのだけれど、これでよかった。佐野くんありがとう。良い舞台美
術です。

 お昼くらいからもう、身体が痛くて痛くて、移動するのもおっくうで。痛み止めの
薬を3種類飲んでるけど効かん。なんかこう、公演期間中に身体が不調になることが
多いような気がする。

 事務所には、青息吐息で脂汗を流しながらという態で帰り着くが、事務所に落ち着
いて気が付いたら痛みはほとんどなくなっていた。神経の病はどうにも不可解であ
る。
posted by yu-gekitai at 02:25| 京都 ☁| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17日(「空のトリカゴ」稽古28回目で最後の稽古。)

 通す。この芝居は大丈夫だとの自信を得た。
posted by yu-gekitai at 02:10| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16日(寺で修行をして、そして「空のトリカゴ」稽古27回目。)

 寺での修行を終えてから京都へ。

 稽古は昨日の続き。シーン4からシーン8まで。
posted by yu-gekitai at 02:08| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15日(「空のトリカゴ」稽古26回目。)

 小返しをしながらの通し稽古。シーン4の途中までで時間切れ。
posted by yu-gekitai at 02:05| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14日(関西芸術座番外カタリ屋を観て、「空のトリカゴ」稽古25回目。)

 「語り継がん…」構成・宮地仙、演出・藤田千代美、クレオ大阪西にて。河東けい
さん。93歳、藤山嘉子さん92歳。このおふたりをメインに据えての朗読劇。

 稽古は、まだあまりこなれていないシーン7から9まで。なんとか初日に間に合うと
いう感触を得られた。
posted by yu-gekitai at 02:04| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13日(「空のトリカゴ」稽古24回目。)

 無理矢理の通し稽古。まあこんな芝居になるだろうと、予想通りの姿。これで良
し。
posted by yu-gekitai at 01:57| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

12日(稽古に参加できなかった。)

winmail.dat
 事前に少なからず予想はしてはいたけれど、自身の抱え込んでいる仕事が大変すぎ
て、とても稽古には参加できない状況になってしまっている。無理をし過ぎた。当初
の予定では、稽古3回か4回に1度は休ませてもらって別の仕事をこなすつもりでい
た。が、稽古の方を優先してしまっていたから。

実は常に不安な状態でいたのだった。こういうことを続けていると精神的に追い込ま
れる。今後は堂々と、稽古を休むべきだ、とは思っても、それでは初日に間に合わな
いかもしれないという不安にやられる。

大阪での稽古なら何も問題ではないのだが、京都と和泉山脈の麓とではやはり、だれ
が考えても、遠すぎるんじゃないだろうか。
posted by yu-gekitai at 09:15| 京都 ☀| Comment(0) | キタモトのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする